このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.nikkansports.com)



    1 しじみ ★ :2019/02/19(火) 22:22:52.27 ID:7cchlIXR9.net

    阪神藤浪晋太郎投手(24)が17日、日本ハム戦で19年初の対外試合に先発したが、3回7安打2失点といまひとつの結果と内容だった。

    140キロ台後半の真っすぐを“台湾の大王”こと王柏融外野手(25=ラミゴ)や、甲子園のスター対決となった清宮幸太郎内野手(19)らに簡単にジャストミートされたのはなぜ? 元阪神投手コーチで日刊スポーツ評論家の中西清起氏(56)が“宜野座の怪”を解いた。【取材・構成=松井清員】

       ◇   ◇   ◇

    藤浪は総じて球質が悪かった。特にセットポジションになった時の真っすぐの多くが、タテ回転ではなくシュート回転。だからスタメンに左打者8人を並べてきた日本ハム打線に、140キロ台後半の真っすぐを簡単にとらえられる結果になった。右投手の球がシュート回転すると威力は落ち、特に左打者にはベース板付近で打ちごろの球筋になる。最速は154キロを計測したが、空振りを奪ったのはフォークの2球だけで真っすぐでは0というデータも分かりやすい。コントロールではなく、球威で勝負する投手が打者に“力負け”してはいけない。

    象徴的な場面は、3回に4番王柏融に打たれた右前打だ。内角高めでボール気味の146キロ。そのコースにその球速の真っすぐを投げれば、通常はポップフライか空振りになるケースが多い。打者から見ればホップするような軌道で、バットの下に当たることが多いからだ。でも結果はフルスイングされての弾丸ヒット。続く清宮にも真っすぐを中前に運ばれたが、日本ハムの打者もスピードガンほどの球威を感じなかったと思う。

    シュート回転の要因ははっきりしている。セットではフォームが少し開いて横振りになり、手首が立てられていなかった。これではスピンの効いた球質の良い真っすぐはいかない。恐らく今取り組んでいるワインドアップのフォームをまだ完璧にモノにできていないからだろう。本人も課題が分かったのか、登板後もブルペン投球に取り組んでフォームチェックしていた。タテ回転の真っすぐを投げられるように、実戦とブルペンで反復して体に覚えさせるしかない。ワインドアップの時は球質の良い真っすぐが多くいっていた分、課題は明確だ。

    今年のタイガースは藤浪のデキに浮沈がかかっているといえる。チームが上位に行くためには1年間ローテを守って、最低160イニングは投げてもらわないと。藤浪が結果を出す、やらなければどうしようもない。開幕までに登板を重ねるごと、課題を消化していくことを期待したい。(日刊スポーツ評論家)


    (出典 www.nikkansports.com)


    https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/201902170001040.html


    【阪神 藤浪の課題はセット時のシュート回転/中西清起】の続きを読む

    スポンサーリンク


    こちらもおすすめ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sankei.com)



    1 風吹けば名無し :2019/02/19(火) 19:49:20.80 ID:d19/oblbr.net

    阪神・大山悠輔内野手(24)がチームから唯一、侍ジャパンに選出された。
     自身2度目となる代表入りに「勉強できるいい機会だと思うので、しっかり頑張っていきたい。プラスになることしかない。(他の選手から)吸収できるように時間を無駄にせず頑張っていきたい」と意気込みを口にした。


    【阪神・大山に侍ジャパンでのスタメン厳命】の続きを読む

    スポンサーリンク


    こちらもおすすめ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 baseballgate.jp)



    1 風吹けば名無し :2019/02/19(火) 12:28:47.18 ID:uPcRe/EWp.net

    中日から移籍した阪神のオネルキ・ガルシア投手(29)が19日、今キャンプ初の打撃投手を務めた。

     防球ネットなしで登板した助っ人左腕は、ドラフト3位・木浪に15球を投げ安打性の当たりはわずか1。植田には12球で安打性の当たりを許さなかった。昨季13勝の原動力になった持ち味の動く直球に加え、変化球も披露した。

     登板後はブルペンでさらに40球を投げ込むなど、調整に余念がなかった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000077-sph-base


    【阪神ガルシアがフリー打撃登板 キレのある球投げる!!】の続きを読む

    スポンサーリンク


    こちらもおすすめ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 baseball-fan89.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/18(月) 11:51:35.67 ID:2dsXj3hS9.net

    1990年代、近鉄バファローズの中継ぎ投手として活躍。
    また、薄毛をネタに笑いをとる明るいキャラクターで人気だったが、昨年、元大リーガーの野茂英雄氏との借金トラブルが報じられ世間を驚かせた。佐野慈紀(50)さん、今、どうしているのか。

      ◇  ◇  ◇

    佐野さんと待ち合わせたのは、とある日の午前中、都内の公園。

    「この近くに住んでいます。午後から仕事なんで、その前に話しましょう」

    佐野さん、まずはこう言った。きっちりスーツを着込んでいるが、いったい、どんな仕事を?

    「去年の12月から、飲食店のコンサルタント会社の社長の運転手をしています。昼すぎに社長の自宅へ迎えに行き、仕事は夜中まで。
    去年9月に例の出来事(野茂氏との裁判)を報じられ、知人が社長を紹介してくれたんです。
    裁判の影響で、この1月中旬まで入っていた講演が全部キャンセルになったので、定職に就けてありがたいです」

    2003年に現役引退後は、フリーで野球評論や解説で活躍。12年からは独立リーグ・石川ミリオンスターズの取締役を務めた。
    野茂氏から03年に借りたお金は3000万円。少額ではないとはいえ、返せなかった?

    「石川ミリオンスターズの取締役は去年までで、お金はもらっていませんでした。
    評論や解説の仕事は面白くて真面目にやってきたつもりですが、帯の仕事がなくなったり、年とともに仕事が減り、月に1本あるかないかという時もありました。
    でも、見えを張って仕事があるフリをして、野茂にはきちんとボクの仕事の状況を説明さえしていませんでした。
    自分の都合で用意できた時に返せる額を返してきましたけど、返せる時にもっと返しておくべきだったし、ここ3年はまったく返せていませんでした。
    完全にボクの不義理。彼が、自分はないがしろにされていると思ったのは当然です」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000004-nkgendai-base
    2/18(月) 9:26配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【野球】野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今】の続きを読む

    スポンサーリンク


    こちらもおすすめ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/19(火) 06:59:52.90 ID:gzzEKdiX9.net

    白球つれづれ2019~第7回・勝負の4年目

    ちょっぴり忘れかけていた。走攻守三拍子そろった元高校球界の怪物を――。

    楽天・オコエ瑠偉のことだ。毎年、球界のキャンプでは金の卵の話題が賑わす。
    昨年なら清宮幸太郎(日本ハム)や安田尚憲(ロッテ)などが大きく取り上げられ、
    今年は根尾昂(中日)、藤原恭大(ロッテ)、小園海斗(広島)の高校生野手三羽烏に、
    吉田輝星(日本ハム)らの一挙手一投足に熱い視線が注がれる。
    だが、弱肉強食の世界、成績を残せなければ数年で忘れ去られるのもこの業界の厳しさだ。

    4年前のドラフト、オコエは間違いなく東北楽天の星だった。関東一高時代は甲子園で大暴れ。
    高岡商戦では大会49年ぶりの1イニング2三塁打の快記録、
    準々決勝の興南戦では9回に決勝2ラン、走っては一塁強襲打で快足を飛ばし二塁打に、
    守っても鮮やかなダイビングキャッチでピンチを防ぐ。
    ナイジェリアと日本のハーフという話題性まで手伝って人気No.1の高校生として将来を嘱望された。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00178930-baseballk-base
    2/18(月) 18:30配信


    【楽天・オコエ瑠偉、ついに覚醒か?】の続きを読む

    スポンサーリンク


    こちらもおすすめ!

    このページのトップヘ