このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 static.chunichi.co.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/21(火) 06:33:23.77

    9/21(火) 5:15配信
    東スポWeb

    ウエスタンでは復調気配を見せている阪神・佐藤輝

     中日、巨人と敵地での6連戦に21日から突入する首位・阪神で、日に日に〝待望論〟が高まっているのが、怪物新人・佐藤輝明内野手(22)だ。不振のため二軍で再調整していたが、21日以降は再昇格かつ出場が可能な状況。課題でもある打撃の確実性向上へ、一軍首脳陣は二軍でじっくりと取り組ませたい意向があったものの、そうも言ってられない事情があるようで…。 

     先週14〜19日までの1週間で行われた4試合を、1勝2敗1分けで乗り切った矢野阪神。トータルで1つ負け越したものの、優勝争いのライバル・ヤクルト、巨人との3試合も含まれた中、大崩れしなかっただけでも「御の字」と、チーム関係者の多くは胸をなでおろしている。

     ただ、深刻なのが前半戦では要所で効果的な一打を放ってきた中軸勢の相次ぐ不振。「これまでは誰かが調子が悪くても、誰かがそれを補っていた。それが全員が…」と関係者はタメ息をつく。14日のヤクルト戦からの4試合でわずか6得点。14日の一戦では9回にマルテの同点3ランでドローに持ち込んだ劇打はあったが、そのマルテも先週はその3打点のみ。サンズは10日を最後に打点はなく、9月はわずか2打点。9月序盤は好調だった大山も8試合、打点がない。

     ここまで453の全得点のうち打点は434。そのうちマルテ、サンズ、大山、佐藤輝の4人で237打点と、全打点の半分以上をたたき出している。この4人は今季の攻撃陣で中心的役割を担ってきたが、先週は佐藤輝が不振で二軍落ち、さらにチームトップの63打点のサンズも不振で先発を外れるなど、得点力が急激にダウンしている。

    「とにかく誰かが、調子を取り戻さないことには…というところ。サンズと佐藤輝の打点がほぼなくなって打線がどうなったを考えると、サンズはもちろん、佐藤輝も新人だけど、今年の戦い方のなかで、もはや『やってもらわなくては困る』ひとりってことだよね」(チーム関係者)

     10日にファーム再調整に回った佐藤輝は、20日以降に再登録が可能になる。直前の19日の二軍戦では、4安打3打点と調子は上向いてきた。低空飛行の打線を押し上げる存在として、虎の怪物ルーキーに白羽の矢が立つのは時間の問題と言えそうだ。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3135c96d430b18a2c1f45e0fa9bad9713ea3c997


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 potato ★ :2021/09/20(月) 00:05:08.75

    「敬老の日」高齢者は最多の3640万人、就業者も最多

    19日 17時00分

     9月20日は「敬老の日」ですが、総務省は日本の高齢者が過去最多の3640万人になったとの推計を公表しました。

     総務省の人口推計によりますと、今月15日時点での65歳以上の高齢者は、去年より22万人増えて過去最多の3640万人になりました。総人口に占める割合も29.1%と過去最高で、世界201の国と地域の中で最も高くなっています。

     また、2020年に仕事に就いていた高齢者も906万人と17年連続で増加。高齢者の就業率は25.1%に上り、特に65歳から69歳では49.6%とおよそ半数が働いているということです。

    https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4363576.html


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/09/16(木) 20:15:16.66

    中日スポーツ9/16(木) 18:35
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4c647f9672b08f52ca731cf49319cb233caacd68

     阪神は16日、来季から甲子園球場と京セラドーム主催試合では右翼席を「阪神タイガース専用応援席」とし、他球団の帽子や応援グッズなどの使用を禁止すると発表した。これまでも左翼席の一部に「ビジター専用応援席対象エリア」は設けてきたものの、7月9日の巨人戦では右翼席で応援していた巨人のユニホームを着たファンへの「帰れコール」が起こるなどトラブルが心配されていた。

     この日の発表を受け、ネット上では「え? 今更??? レベル」「そらそうよ。と言うか、あの甲子園ライスタ独特の雰囲気の中、他球団のユニホーム着ていられるなぁと」「阪神ファンじゃないのにライトスタンド行くとか度胸あり過ぎる」などの声が相次ぎ、「これサッカーのゴール裏と同じだよね」「敵地の相手側スタンドでやりたい放題のタテジマユニも各球団は規制しないと」などのコメントも見られた。中には「(漫才師の)オール巨人師匠、阪神専用応援席で観戦してたら誰か一人はツッコんでくれる説」とのネタも。

     サッカーJリーグのゴール裏では、ホームとアウェーの応援席が動線などを含めて明確に分けられ、エリア内では他チームのユニホームを着ての応援は禁止されている。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 dime.jp)



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 Egg ★ :2021/09/19(日) 00:06:16.30

    16日に行われた二軍・日本ハム対ロッテ戦。「6-2」で日本ハムが勝利したこの試合に先発した、日本ハムのプロ11年目・33歳の斎藤佑樹の投球がネット上で物議を醸している。

     この日の斎藤は初回にヒット、暴投でいきなり無死二塁のピンチを招くも、二走・西巻賢二の走塁死にも助けられ辛くも無失点でしのぐ。続く2回は先頭の西川僚祐に左翼場外への特大ホームランを被弾したが、その後は失点を重ねることはなく「2回1失点・被安打2・死球1」という投球内容で降板した。

     問題となっているのは斎藤が投げた球の球速。この日の斎藤はストレート(最速122キロ)、ツーシーム(同127キロ)、カットボール(同123キロ)、チェンジアップ(同123キロ)、カーブ(同112キロ)の5球種を投じたがいずれも最速は120キロ台以下。西川から被弾した場外弾も、内角121キロのツーシームを完璧に捉えられた結果だった。

     >>日本ハム・斎藤、コーチの意見を完全に無視?「だからダメになった」「清宮と同じ」呆れ声 西崎氏が衝撃の光景を明*


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    続きを読む

    このページのトップヘ