2019年07月

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 丁稚ですがφ ★

    中日 1 0 0  1 0 1  0 0 0  3
    阪神 0 0 0  1 0 0  1 0 0  2

    バッテリー
    阪神:青柳、守屋、浜地- 梅野
    中日:山本、福、ロドリゲス、岡田- 武山、木下拓

    本塁打
    中日:
    阪神:

    試合結果:nikkansports.com/yahoo野球
    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/cl2019073103.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2019073103/score

    明日の予告先発:
         阪神 - 中日
    藤浪晋太郎   ロメロ
    http://npb.jp/announcement/starter/


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 風吹けば名無し

    いらないならくれや


    (出典 Youtube)


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 decoc.jp)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします

    全部ウチらの文化やろ?


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 blog-imgs-51.fc2.com)



    1 風吹けば名無し

    わりと好きだったわ


    (出典 Youtube)


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 resuponsu240.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    レベルアップに励む毎日だ

    オコエ瑠偉が、もがき苦しんでいる。自ら「勝負の年」と位置づけた今季。
    新人だった2016年以来、3年ぶりの開幕一軍入りを果たしたが、6月10日に二軍落ち。その後は一度も昇格することなく、前半戦を終えた。

    手応えはつかんだはず、だった。16年ドラフト1位で入団も、過去3年は不本意な成績に終わった。
    定位置獲得の道は想像以上に険しかった。
    心機一転、昨オフは動作解析の専門家に師事し「安打になりやすい『バレルゾーン』へのアプローチを勉強した」。

    打撃フォームの改造の成果は確かに見られた。開幕からレギュラー争いに加わると、5月1日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)まで11連続で先発出場。
    同1日の時点では得点圏打率.474と勝負強さを発揮していた。

    しかし、そのまま階段を駆け上がることはできなかった。同1日の試合中、走塁中に左ヒザを強打し翌日は欠場。
    ここから調子が上がらなかった。約1カ月、不振にあえいだ後、二軍落ちした。

    現在、自らを取り巻く環境も厳しい。辰己涼介は新人ながら着々と進化を遂げている。
    前半戦終了間際に左手首骨折が完治した田中和基が一軍に復帰するなど、外野手争いは熾烈な戦いが続く。

    ただ平石洋介監督が「今季、瑠偉は頑張っている」と認めるなど、評価は決して低くはない。
    4年前、夏の甲子園では関東一高で同校初4強に貢献し話題をさらった逸材。さらなるレベルアップを果たし、必ず一軍で躍動して見せる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190729-00000009-baseballo-base
    7/29(月) 12:01配信

    http://npb.jp/bis/players/01505132.html
    成績


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 風吹けば名無し

    中日は30日に行われた阪神戦(甲子園)での阪神ソラーテ選手の打撃について意見書を提出した。
    「来日してすぐ活躍するのは不適切ではないか。うちではないケース。」「中日の追い上げムード、勝利の機運を壊された」と与田監督は試合後不満を漏らしていたが指揮官のこの態度に球団が行動に出た形だ。


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 hochi.news)



    1 風吹けば名無し

    2019年7月31日

    ヒップホップミュージシャンのZeebra(48)が、高校野球岩手大会の決勝戦で登板回避した大船渡・佐々木朗希投手の起用法をめぐる議論を受け
    「いっそのこと高校野球は投球できる回数とかのルール作ったら良いと思う」との考えを示した。

    大船渡は決勝戦で花巻東に敗れ、佐々木の故障を防ぐため登板させなかった国保陽平監督(32)の判断が賛否を呼んだ。野球評論家や現役アスリートたちも巻き込んだ議論となっているが
    Zeebraは31日にツイッターで「甲子園の件、ダルビッシュさすがだなと思ったんだけど、根性論そのものが悪いんじゃなくてちゃんとその選手の将来考えようよって言う当たり前の話だよね。いっそのこと高校野球は投球出来る回数とかのルール作ったら良いと思う」
    と私見を述べた。

    根性論については「アップデートしないと」との考えを示し
    「頑張る事が大切なのは間違いないんで、やり過ぎかどうかを個々に阿(おもねら)ずにルールにするのが良いと思うんです」と持論を展開した。


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 風吹けば名無し

    熱いわね


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 tsukasastyle.com)



    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 pbs.twimg.com)



    1 風吹けば名無し

    1(中)近本
    2(二)ソラーテ
    3(右)糸井
    4(三)大山
    5(一)マルテ
    6(左)高山or福留
    7(捕)梅野
    8(遊)植田
    9(投)

    やないの?


    の続きを読む

    このページのトップヘ