(出典 portal.st-img.jp)



1 風吹けば名無し

永田氏は「U18の中では一番タフじゃないかな。体が強い。強さは一番あります」と評価する。
実際、大会期間中に西の体を見ていた理学療法士からも、異変を指摘する声は一切なかった。
独特の辛みがある韓国料理に佐々木らが苦戦するかたわら、西はもぐもぐと箸を進めた。
身ぶり手ぶりボディーランゲージを駆使して、他国の選手とコミュニケーション。
「友達多かったな、よう出来とったな、各国に」と永田氏は笑いながら振り返る。
西がホームランを打った南アフリカの投手も友達の1人だった。

異国での大奮闘。疲れがたまってもおかしくない。それでも西は生き生きとした表情を浮かべていた。
「ピッチングだけに集中してやろうと思っていた。レベルの高い集団で野球をやるのがすごく楽しくて、楽しみながら出来たんで本当に、いつになく表情が良かったんだと思います」。

https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201911040000751_m.html?mode=all