このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 baseballgate.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

    ◇11日初戦プレミア12スーパーラウンド 日本―オーストラリア(ZOZO)

    1次ラウンドを3戦全勝で突破した侍ジャパンは9日、台湾から成田空港着の航空機で帰国した。
    11日からのスーパーラウンドの組み合わせ決定を受け、
    稲葉篤紀監督(47)は一戦必勝を強調。3連勝で16日の第4戦、韓国戦前に、17日の決勝進出を決めたい考えを示した。
    この日は練習を行わず、前日に単身帰国していた山口俊投手(32)が投球練習を行った。

    稲葉監督は一戦必勝の陣を解くことはしなかった。1次ラウンドを全勝突破したことで1勝のアドバンテージを手土産に帰国したが、表情は緩めず。
    「優位というのはどうか。また新たな気持ちで全チームと戦う。
    また一戦必勝でいきます」と言葉に力を込めた。

    11日の初戦・オーストラリア戦から3連勝すれば、16日の韓国戦を前に決勝進出が決まる可能性が高まる。
    そうすれば韓国戦は消化試合となり、主戦の温存や調整目的など幅広い用兵で臨める。
    「決勝にいけるかどうかが16日までに決まれば、いろんな戦い方ができる」。スーパーラウンドの1、2戦目に投げる山口、高橋礼ら先発陣も決勝へスタンバイさせることが可能で、
    山本、山崎といった主戦の救援陣も連投を避けられる。

    「そうなってくれるのが理想ですけど。これはどうなるか分からない。一戦一戦ですね」。
    目の前の1勝に全力を注ぐことが、頂点への最短ルートに他ならない。初戦に当たるオーストラリアは18年3月の強化試合で2戦連続零封したが「(04年の)アテネ五輪ではやられている。
    手ごわい、いいチーム」と印象を口にした。きょう10日は初戦の舞台ZOZOマリンで温暖な台湾との気候差に慣らし、世界の強豪との決戦に備える。(後藤 茂樹)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000073-spnannex-base
    11/10(日) 5:30配信


    11/11(月)
    19:00 日本 オーストラリア

    11/12(火)
    19:00 日本 アメリカ

    11/13(水)
    19:00 日本    メキシコ

    11/16(土)
    19:00 日本 韓国


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 hochi.news)



    1 風吹けば名無し

    阪神2位井上「プロはブレがない」大山に首ったけ
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201911090000961.html

    阪神ドラフト2位の井上広大外野手は同じ右のスラッガーに首ったけだ。
    渡辺スカウトに連れられ、室内練習場での打撃練習を見学。間近で打っていたのが大山だった。
    「スイングがきれい。横や真後ろから見てミスショットが少なかった。長距離砲なのにミスショットが少ないのは見習いたい。自分は踏み込んだ時の体のブレがある。プロはブレがない」と、甲子園制覇の主砲はうなった。

    「がんばろな」と声をかけてくれた矢野監督には「応えられるようにしたい」とりりしい顔つき。
    西と同様に、現在地を知る貴重な機会になった。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 prtimes.jp)



    1 風吹けば名無し

    この流れは村田と同じ流れ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 nanj-short.up.seesaa.net)



    1 風吹けば名無し

    どうしたんだ佐伯!何のための前進守備だ!これはいけませーん!


    こういうの


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 baseballking.jp)



    1 風吹けば名無し

    阪神のドラフト1位・西純矢投手(18=創志学園)と2位・井上広大外野手(18=履正社)が9日、高知・安芸の秋季キャンプを見学。先輩たちの練習風景を目の当たりにし、気持ちを新たにした。

    ブルペンでは臨時コーチとして阪神投手陣を指導中の山本昌氏と対面。「カメラは追いかけてくるだろうけど、抜くところは抜いて、絶対に無理をしないように」と激励の言葉を受けた。

    そんな2人が「最も印象に残った」と声を揃えたのが“昌塾”で復活を目指す藤浪の豪速球だ。

    藤浪のようにプロ1年目からの先発ローテ入りを狙う西純は「すごい威力があって、めちゃくちゃ速いなと思いました。(ロッテ1位の)佐々木も球速が速いですけど、キレの部分に関しては藤浪さんのほうがすごいなと思いました」。
    井上も「高校生とは全然キレも違いました。レベルが違う」と舌を巻いた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-00000041-tospoweb-base


    続きを読む

    このページのトップヘ