このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.dmenumedia.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/11/24(土) 17:25:42.72 ID:CAP_USER9.net

     【名球会 セ・パ対抗戦 ( 2018年11月24日 東京ドーム )】 名球会のセ・パ対抗戦が24日、東京ドームで行われた。日本のプロ野球を沸かせたレジェンドが集結。セの先発は広島のユニホームに袖を通した黒田博樹氏、パの先発は近鉄のユニホームを着た野茂英雄氏で「熱戦」が始まった。

     始球式は阪神の名投手・小山正明氏で打者の福本豊氏に「スローボール」ながら、見事なストライク投球を投げ込んだ。

     先制点はパ・リーグだ。2回、2番手の中日・岩瀬仁紀氏から西武のユニホームを着た秋山幸二氏が右前へクリーンヒット。同じく西武カラーの和田一浩氏が右中間突破の二塁打で秋山氏がホームを踏んだ。

     現役を退いたとは言え、世代を超えたスーパースターの華麗なプレーに、大歓声が上がった。


    2018年11月24日 14:33
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/11/24/kiji/20181124s00001173210000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sanspo.com)



    1 風吹けば名無し :2018/11/24(土) 11:46:53.98 ID:k6mGPHmk0.net

    阪神は23日、甲子園でファン感謝デーを催した。

    糸井が福留のお尻をたたえた。トークイベント「虎トーーク」に登場し「勝利のヒップアタックは誰のお尻が一番いいか」と問われた。すると「伝統が詰まっている福留さんのお尻です」と即答。場内を笑いの渦に包んだ。
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201811240000217.html


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 風吹けば名無し :2018/11/24(土) 06:07:46.10 ID:QN2l1jmSp.net

    阪神・能見篤史投手(39)が23日、甲子園球場で行われたファン感謝デーに登場。主力選手が登場したトークコーナーで、矢野監督からプレー以外のファンサービスを聞かれ
    「僕は表情を出さないんで、来年は少し出していこうかな」とマウンド上で喜怒哀楽を表現し、“脱・鉄仮面”を明かした。

     これまではピンチでも顔色一つ変えずに黙々と投げるのが「能見流」だった。今季45試合の登板のうち、42試合のリリーフ機会でも目の前の勝負に集中し、一喜一憂することはなかった。
    ブルペン待機した6月以降は防御率0・86と抜群の安定感を発揮。来年40歳を迎える左腕がマウンドで闘志をむき出しにすれば、後ろを守る選手も活気づく。

     「(表情が)出るかな? 出るかな? そういう気持ちを持ってね」と屈託の笑顔で意気込んだ。ベテラン左腕が来季のマウンドで見せる表情に注目だ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-00000154-sph-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.daily.jp)



    1 風吹けば名無し :2018/11/23(金) 18:37:14.93 ID:9CG7NYIsa.net

    原口江越中谷高山 0本

    藤浪大山 2本


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 dot.asahi.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/22(木) 21:27:22.21 ID:CAP_USER9.net

    巨人は2018年11月22日、オリックスから自由契約となっていた中島宏之内野手を獲得したことを発表した。球団はこの日、中島と交渉を行い、即日合意に達した。
    原辰徳監督出席のもと東京ドーム内で入団会見が行われ、背番号は「5」に決まった。

    現役メジャーリーガー、クリスチャン・ビヤヌエバ内野手に続いての大型補強第二弾は即決だった。中島はこの日、球団と初交渉に臨み即日合意。
    かねてから相思相愛関係にあり、他球団が中島獲得へ名乗りを上げていなかったこともあり、すんなり入団が決まった。

    「チームの若返り」理由に戦力外も
    今季オリックスでプレーした中島は、来季の契約に関してオリックスから野球協約が定める減額制限(1億円超は40%)を大幅に超える
    推定1億円前後の提示を受け、受け入れずに自由契約を選択した。

    中島の巨人入団に際して、ネットでは中島の入団を歓迎する声がある一方で、「なぜ巨人は村田を切ったのか」の声が再燃している。
    昨年、村田修一氏は巨人から戦力外通告を受け、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団。原体制となった今年、ファームの打撃コーチとして巨人に復帰した。

    村田氏が戦力外となった一番の要因は、高橋由伸前監督の方針でもあった「チームの若返り」を図るためだった。2000本安打まであと135本に迫りながら、37歳は巨人を去る決断を迫られた。
    巨人が村田氏にかけた最後の温情は、補償が発生するFA移籍よりも選択肢の広がる自由契約だったが、結局、NPBで獲得に名乗りを上げる球団はなかった。

    2017年シーズン、村田氏は開幕当初こそ代打での起用が多かったが、5月の交流戦以降はスタメンでの起用が増え、結果を残した。
    規定打席にこそ到達しなかったが、100安打を記録するなど存在感を見せた。

    「中島必要なら去年何故村田をクビ切ったの?」
    プレーだけでなく、精神面でもチームに大きく貢献した村田氏に戦力外を通告した巨人に対して当時、
    ファンからは疑問と批判の声が上がったが、来年37歳となる中島を獲得したことで、ファンからはまたも疑問と批判の声が殺到している。

    「中島必要なら去年何故村田をクビ切ったの?」「中島取るなら、村田をそのまま残してあげればよかったのに。」「村田を切った意味ないじゃん。」
    「村田現役復帰の方が打ちそうな気がする・・。」「村田も原監督だったらまだ現役だったと思う」「村田を切って若返りのはずが36歳の村田以上に使えない奴を取るんかい」
    入団会見の席上で中島は「精いっぱい力になれるようがんばっていきたいと思います」と抱負を語り、同席した原監督は「ジャイアンツの一員になってくれた。私のなかで吉報です」と喜びを隠さなかった。

    球団から全面的にチーム編成を託されている原監督は今後、ビヤヌエバ、中島に続いて広島・丸佳浩外野手、西武・炭谷銀仁朗捕手の獲得を目指しており、選手の補強に関して自身の色を強く押し出している。

    第二次政権時にFAで獲得した村田氏に対し、原監督はコーチとして再び巨人に復帰させる気遣いを見せるが、ファンの間では未だに「村田切りのなぜ?」の声が根強く上がっている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15635367/
    2018年11月22日 19時20分 J-CASTニュース


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.daily.jp)



    1 ひかり ★ :2018/11/23(金) 12:33:03.88 ID:CAP_USER9.net

     阪神は23日、甲子園で「ファン感謝デー 2018」を開催し、来季の新スローガン「ぶち破れ!オレがやる」を発表した。矢野燿大監督(49)は、
    ファンの前でマイクを持ち「阪神ファンのみなさんをたくさん喜ばせられるように、最後には一緒に喜び合えるシーズンにしたい」と、就任1年目の優勝を
    力強く誓った。

     金本前監督が指揮を執った3年間は、「超変革」、「挑む」、「執念」。シンプルかつ、力強い言葉で監督の思いを掲げた。矢野監督就任後、
    ファンの前で公に初めて甲子園球場の土を踏み、満員御礼となったスタンドに語り掛けた。

     ファン感謝デーのオープニング。まず始めに「必死のパッチ」とビジョンに映し出されると、ファンが大勢詰めかけた会場からは笑いがどっと
    わき起こった。「このざわつきがほしかったんです」と矢野監督もニヤリ。そして改めて、矢野監督の力強い宣誓が響く。来季の新スローガンは
    「ぶち破れ!オレがやる」。説いたのは、気持ちの部分の重要性だった。

     「バッターであれば、チャンスでオレがやるって思ってもらいたい。ファンのみなさんにもオレの応援で勝たせてやるって一緒に思ってもらえたらいい」

     21日に大阪市内のホテルで開かれた球団納会でも、開会のあいさつで、自身が目指す、ファンを喜ばせるチームを作る上での「5カ条」の信念を、
    選手やスタッフ、球団職員らに語りかけた。

     【1】チームの勝利

     【2】勝利プラス1

     【3】喜怒哀楽

     【4】裏方への感謝

     【5】球団とも一体となったチーム作り

     全てはファンに愛されるチームになるための考えであり、最下位から14年ぶりのリーグ優勝を狙うために一丸での野球を目指す。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-00000059-dal-base

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 image.jimcdn.com)



    1 shake it off ★ :2018/11/23(金) 14:51:53.71 ID:CAP_USER9.net

    先日発表された日本ハムの新球場プランは、多くの野球ファンに喝采を持って迎えられた。しかし、2020年5月の着工、2023年3月の竣工に向けて、用地買収、周辺の交通インフラ整備、総額600億円とも言われる球場自体の建設費調達など課題は少なくないようだ。広尾晃さんがブログで紹介されている「東洋経済オンライン」の記事で詳述されている。

    ここでは、それらの課題のうち建設費にフォーカスして私見を述べたい。

    ざっくり言うと、日本ハム球団を誘致する北広島市が最大で200億円超の周辺のインフラ整備を担当し、約600億円と見られる建設費の大部分は球団が調達することになっているようだ。

    600億円のうち200億円は日本ハムが資本金の67%を出資する球場運営会社が負担し、残りは日本ハム本社に融資させることが青写真のようだ。しかし、東京経済の記事では、日本ハム本社が本業とは関係ない球場建設にそこまでの巨費を投じることに対して、株主の理解を得られるかが問題として指摘している。

    新球場建設問題を論じると、しばしばアメリカでのケースとの比較にぶち当たる。曰く、「アメリカでは球場は地方自治体が公費で建設し、球団に極めて安くリースしている。しかるにわが国では・・・」というものだ(今回の東洋経済の記事はそうではない。野球文化論ではなく、純粋にビジネス記事だからだろう。ちなみに記事を書いた伊藤歩氏は金融ジャーナリストだが、球団経営に関する著書もある)。

    しかし、アメリカでベースボールはNational Pastime(国民的娯楽)とは言え、地域住民全員が野球に関心を持っている訳ではない。立派な球場が出来るのは大いに結構だが、そのためなら増税もやむなしという意見は彼の地でも多くない。したがって、これは常に問題になる。そして、最終的にはホテルやレンタカーに対する課税を強化しようということで決着するケースが多い。要は、住民以外のよそ者に負担してもらおうというものだ。

    それでも何とか旅行者からの徴収とは言え、増税を受け入れ新球場建設の費用を捻出できるのは、プロ野球は地域の財産であるとの考え方がベースにあるからだ。この辺りがNPBと根本的に違うところだ。ファイターズも、道民に愛され誇りに思われる存在ではあるが、それでもその存在理由は日本ハムという企業の広告塔であるということが第一義だ。したがって、地方自治体の役割はあくまで周辺のインフラ整備に止め、主たる建設費は球団が負担する、という方向性は間違っていない。仮に税金で作ってもらうとしたら、札幌ドーム同様に高額な使用料は受け入れねばならない。

    記事によると、現時点では親会社の向こう3年間の投資計画約2100億円に球場建設への融資は含まれていないようだ。400億円という融資額を今からその2100億円に追加で捻出するよう本社と交渉するのは相当大変な仕事だと思うが、球団は何としてもこれを実現させねばならない。


    続きを読む

    このページのトップヘ