2019年09月

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.asahicom.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

    <阪神-中日>◇30日◇甲子園

    今季限りで退団する阪神鳥谷敬内野手は、レギュラーシーズン最後の本拠地で代打出場した。

    CS進出を懸けた大事な一戦で大歓声の中、3点リードの7回に登場。先頭で打席に入り右飛に倒れた。

    試合前にはグラウンドに出てきた選手、スタッフ全員が背中に「1」と記された黒色の鳥谷Tシャツを着用。
    選手会長の梅野、キャプテンの糸原が中心となったサプライズ。Tシャツは約1週間前から用意していたという。

    バックスクリーンには鳥谷の後ろ姿とともに「阪神16年 鳥さん ありがとう!」の言葉が表示された。
    鳥谷は「まだ引退するわけじゃないけど、ありがたいです」と喜び、並々ならぬ思いで試合に臨んでいた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-09300932-nksports-base
    9/30(月) 20:35配信

    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/cl2019093001.html
    試合スコア


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 hochi.news)



    1 砂漠のマスカレード ★

    鈴木は首位打者&最高出塁率で初タイトル、DeNA山崎は2年連続の最多セーブ

    プロ野球セ・リーグは30日、阪神-中日戦でレギュラーシーズンの全日程が終了し、個人タイトルが確定した。

    打撃部門では、広島の鈴木誠也外野手とDeNAのネフタリ・ソト内野手が“2冠”。
    鈴木は打率.335、出塁率.453をマークし、自身初の打撃タイトルを獲得した。OPS(出塁率+長打率)1.018もリーグトップだった。

    ソトは43本塁打を放ち、2年連続の本塁打王に。加入から2シーズンで計84本塁打を放ち、チームの2位躍進に大きく貢献した。
    108打点も2位のヤクルト・山田哲人内野手(98打点)に10点差をつけてリーグトップ。主要2部門でタイトルを獲得した。

    中日の大島洋平外野手はリーグ最多の174安打をマーク。2012年の盗塁王(32盗塁)に続いて自身2つ目のタイトルに。
    また、阪神のドラフト1位ルーキー・近本光司外野手は36盗塁を記録し、1年目でタイトル獲得。
    2位の山田哲に3個差をつけ、新人では2001年の赤星以来18年ぶりに盗塁王に輝く快挙となった。近本は新人歴代3位の159安打も記録した。

    また、巨人の坂本勇人内野手は無冠に終わったものの、打率.312、41本塁打、94打点、173安打と圧倒的な成績を残して巨人を優勝に導き、MVPの有力候補と見られている。

    投手部門では、中日の大野雄大投手が自身初タイトルとなる最優秀防御率を獲得。この日、CS進出がかかる阪神との一戦に先発し、打者10人を完璧に抑える快投。
    3回1/3を無失点、自責0で防御率2.58として、今季最終戦で広島ジョンソン(2.59)を抜いてトップに浮上した。

    巨人の山口俊投手は15勝で最多勝、勝率.789で最高勝率、188奪三振で最多奪三振と“3冠”を達成。エースの菅野が本調子ではない中、先発ローテーションを牽引して巨人を5年ぶりのセ・リーグ制覇に導いた。

    DeNAの山崎康晃投手は30セーブで2年連続2度目の最多セーブ。2位のドリス(19セーブ)の11セーブ差をつける独走だった。
    また、中日の左腕ジョエリー・ロドリゲス投手は44ホールドポイントをマークし、来日2年目で初のタイトルとなる最優秀中継ぎに。
    64試合登板で3勝4敗41ホールド、防御率1.64という圧倒的な成績を残した。

    【セ・リーグ】

    ○打撃部門
    首位打者:鈴木誠也(広島) .335
    最多本塁打:ソト(DeNA) 43本
    最多打点:ソト(DeNA) 108打点
    最多安打:大島洋平(中日) 174安打
    最多盗塁:近本光司(阪神) 36盗塁
    最高出塁率:鈴木誠也(広島) .453

    ○投手部門
    最優秀防御率:大野雄大(中日) 2.58
    最多勝利:山口俊(巨人) 15勝
    勝率1位:山口俊(巨人) .789
    最多セーブ:山崎康晃(DeNA) 30セーブ
    最優秀中継ぎ:ロドリゲス(中日) 44ホールドポイント
    最多奪三振:山口俊(巨人) 188奪三振

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-00556019-fullcount-base
    9/30(月) 21:13配信


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.ytimg.com)



    1 鉄チーズ烏 ★

     【セ・リーグ 阪神3ー0中日 ( 2019年9月30日 甲子園 )】 阪神は30日、中日に3―0で勝利し、今季初の6連勝。最大6・5ゲーム差からの大逆転で2年ぶり7度目のクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。先発・青柳が5回2安打無失点で自身初の規定投球回到達に到達し、6投手で無失点リレー。4番・大山が決勝打を放つなど投打がかみ合い、勝利しか許されない大一番で猛虎が一丸となって切符をつかんだ。
     69勝68敗6引き分け。勝ち越しでシーズンを終えた。矢野監督は「まずは今年も、この甲子園球場に300万人以上のタイガースファンの方々に来ていただきました。そしてビジター球場でもたくさんのタイガースファンの方が来てくれて、一緒に戦っていただいたことに心から感謝申し上げます。ありがとうございました」と帽子を取ってナインとともに一礼。

     「そして今現在日本では、ラグビーW杯で日本のチームが、日本中に大きな感動を与えてくれています。僕たち阪神タイガースもファンの皆様に感動と、そして子供たちに夢を与えられるような、そういうチームになっていきます」と、連日繰り広げられているラグビー日本の激闘に負けない戦いを誓った。

     「選手たちが粘りに粘って、3位ではありますが、このつかんだクライマックスシリーズの切符を、皆さんと最後までしっかり戦っていきたいと思います。1年間どうもありがとうございました!」と決意を込めると、割れんばかりの「矢野コール」が贈られた。日本シリーズ進出を懸けて戦うCSは10月5日にセ、パ両リーグともにファーストステージが開幕。再び甲子園に舞い戻るため、日本シリーズの切符を猛虎一丸でつかみに行く。

    2019年09月30日 21:58 野球
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/09/30/kiji/20190930s00001173401000c.html


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 丁稚ですがφ ★

    中日 0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
    阪神 0 0 0  2 1 0  0 0 x  3

    バッテリー
    阪神:青柳、島本、高橋聡、岩崎、ジョンソン、藤川- 梅野
    中日:大野雄、三ツ間、山本、藤嶋、岡田- 加藤、木下拓

    本塁打
    中日:
    阪神:

    試合結果:nikkansports.com/yahoo野球
    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/cl2019093001.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2019093001/score

    セ・リーグファンの皆様
    今季も1年お付き合いいただきありがとうございました
    引き続きCS・日本シリーズもよろしくお願いします


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    1


    (出典 img.5ch.net)

    <阪神-中日>◇30日◇甲子園

    今季限りでの退団を表明している阪神鳥谷敬内野手(38)がレギュラーシーズン最終戦の試合前にサプライズを受けた。

    グラウンドに出てきた選手、スタッフ全員が背中に「1」と記された黒色の鳥谷Tシャツを着用。選手会長の梅野、キャプテンの糸原が中心となったサプライズ。Tシャツは約1週間前から用意していたという。

    バックスクリーンには鳥谷の後ろ姿とともに「阪神16年 鳥さん ありがとう!」の言葉が表示された。
    鳥谷は「まだ引退するわけじゃないけど、ありがたいです」と喜んだ。さらに、野手は鳥谷にならってソックスを上げる「オールドスタイル」で練習に臨んだ。

    センターで選手、スタッフと記念撮影を行うと、長年守り続けた遊撃の守備位置付近で、阪神園芸のスタッフと記念撮影。
    グラウンドではHOME MADE 家族の「サンキュー!!」など、鳥谷の歴代登場曲メドレーが流された。放送音響チームから16年の感謝の気持ちを込めたサプライズだった。

    サプライズが終わると、来ていたTシャツに鳥谷にサインを求めるコーチ、選手たちも。最初にサインを求めた藤本内野守備走塁コーチは「ペンがあったから。俺が一番、最初にもらった。書けって(笑い)」と話した。

    直前には今季限りで現役引退する高橋聡をマウンドで5回胴上げしており「ダブルサプライズ」となった。前日29日の試合前には引退試合だったメッセンジャーのTシャツを選手、スタッフ全員が着用していた。

    https://www.google.com/amp/s/www.nikkansports.com/m/baseball/news/amp/201909300000373.html


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 t.pimg.jp)



    1


    (出典 img.5ch.net)

    「阪神6-3中日」(29日、甲子園球場)

    (出典 s.yimg.jp)

     阪神が打線爆発で5連勝。3位広島にゲーム差なしまで肉薄し、奇跡の逆転CS出場にM1とした。

     投手陣は引退登板となったメッセンジャーから、高橋遥、ガルシア、岩崎、ドリス、ジョンソン、藤川と小刻みにつなぐ執念の継投。
    九回2死、藤川が堂上に適時打を打たれ、チームは4試合連続完封ならず。それでもガルシアが4連勝で、6勝目(8敗)を手にした。

     試合は序盤、投手戦になった。メッセンジャーは先頭・大島を迎え、初球は147キロの直球がワンバウンドしてボール。
    2球目も外れたが、3球目は143キロ真っすぐで空振り。その後フルカウントとなり、6球目。高め146キロのストレートに大島のバットが空を切り、
    空振り三振に仕留めたところでマウンドを降りた。

     内野手全員が右腕に駆け寄り、ベンチからは矢野監督も就任後初めてマウンドへと向かってメッセンジャーをねぎらった。帽子を取って満員のスタンドのファンに頭を下げ、
    チームメートの鳥谷から花束を受け取ると、本拠地・甲子園は温かい拍手に包まれた。

     以降は小刻みな継投で、中日打線を寄せ付けない。すると待望の先制点は五回だ。2死走者なしで打席に立った陽川が千金弾。1ボールから柳が投じた2球目、
    内角低めへの136キロ直球をフルスイングした。高々と舞い上がった打球は左翼席へ到達した。指揮官の采配が的中し、7月15日・中日戦(ナゴヤドーム)以来となる最高の一発となった。

     「2死だったので、何としても塁に出ようと思ってました。その結果が最高の形になりました」。均衡が破れると、ここから打線がつながる。続く六回には打者9人の猛攻。
    1死満塁から高山、木浪、梅野の3連打で3点を奪った。さらに続く七回には、大山がダメ押しの14号2ラン。4番復帰2戦目で大きな仕事だ。

     これで勝率5割に復帰し、2年ぶりに本拠地勝ち越し。チームの連続無失点イニングは42でストップしたが、CS出場に王手をかけた。ただ、30日の中日戦勝利が絶対条件。
    引き分けなら勝率5割同士でも、勝ち数で上回る広島が優位になる。

    https://www.daily.co.jp/tigers/2019/09/29/0012744650.shtml


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sponichi.co.jp)



    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 風吹けば名無し

    球児がビシエドに逆転ホームランを打たれ終戦


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 portal.st-img.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

    阪神の鳥谷敬内野手が30日の中日戦(甲子園)で、タイガースラストゲームを迎える。
    これにあたって、試合開始前の練習で、選手達がサプライズで背番号1が記されたTシャツを着用した。

    用意されたTシャツは、黒地に黄色で「Tigers」と書かれ、背番号1が記さている。
    選手全員でそれを着用し、グラウンドに姿を見せた。

    球団関係者によると、発案者は選手会長の梅野と、キャプテンの糸原。
    「2人がどうしてもやりたいということなので」(球団関係者)と大先輩の節目の日に感謝を示した。

    鳥谷がグラウンドに登場すると、大型ビジョンには鳥谷の背中の映像とともに「阪神16年、鳥さんありがとう!」の文字が。
    拍手で迎えられた鳥谷は「ミエミエのことやってくれるな」と笑顔で走りながらナインの輪の中に入っていった。

    この日の野手は全員、鳥谷同様、ユニホームのズボンの裾を上げ、ソックスを見せるクラシックスタイルで着こなしている。

    9/30(月) 14:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-00000070-dal-base


    (出典 i.imgur.com)


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

    「阪神-中日」(29日、甲子園球場)

    29日の中日戦(甲子園)で引退試合に臨んだ阪神のランディ・メッセンジャー投手(38)の引退記念グッズが、売れ切れ続出の状態となっている。

    引退記念グッズのタオルやTシャツ、キーホルダーなどが早い段階で売り切れとなり、球団は公式オンラインショップでの受注販売を呼びかけている。
    グッズ担当者は「売り切れになって申し訳ないです」と陳謝。試合前からはメッセンジャーとのコラボグルメ、「メッセラーメン」に長蛇の列ができており、改めて背番号54の人気を物語る状況となっている。

    https://article.auone.jp/detail/1/6/10/17_10_r_20190929_1569735862781225
    09/29 14:31 デイリースポーツ


    (出典 portal.st-img.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 news.walkerplus.com)


    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 Youtube)

    【引退登板】阪神 ランディ・メッセンジャー 2019.9.29 甲子園


    の続きを読む

    このページのトップヘ