(出典 prtimes.jp)



1 砂漠のマスカレード ★

西武×ヤクルト "伝説"となった日本シリーズの記憶(35)【背番号1】ヤクルト・池山隆寛 前編

四半世紀の時を経ても、今もなお語り継がれる熱戦、激闘がある。

1992年、そして1993年の日本シリーズ――。当時、"黄金時代"を迎えていた西武ライオンズと、ほぼ1980年代のすべてをBクラスで過ごしたヤクルトスワローズの一騎打ち。
森祇晶率いる西武と、野村克也率いるヤクルトの「知将対決」はファンを魅了した。

1992年は西武、翌1993年はヤクルトが、それぞれ4勝3敗で日本一に輝いた。両雄の対決は2年間で全14試合を行ない、7勝7敗のイーブン。両チームの当事者たちに話を聞く連載の18人目。

第8回のテーマは「背番号1」。前回の西武・秋山幸二に続いて、ヤクルト・池山隆寛のインタビューをお届けしよう。

【野村監督によって覆された池山の野球観】

――1992(平成4)年と翌1993年、スワローズとライオンズとの2年にわたる日本シリーズについてみなさんにお話を伺っています。

池山 今思えば、ヤクルトが一番強かった時代だし、その中で自分も主力として野球に携われた頃だったので、すごく思い出深いですね。
あの2年間の日本シリーズで、僕は要所で活躍ができたので、「鮮明」とまでは言わないけど、記憶に残っていることをお話したいと思います。

――1990年に「ID野球」を標榜する野村克也監督が就任以来、スワローズは劇的な変化を遂げていきました。その象徴のひとりが池山さんだったと思います。
就任当初、野村さんは池山さんに対して、かなり辛辣なことを述べていましたね。

池山 監督に就任してすぐに、野村監督が「タレントはいらない」と言っているということを、報道で知りました。「タレント」とは、間違いなく僕のことですよね(笑)。
その後も、「三振を減らせ」ということで、足を高く上げてスイングすることを禁じられたり、フルスイングではなくコンパクトなスイングを求められたり、自分なりに葛藤はありました。
でも、1992年に優勝して、チームの結果が伴うようになってから、その葛藤も少しずつ減っていったような気がします。

――「ブンブン丸」と呼ばれ、豪快なスイングによる特大ホームランが魅力だった池山さんにとっては、それまでとはまったく異なる野球観を求められたわけですからね。

池山 大きく足を上げてスイングしていた自分が、場面に応じてあまり足を上げずにノーステップで打つこともありましたから、その点は大きく野球観が変わりましたね。
その葛藤はリーグ優勝で報われて、日本シリーズで見事に形になりました。1993年の第4戦で打った決勝の犠牲フライが、まさにノーステップで打ったものでしたから。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190913-00871120-sportiva-base
9/13(金) 9:57配信





4 名無しさん@恐縮です

>>1
伝説ってことは、それだけ感動の試合だったわけか。


2 砂漠のマスカレード ★

――その場面については、後編で伺おうと思います。さて、チームにとっては14年ぶりの優勝ということで、
1992年当時のスワローズのみなさんは口々に「シリーズ前は緊張していた」と語っていました。池山さんはいかがでしたか?

池山 僕はそんなに緊張はしていなかったと思います。その後、1993年、1995年、1997年、2001年と4度の日本一になりました。
責任の重さを感じたり、短期決戦の怖さを知ったりすることで、年齢を重ねるごとに緊張していったけど、1992年のシリーズでは緊張感はそんなになかった。
むしろ、セ・リーグ優勝を決めた(1992年10月10日の)阪神戦のほうが緊張しましたね。あのときはベンチの中で杉浦(享)さんに、「落ち着けよ」とずっと背中を叩いてもらっていたことを覚えています。

【自ら希望して、背番号36から背番号1へ】

――池山さんにとっての1992年は、リーグ制覇、日本シリーズ出場に加えて、それまで背負っていた背番号36から、背番号1に変わった年でもありますね。

池山 そうですね。それまではヤクルトを代表する若松(勉)さんがつけていた番号でしたけど、若松さんの引退後はしばらく誰もつけていなかったので、「僕につけさせてください」と直訴し、いただいた番号です。
実は、年俸交渉の一環として背番号1を要求して、「1を与えるわけにはいかないから、その分、年俸を上げる」という言葉を期待していた部分もあったんですけどね。年俸は上がらず、背番号1はもらえた、というのが実際のところです(笑)。

――池山さんが背番号1を受け継いだことで、その後、岩村明憲、青木宣親、山田哲人へと受け継がれ、今では「ミスタースワローズ」の象徴のような番号になりましたね。

池山 この番号をつけることで、チームの看板としての自覚も芽生えたし、責任感も強くなりました。常に試合に出続けて、グラウンドで目いっぱいのプレーをする。その伝統は今でも受け継がれていると思いますね。

――当時、ライオンズの清原和博さんとの対決も話題となりました。おふたりはプライベートでもつき合いがあったようですね。

池山 オフになると、一緒に食事をしたりしましたね。あるときに、「池山さんが日本シリーズに出たら、活躍できますよ。そういうタイプです」と言われたことがありました。
だから、日本シリーズ出場が決まったときは「これで清原と対決できるんだ」って嬉しかったし、楽しみでしたよ。

――ところで、当時、池山さんにとってのライバルは誰だったんですか?

池山 チーム内では広沢(克己/現・広澤克実)さんで、他チームでは清原でしたね。1995年に広沢さんがFAで巨人に移籍してからは、チーム内にライバルがいなくなって、気持ちに変化が生まれた気がします。

――当時のスワローズの方々にお話を聞くと、「西武に勝てるわけがないと思っていた」という声がたくさんありました。池山さんはいかがでしたか?

池山 確かに「ひとつ勝てればいいな」という思いもあったような気がします。「トータルで西武に勝てる」とは思っていなかったけど、シリーズをトータルで考えるというよりは、目の前の試合は「絶対に勝ちたい」とは思っていました。


6 名無しさん@恐縮です

バックスクリーン男


7 名無しさん@恐縮です

ぶんぶん丸?


8 名無しさん@恐縮です

池山 最後泣いて引退してたな。不器用さが魅力だったな。プロなんだけど気持ちは小学生みたいだった。


9 名無しさん@恐縮です

池山って個人通算記録は大したことないんだな凄い印象に残ってるからもっと打ってると思ってた


10 名無しさん@恐縮です

見てない


11 名無しさん@恐縮です

伝説と言えば宇野


12 名無しさん@恐縮です

足を上げても、当たらないからだろw
何が葛藤だよ


14 名無しさん@恐縮です

最後まで読んだら、やっぱり、広沢のアレだったwww


15 名無しさん@恐縮です

池山の最終打席、膝がもう駄目で踏ん張りが効かない中
ブンブン丸の名に恥じないフルスイングをしてたな
あれは他チームファンだが泣いたよ


16 名無しさん@恐縮です

なんか凄く活躍したと自画自賛してるけど
広沢より大したことなかったけどな


61 名無しさん@恐縮です

ベイスターズの短い全盛期に比べてヤクルト全盛期は長かったよな
日本一率も高かったし強かった


63 名無しさん@恐縮です

燃えプロの池山は雑魚


66 名無しさん@恐縮です

92がピークかな、イケイケの池山&広沢
その後は小さくまとまった感


67 名無しさん@恐縮です

池山はそこまで評価高くないよな
遊撃で3割30本とか凄いのに


72 名無しさん@恐縮です

>>67
当時は巨人戦全試合全国放送だったし、巨人人気が凄くて、
川相が過大評価されていてな
それの割りを食ったように思える
犠打世界記録とかくだらないのを必死にごり押してな
ノムも池山の方が守りも上手いとか擁護していたが


69 名無しさん@恐縮です

今の野球のほうが池山タイプ伸びて評価されるね

昔は秋山清原に対して池山広沢は2段くらい落ちるイメージ
バックスクリーン男言われて関根監督末期飛距離感じた


92 名無しさん@恐縮です

>>69
今はスポーツ界見るとファンもメディアもみんな実力よりスター性を欲しがってるからね
だから飛びやすいボールとか改良されまくっててクソみたいな選手でもホームラン量産出来てる


74 名無しさん@恐縮です

クライマックスも交流戦もないんだから希少価値が違ったよね


75 名無しさん@恐縮です

次のヤクルト監督が村上にコンパクト指令を出せるか否かに来年のAクラス入りが懸かってる


79 名無しさん@恐縮です

テレビ収録を観覧した女性が「池山と内藤は観覧女性達の顔を品定めしてた。私は笑われて悲しかった」って投書見たことある


81 名無しさん@恐縮です

アイケルバーガー懐かしいなぁ


87 名無しさん@恐縮です

1992年の優勝の時はダメ虎の確変で最後までもつれたな
あの八木のサヨナラホームランが覆るとはな
暴動が起きるんじゃないかと思ったわ


88 名無しさん@恐縮です

前の関根さんが自由にやらせて伸ばし、野村さんが引き締めた

無死満塁で池山広沢パチョレックが3三振で戻ってきたと
笑いながら言えるのは関根さんと仰木さんくらいだろ


93 名無しさん@恐縮です

>>88
池山と広沢には100三振やるから思いっきり振って来いと言ったそうだ、
だから見逃しの三振をすると叱られたとか。
今年の村上がそうだが欠点には目を瞑って長所を伸ばすのも必要。


98 名無しさん@恐縮です

1992日本シリーズヤクルトvs西武は

10月17日(土) 第1戦 西武 3-7 ヤクルト
10月18日(日) 第2戦 西武 2-0 ヤクルト
10月21日(水) 第3戦   ヤクルト 1-6 西武
10月22日(木) 第4戦 ヤクルト  0-1 西武
10月23日(金) 第5戦 ヤクルト  7-6 西武
10月25日(日) 第6戦 西武 7-8 ヤクルト
10月26日(月) 第7戦 西武 2-1 ヤクルト
優勝:西武ライオンズ(3年連続11回目)

第7戦
10月26日 神宮 入場者34101人(延長10回)
西武 0000001001  2
ヤクルト 0001000000  1
問題のシーン

(出典 Youtube)


野球の歴史を変えた?単に広沢の肢が遅かっただけだろw