2020年03月

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.aviationwire.jp)



    1 田杉山脈 ★

    吉野家は3月27日~3月31日、新型コロナウイルス感染予防の影響で家庭での食事準備支援が必要と考え、牛丼「並盛」テイクアウトを税込300円で提供すると発表した。

    全国に1214店舗(2020年2月末時点)を展開する企業として、おいしくお求めやすい食事の提供で社会に貢献できるよう、3月10日から子どもの食事準備支援施策として牛丼「並盛」テイクアウトを税込300円で提供していた。

    臨時休校となった子どもの食事支援として実施をしていたが、新型コロナウイルス感染症対策の影響で子どもに限らず、家庭の食事準備にも安定が必要な状況を鑑み、施策の対象を全ての顧客に拡大、個数も制限しない。

    テイクアウトでの利用に限り、牛丼「並盛」を通常価格税込380円のところ、税込300円で販売する。

    「並盛」以外の大きさの牛丼については、牛丼「並盛」の割引分と同様、本体価格から74円引きとする。

    受け取り時間の短縮を希望する場合は、スマートフォンから事前に注文を行う「スマホオーダー」を利用すると、指定時間に待つことなく出来立ての商品を受け取ることができるという。

    ■食事準備支援施策
    期間:3月27日(金)10時~3月31日(火)24時まで
    対象:牛丼(全サイズ)テイクアウトのみ対象
    対象店舗:全国の吉野家店舗
    ※一部店舗では、実施していない。
    ※一部店舗では、牛丼の価格が異なる。
    https://www.ryutsuu.biz/strategy/m032623.html


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 風吹けば名無し

    阪神は27日、藤浪晋太郎投手(25)に続き伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)がPCR検査の結果、新型コロナウイルスに感染したと発表した。超人気球団が一気に3人も感染者を出した影響は計り知れない。

    阪神の揚塩健治球団社長(59)は「このような事態になりましたことを大変重く受け止めております」と謝罪。すでに長坂は入院していたが、伊藤と藤浪も保健所の指導でこの日、大阪府内の病院に入院し隔離措置が取られた。

    今回の一件で球団が見誤ったのは、日々悪化するコロナ問題への対応だ。今月12日開催のNPB、Jリーグ合同で設置したコロナ対策会議で専門家チームから示された
    「人混みを避け、マスク着用が選手への対策」という言葉を信じて指導したが、外出規制を強化する他球団とは違い「選手任せ」というユルユルの判断がアダとなった。

    これには揚塩社長も「今から思えばもう少し厳しく、外出禁止という形で臨んでいった方がよかったという反省がございます。結果的に、こうなりましたので大変申し訳なく思う」と改めて頭を下げた。


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 images.goodsmile.info)



    1 風吹けば名無し

    今回の判断の背景について、三原代表は「最初のケース」、「複数の対象者」、そして「何よりも、シーズンスタート前の期間に起きたということ」と認識。
    12日に出された専門家チームからの提言書には感染者、濃厚接触者以外について「チームは予定通りに試合、練習をする」と記されている。
    開幕後に感染者が出たケースでは「提言書に基づいてやっていこうということ」と方針を示した。

     開幕後に今回と同様の措置を取ることは、公式戦が中断することを意味し、阪神の今回の決定については「独自で判断したと認識している」と三原代表。今後は提言に沿った形、すなわち活動を止めずに対処することになりそうだ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00000021-dal-base


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 風吹けば名無し

    NPBは27日、東京都内で12球団代表会議を開き、新型コロナウイルスへの対策について話し合われた。その中に阪神タイガースの「藤浪晋太郎」選手ら阪神タイガース選手の陽性反応についてにも議題があがり、斉藤惇コミッショナーは「最悪の場合、阪神抜きの5球団で開幕をするかもしれない。」と述べた。



    (出典 i.imgur.com)


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 王子 ★

    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?300145-300145-fl
    20/3/27 15:34

     元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、26日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、新型コロナウイルスを巡る状況について自身の見解を示した。

     ザッケローニ氏は、1999年にスクデットを獲得したミランを始めとして、インテルやユベントスなどセリエAのビッグクラブの指揮官を歴任。2010年夏には日本代表監督に就任し、チームを2014年ブラジル・ワールドカップへと導いた。そんなザック氏の母国イタリアでは現在、新型コロナウイルスが猛威を振るっており、高齢者を中心に8000人を超える死者が出るなど深刻な状況となっている。その現状を目の当たりにしたイタリア人指揮官は、日本滞在中の2011年に体験した東日本大震災に思いを巡らせた。

    「コロナウイルスを巡る現状は、2011年に起きた日本の震災と原子力発電所の事故を思い起こさせる。ある意味、あのときの状況をもう一度体験しているような気分だ。あのときは2分間がものすごく長く感じたよ。私は向こうで自宅に籠っていたが、窓の外を見ると街は無人。地下鉄の中に長時間、取り残された人もいた。恐ろしい時間、恐ろしい日々だった」

    「あのときは徐々に平常を取り戻していったが、今回の悲惨で非現実的な状況には終わりが見えない。中国や日本、UAE(アラブ首長国連邦)など過去に私が監督を務めた国々から励ましの電話やメッセージがたくさん届いている。嬉しく思うよ」

     またザック氏は、2020年東京オリンピックが1年程度の延期とされたことを受け、延期を提案した安倍晋三首相の判断を歓迎。「安倍首相が五輪の開催に『ノー』と言ってくれて良かった。妥当な判断だと考える。世界的な祭典であるべきであり、すべての国が参加しなくてはならない。きっとスポーツ復興の大会になるだろう」と述べた。



    関連
    ザック氏、東京五輪に期待「延期でも日本人なら準備可能。忘れられない大会になる」
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?299998-299998-fl


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.tabirai.net)



    1 風吹けば名無し

    一度決めたら怪我でも二度と落とせないからいいペナルティになるな


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.show02.com)



    1 首都圏の虎 ★

    埼玉県の大野元裕知事が県民に対し、今週末の東京への不要不急の外出を呼びかける方針を固めていることが26日、一部で報じられた。これを受けネットでは「翔んで埼玉」が話題となっている。


     「翔んで埼玉」は魔夜峰央氏の大ヒット漫画。昨年2月にはGACKT、二階堂ふみ主演で映画も公開され、大ヒットした。埼玉というだけで県民は虐げられ、東京に入るには通行手形が必要。なければ強制送還されてしまう。その手形撤廃を目指す埼玉解放戦線の主要メンバーがGACKT演じる麗だった…というストーリー。映画の中では、二階堂演じる百美が、「さいたマラリア」という病気に感染してしまうシーンも描かれている。

     そして、ついに新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、埼玉県知事が今週末の東京への不要不急の外出を控えるように呼びかける方向で検討しているとの報道が出た。

     原作と違うのは、埼玉側の決断という点だが、ネットでは「翔んで埼玉」関連ツイートが26日午後から急増。「なんだか翔んで埼玉みたくなってきたな」「ちょっとした翔んで埼玉状態」「リアル翔んで埼玉やないか」「翔んで埼玉が現実に?」「関所や通行手形が必要」「逆翔んで埼玉」などの声が上がっていた。

    3/26(木) 13:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200326-00000067-dal-ent

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 ひかり ★

    沖田 臥竜/おきた がりょう
    @pinlkiai
    広報文   

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    https://twitter.com/pinlkiai/status/1243390747748917250
    (deleted an unsolicited ad)


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 breaking-news.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

    猪突猛進の結果が悪影響を及ぼす流れは避けられそうもない。キックボクシング団体K-1のビッグイベント「ケイズフェスタ3」が22日、さいたまスーパーアリーナで開催された。

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で日本政府が大型イベントの自粛要請を促しているにもかかわらず、主催者側は大会実施を強行。
    来場者全員へのマスクと飲料水の配布、サーモグラフィーやアルコール消毒液の設置、会場の扉を開けっ放しにして常時換気を義務付けるなど、さまざまな予防策を講じることで異例の決断に踏み切った。

    当然のように政府と自治体からは猛反発を受けた。大会開催前から西村康稔経済再生担当相と埼玉県・大野元裕知事は主催者側に自粛を要請。
    しかし受け入れられず、当日会場にまで駆け付けた大野知事が報道陣の取材に怒りを露にする場面も見られた。

    主催者側は県側からの指示により、観客全員の住所、氏名、連絡先を把握したというが、残念ながら何ひとつ不安材料の解消にはならない。
    これらの個人情報がもし今後必要になることがあれば、おそらくK-1は存続の危機に立たされるだろう。

    いや、もうすでにK-1は「強行開催」というパンドラの箱を開けてしまった。

    この日のビッグイベントには約6500人もの大観衆が集まった。会場は通常の収容人員より少なくするため座席数を減らす措置も行われたとのことだが、それでもリングへ近づくほどに大勢のファンが密集。
    リングサイド周辺では完全な?ぎゅうぎゅう詰め?になっていた。アリーナという屋内施設での大型イベント。
    しかも熱戦が繰り広げられた中、途中からマスクを外して大声を上げながら熱狂するファンの姿まで散見された。

    奇しくも常夏の国・タイでは、この格闘技の試合開催が感染拡大の要因とされ、深刻な事態へとつながっている。
    22日にタイ保健省は新型コロナウイルスの感染者数が前日比で188人も一気に増え、599人に達したと発表。
    ここまで他国と比べて感染を抑え込んでいたと思われたが、今月中旬から首都バンコクを中心に急速な蔓延が始まった。

    タイの格闘技・ムエタイが行われる屋内施設「ルンピニー・スタジアム」と「ラジャナムダン・スタジアム」などで大規模なクラスター感染が発生したことが、大きな引き金となっているのだ。

    すでに各会場でのムエタイの試合は当面の間、中止(現在のところ期限は3月末だが、延伸される可能性が高い)とされているものの感染者の足取りが不明なこともあって事態の鎮静化は一向に図れていない。
    ムエタイ絡みの感染者数は今後も大幅に増えるとみられており、タイ政府は22日からバンコクにおいて商業施設や娯楽施設の営業を3週間禁止する異例の通達を行うなど危機感を強めている。

    タイに比べれば、確かに衛生面などでは日本のほうが上と言い切れるかもしれない。
    「事前に予防策を講じたのだからK-1とムエタイの条件は同じじゃない」と言い張る人も、きっといるだろう。
    しかしながら屋内施設でキック系格闘技の試合を開催しているという点を見ても明らかなようにムエタイとK-1のイベントの共通項は危険過ぎるぐらいに酷似している。

    密閉空間で熱狂的なファンが肩を寄せ合うほどに接近しながら座り、時に声を張り上げて応援を繰り返す――。
    こうした行為について専門家から再三に渡って飛沫感染(たとえマスクをしていても危険度は?ゼロ?にならないことは、
    あらゆる医療機関の研究でも実証済み)などのリスクが増大すると警告されていても、K-1の主催者は聞く耳を持たなかった。

    https://wedge.ismedia.jp/articles/-/19078
    2020年3月23日


    の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 Egg ★

    プロ野球関係者から初めて新型コロナウイルス感染者が出たことは、4月24日の公式戦開幕を目指す関係者に暗い影を落とした。
    日本野球機構(NPB)は「4・24」に向けて準備を進めているものの、感染をめぐる社会状況は日ごとに悪化。4月中どころか、開幕がいつになるのか分からなくなった。

    26日午後、阪神・藤浪が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査を受けることになったことについて、NPBの井原敦事務局長は「(12球団関係者で)初めてですね」と神妙な表情で語った。

    NPBは23日の12球団代表者会議で、4月24日の開幕を目指すことを決めたが、それから3日間で社会状況は一変した。
    25日は東京都で1日では過去最多となる41人の感染者が判明し、小池百合子知事が今週末の不要不急の外出自粛を要請。

    この日は新たに47人の感染が確認され、隣接各県の知事が今週末の都内への移動自粛を呼びかけるなど、終息どころか、悪化の一途をたどっている。
    追い打ちをかけるように、阪神は今後1週間、選手やスタッフの自宅待機を決定。練習にも支障が出てきた。さらに26日深夜、藤浪に陽性反応が出たことが分かった。

    NPBでは24日に東京五輪の1年程度の延期が決定したことを受け、五輪による中断期間中に公式戦を組み入れる新たな日程作成を進めている。
    この日は、12球団の応援団担当者が東京都内で会議を開いた。

    観客を入れた試合の実施には、Jリーグと連携する「新型コロナウイルス対策連絡会議」で感染症の専門家チームから提言された、ジェット風船や鳴り物など感染リスクが高い応援スタイルを自粛することが不可欠。
    応援団との交渉内容などの情報を共有することが目的だった。

    政府はこの日、新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正特別措置法に基づき、対策本部を設置。対策本部を設置したことで、私権制限につながる「緊急事態宣言」の発令が可能になり、
    都道府県知事が外出自粛や休校措置を要請できる。

    今後、政府では4月2日に専門家会議が新たな見解を発表する見通し。NPBは翌3日に開催する連絡会議で専門家チームから4・24開幕への意見を聞き、12球団代表者会議を開いて協議する。
    井原事務局長はこの日も「(4月24日開幕を目指すことに)変わりはない」とした。だが、あと1、2週間で劇的な状況改善は望めそうもない。さらなる延期どころか、開幕がいつになるか、見通しは不透明だ。

    3/27(金) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200327-00000025-sanspo-base


    の続きを読む

    このページのトップヘ