このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.ytimg.com)



    1 風吹けば名無し :2019/05/19(日) 23:18:17.37 ID:xkvpipfQp.net

    Googleで拾ってきた模様w

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sankei.com)



    1 風吹けば名無し :2019/05/20(月) 06:13:12.87 ID:iYi6U8XYa.net

    「じゃあ最初からチアガール部はいってろw」って爆笑するらしい
    縁の下の力持ちみたいに欧米にアレ紹介したら逆にバカにされたらしい
    どうする?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.jiji.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/20(月) 00:43:29.43 ID:AHTG8NRP9.net

    元巨人投手の斎藤雅樹氏(54)が19日放送のフジテレビ系「ジャンクスポーツ」に出演。自身が持つプロ野球記録の連続完投勝利が11試合で途切れた理由を「槙原さんのせいですね」と明かした。

    衝撃?の告白にスタジオが笑いに包まれた。斎藤は1989年、20勝を記録して最多勝に輝いた。
    その年には11連続完投勝利のプロ野球記録も樹立しているが、7月21日の甲子園での阪神戦で打ち込まれ、12試合連続完投勝利はならず記録が途切れていた。

    その原因について斎藤氏は先輩投手を名指しした。斎藤氏は槙原氏と共に、甲子園での登板に備え、東京で試合を行うチームとは別行動を取り関西に先乗り。
    すると槙原氏から悪魔の誘いがあったのだという。

    翌日は雨予報と聞かされ「雨だから大丈夫だよ。ちょっと飲みに行こう」と誘われ同行した。ところが翌日は雨どころか晴れ。
    先発した斎藤は調子が上がらず、自らも失策を*てピンチを招き、1発を食らうなど5失点。連続完投勝利は11でストップしてしまった。

    「槙原さんのせいですね」。斎藤氏はニコニコと笑みを浮かべつつ、登板前夜に飲みに誘った先輩への恨みを口にしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000165-dal-base
    5/19(日) 23:52配信


    (出典 thetv.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 www.jiji.com)


    (出典 www.sankei.com)


    http://npb.jp/bis/players/81583869.html
    成績


    (出典 Youtube)

    99読売ジャイアンツ選手別応援歌 斎藤雅樹のテーマ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 chunennohoshi-news.c.blog.so-net.ne.jp)



    1 風吹けば名無し :2019/05/19(日) 21:51:38.96 ID:rCz0qmWN0.net

    ・笑顔禁止
    ・嘘禁止
    ・デート禁止
    ・許可無く外出禁止
    ・シャンプーの使用禁止
    ・休憩時間以外で水飲むの禁止
    ・移動中のバスで寝るの禁止
    ・1年生同士での私語禁止
    ・お菓子は22時から消灯23時までの1時間以外禁止


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 自治郎 ★ :2019/05/19(日) 21:53:58.64 ID:TxsXd3aU9.net

     野球の監督が選手と同じユニフォームを着用してベンチにいる姿は、野球ファンにとって見慣れた光景だろう。野球は監督だけでなく、コーチもお揃いのユニフォームを着てベンチ入りしている。野球以外のスポーツに目を向けてみると、どうだろう。監督が選手と同じユニフォームを着用しているケースを目にすることはほとんどといっていいほどなく、あるとすればソフトボールくらいだろう。では、なぜ野球の監督はユニフォームを着て指揮を執るのだろうか。J-CASTニュース編集部は、ユニフォームの「謎」に迫ってみた。

     野球ファンの中には、学生時代に学校なり、地元の野球チームに所属してプレーしていた方も多いことだろう。おそらくチームの監督のほとんどは試合になればユニフォームを着ていたはずだ。中にはジャージ姿で指揮を執る監督もいたであろうが、アマチュア野球でも試合中の監督の「正装」はユニフォームであると共通認識されているだろう。アマチュアスポーツにおいて、試合中の監督の服装は様々であろうが、さすがに選手と同じユニフォーム姿の指導者はいないだろう。

    ■最有力は「プレイングマネージャー」説

     野球の監督が試合中に選手と同じユニフォームを着用する理由について諸説あるが、有力とされているのが、監督が選手を兼任する「プレイングマネージャー」に基づくもの。野球は19世紀に入ってから現在の形に近い競技となったとされ、当時はチームに専任の監督を置くことがなく、チームキャプテンが指揮を執っていたという。選手が「監督」を兼任していたことから、必然的にユニフォームを着用し、その流れを引き継いでいるという説が有力視されている。日本のプロ野球においても「プレイングマネージャー」として活躍した選手兼監督は多い。

     上記と異なる説としてあるのが、野球とその他のスポーツのルールの違いに由来するものだ。プロ野球の監督は、選手交代を告げる時や審判団にリプレイ検証を求める時など、グラウンドに足を踏み入れることが許されており、「プレイングマネージャー」ならば当然、グラウンドに立つ。サッカーやラグビーなどに見られるように多くのスポーツでは、監督のグラウンド内への立ち入りが禁止されている。ゆえに、他のスポーツとは異なり、選手と同じフィールドに立つことができるプロ野球の監督は、選手同様の「正装」が求められるという説もある。

    ■ユニフォームの起源は南北戦争?

     ルールでは、プロ野球の監督にユニフォーム着用の義務はなく、自由な服装でベンチ入りすることが可能である。MLBでは過去にコニー・マック監督が私服で指揮を執り、スーツ姿が定番の「正装」だった。ただ、現在は日米を通じてプロ野球の監督の「正装」はユニフォームで定着しており、私服姿の指揮官は、お目にかかることはない。

     また、米国では1861年に勃発した南北戦争をきっかけに、ユニフォームが米国全土に広がったとされている。戦争中ということもあり野球の試合に出場する選手の多くが、いつ戦地に呼ばれてもいいように軍服と軍帽を着用しており、戦時下の軍人の「正装」が、現在のユニフォームの起源となっているという説もある。

     野球の監督がなぜユニフォームを着用するかについては諸説あるものの、いずれにせよ野球の監督はユニフォーム姿がよく似合う。監督のユニフォーム姿に監督の現役時代を思い出すファンも多いことだろう。

    2019/5/19 17:00
    https://www.j-cast.com/2019/05/19357636.html?p=all


    続きを読む

    このページのトップヘ