このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 風吹けば名無し

    後には引けない模様

    (出典 i.imgur.com)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.pinimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    近鉄バファローズが消滅してから、15年の月日が流れる

     今から15年前、ひとつの球団が55年の歴史に幕を下ろした。近鉄バファローズ。「いてまえ打線」と呼ばれた強力な打撃陣を擁し、豪快な野球で多くのファンに愛されたチームだ。その球団史における最後の選手会長となったのが、1997年から2004年まで近鉄に在籍し、勝負強い打撃を武器に主力として活躍した礒部公一氏だ。

    【一覧】プロ野球助っ人選手歴代トップ5・打者編

     2019年11月26日に、礒部氏の全面協力のもとで『近鉄魂とはなんだったのか? 最後の選手会長・礒部公一と探る(著・元永知宏氏)』と題した書籍が発売された。本書は、梨田昌孝氏、ラルフ・ブライアント氏、岩隈久志投手をはじめとした多くの近鉄バファローズ関係者への取材に基づき、その球団史と人々の想いを伝える内容となっている。

     近鉄の球団史においても重要な役割を担った存在である礒部氏にとって、今回の書籍取材はどのようなものだったのか。球団消滅から15年が過ぎた今、自身の「近鉄人生」と、全ての野球ファンに伝えたいことについて、礒部氏に話を聞いた。

     礒部氏は西条農高、三菱重工広島で捕手として活躍し、1996年のドラフトではプロ入りが有力視される存在となっていた。当時、礒部氏が最初にスカウトから指名の挨拶を受けたのは、近鉄ではなく、オリックスだったという。

    「その年の2位が谷(佳知)さんで、3位が僕の予定だったらしいのですが、谷さんとは仲が良かったですし、一緒にやれればいいなという感じで、『オリックスに行きます』と伝えていました」

     しかし、同年のドラフトでは、オリックスよりもウェーバー順が上だった近鉄から3位指名を受ける。先述の理由でオリックス入りを志望していた礒部氏だったが、「ケガをしたらプロに入れるかどうかもわからなくなる状況ですから、気持ちの中では、指名されたところに行こうと思っていました」という。そんな中で、ドラフト直後に佐々木恭介監督(当時)が広島までヘリコプターを飛ばし、礒部氏に対して入団を直々に説得した。

    「最初から(近鉄に)行こうとは思っていましたが、次の日にヘリコプターですぐ来てくれて、ありがたかったですね。前の年に(福留)孝介に断られた後でしたし、どうしても入団させなきゃ、という感じだったのかなと。それだけ必要としていただいているんだな、という気持ちは、十分に伝わりました」

    12/7(土) 12:52 Yahoo!ニュース 21
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00627459-fullcount-base


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)




    (出典 Youtube)

    応援歌


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



    1 バグダッドの夜食 ★

     
    2019年、LINEでもっとも検索されたワードは?LINEのユーザー属性を元に、世代・性別ごとに検索結果を調査しました。

    ※2019年1月~10月の検索実績を元に算出したランキングです。

    詳細はリンク先をご覧ください。
    https://search.line-scdn.net/assets/contents_search/lsi/event/popkw2019.htm


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.daily.jp)



    1 風吹けば名無し

    そこで藤浪である。球界OBがこう言う。

    「藤浪が来季も苦戦するようなら、『藤浪を現役ドラフトに!』という意見は間違いなく出てくる。指名対象に加われば、イの一番に指名されるかもしれない。
    現時点で有力視されているルールは、トレード期限を終えた8月に球団が支配下70人弱の中から8人を選ぶというもの。
    選手会は『戦力外対象の選手だけになる』と懸念しているが、現役ドラフトは藤浪のような選手を救済することに意義がある。
    阪神は谷本副社長が選手関係委員長として選手会との窓口。藤浪をドラフトにかけるくらいの決断をしないと、選手会も納得しない」

     現役ドラフト第1号が藤浪ならインパクトは大きい。囲い込むにせよ放出するにせよ、阪神は責務を果たす必要がある。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.ytimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    複数年契約を結んでいる日本ハム・中田翔内野手(30)が3日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸2億8000万円から1000万増の2億9000万円でサインした(金額は推定)。

    プロ12年目の今季は124試合の出場で打率・242、24本塁打、80打点。大事な夏場にケガで戦線離脱し、大失速したチームは最終的に5位となった。

    2年間務めた主将の肩書きがなくなり「やっと素の中田翔に戻れる。来年は好き勝手やらせてもらう」と3年契約の2年目となる来季へ、逆襲を誓った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00000112-dal-base
    12/3(火) 17:07配信


    (出典 i.daily.jp)


    http://npb.jp/bis/players/61065116.html
    成績


    続きを読む

    このページのトップヘ