(出典 pbs.twimg.com)



1 牛丼 ★

南海・ダイエーホークスの主砲として長きにわたって活躍した門田博光氏(71)。彼が「野球人生の分岐点」に挙げたのは、右足アキレス腱断裂から復活し、41本塁打を放ってカムバック賞に輝いた1980年シーズンのことだった。何が起きていたのか、門田氏に聞いた。

 * * *
 アキレス腱を切ったのは31歳の年(1979年)。キャンプ中のケガだったので、シーズンを棒に振りました。

 翌年もケガの怖さが残った。そこで“ホームランを打てば全力で走らなくていい”という発想で、長打狙いに切り替えたんです。トレーニングを重ねて、重いバットが振れるようになった時期と重なったことも大きかった。

 それでカムバック賞を受賞した1980年オフ、阪神の掛布雅之とのトレードが報じられました。球団に阪神ファンからの抗議が殺到して流れましたが、水面下では本当にあった話だった。

 当時はパ・リーグが不人気だった。南海では、“これだけ打ってもスポーツ紙で活字にならんのか?と思ったこともありましたし、40本塁打を打って“ちょっとは給料が上がるかな”と思っても、雀の涙ほどしか上がらなかった(笑い)。人気球団でやっていたら……自分を試してみたかったという気持ちもあります。

 ただ、当時は32歳とまだ若かった。マスコミが踊れ踊れと報じるばかりに、自分を見失ってしまったり、プレッシャーに負けてしまった選手もたくさんいた。僕の性格だと踊らされないような気もしますが、浮かれてしまって、あれほど体をいじめぬくような練習量はこなさなくなっていたかもしれません。

 他の選手は打つ、走る、守るでお金をもらっていたが、ケガで足が使えない僕は打つだけでお金をもらっていた。アキレス腱断裂がなければ、DHのない阪神のトレードに喜んで応じていたと思います。

●かどた・ひろみつ/40歳になった1988年に44本塁打、125打点で打撃二冠に輝き「不惑の大砲」の異名をとる。通算567本塁打、1678打点は歴代3位。2566安打は歴代4位。

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200101-00000015-pseven-spo





2 名無しさん@恐縮です

>>1
今そんな話して何の意味があんの?


11 名無しさん@恐縮です

>>1
ホームランと打点が歴代3位、安打数が4位
安打はもっと下の順位かと思っていた。
「ホームランの打ち損ないがヒット」って言う人だから。


3 名無しさん@恐縮です

身長170cmで腹が出たデブの40歳がホームラン40本も打ったんだからすごい時代だな


9 名無しさん@恐縮です

>>3
最近の先取りじゃん


5 名無しさん@恐縮です

江夏、田淵ときて掛布が出される話があっても不思議ではないとは思ったがやっぱりって感じ。しかも田淵を出して間もない時にやる球団はほんとアホやわあ。


17 名無しさん@恐縮です

>>5
江夏のトレードはともかく、田淵のトレードは成功だろ。田淵は西武で成功したし、阪神に来た真弓、若菜も活躍した。


20 名無しさん@恐縮です

>>5
村田兆二とのトレード話も結構いいところまでいったみたいだしな
しかも掛布の時には、岡田が幹部候補だったから。
飲酒運転で捕まったりする掛布は絶対に残さないといけない存在でもなかった


6 名無しさん@恐縮です

門田ってどこか守ってた印象がない


8 名無しさん@恐縮です

>>6
アキレス腱やる前はライトだな
捕殺多いしホームでも結構刺した


7

門田て大阪の南海から福岡のダイエーに行くのが嫌だから大阪のオリックスに行った人だろ


10 名無しさん@恐縮です

>>7
子供の学業の事情もあったらしい。


12 名無しさん@恐縮です

花束が無くてキレたオジサンの記憶


13 名無しさん@恐縮です

パアリーグ言うてた人や


14 名無しさん@恐縮です

門田の解説はネチネチ、ネチネチで最低やで


15 名無しさん@恐縮です

南海ファンが門田を出すな!じゃなくて、阪神ファンから南海への抗議で流れたんかよw
それじゃあ、受けるもなにもねーじゃねえかw


16 名無しさん@恐縮です

福岡ドームのフェンス見てこんなのホームラン打てないてオリへ


19 名無しさん@恐縮です

子供だったから南海のデブってことでドカベン香川とごっちゃになってた