(出典 www.asahicom.jp)



1 風吹けば名無し

事実上の“造反”とも取れる、悲しい出来事が起きてしまった。昨年オフから阪神の補強リストに載せられ、実はマルテより前評価が高かったとされるソラーテの存在。
日頃から密なコミュニケーションがあれば「モチベーションが上がらない」という言葉は出てこなかったかもしれない。

【写真】過去の主なお騒がせ外国人…「神のお告げ」と引退宣言、7試合で退団したのは?

1軍で20試合、80打席に立っただけで、8月19日に2軍降格。前日の試合でマルテが胸の痛みを訴えており、入れ替えの判断は“両にらみ”状態だった。
マルテが大事に至らなかったことで、ソラーテが登録抹消。その際に、メジャー通算75発のプライドを傷つけないような、完璧な配慮があったとは言い切れない。

実際、翌20日に清水ヘッドコーチが兵庫・鳴尾浜へ向かい、ソラーテと面談。必死に気持ちを前に向かせようとしていた。もしこの日から昇格しても、彼の頭にあっただろうことは「外国人枠」。
先発要員のガルシアが近日中に登板を予定しており「またいずれファームに…」という思いもモチベーションを下げたのかもしれない。特に途中入団の助っ人に必要なのは「どれだけ気持ちよくプレーさせられるか」。
ソラーテの罪は重いが、意思疎通の大事さが同時に浮き彫りとなってしまった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190907-00000044-sph-base





2 風吹けば名無し

中日みたいやな


3 風吹けば名無し

矢野「ヘイ!ソラーテ」(heyは攻撃的な言葉)
ソラーテ「!」
矢野「あの~それはな…」(anoはケツの穴の意)
ソラーテ「!!」
矢野「マジか…」(maricaは臆病者の意)
ソラーテ「!!!」
矢野「まぁまだや」(mamadaはオーラル*の意)
ソラーテ「…帰るわ」


4 風吹けば名無し

巨人の管理方法を学びなさい