(出典 m.hanshintigers.jp)



1 風吹けば名無し :2020/11/20(金) 02:56:43.33 ID:cHkAXZfC0HAPPY.net

上武大・佐藤蓮投手の“乱調”を目の当たりにしたスカウトが唸った。

「あれだけ腕だけで力んで、あれだけバランスに苦しんで150キロ。すごいと思いますよ。どうしようもなくて、そーっと置きにいったようなボールで148キロ。とんでもないエンジンの大きさですよね」

 指名した阪神関係者を“かばった談話”ではない。

「あのカーブ、もっと使えばいいのに…横にブレない真タテのパワーカーブみたいな軌道。ソフトバンクの石川(柊太)のカーブと似ていて、リリースが安定してますよね」

 2イニング目のマウンドに上がった佐藤蓮。やはり、「剛速球」にこだわるが、なかなか軌道が作れない。

 先頭の5番・古和田仁三塁手(174cm82kg・右投右打・新田高)を歩かせると、送りバントと見逃し三振を挟んで、死球、四球が続いて、ここで降板となった。




打者11人、アウト4つ取る間に、四球6つの死球が1つ。本人、ダグアウトでショック状態もよくわかるような内容だった。

大乱調でも…「むしろすごいの獲ったなぁ」
「阪神の関係者にしたら、心配になる内容でしょうけど、僕から見たら、むしろすごいの獲ったなぁ……っていう印象しかないですね。あれだけバランスを崩していて150キロ前後。リリースのタイミングが合った時は、いったいどんだけのボール投げるんじゃい! って話ですよ。それに、あのカーブ。今日は投げる余裕なかったけど、フォークもあるらしいし」





2 風吹けば名無し :2020/11/20(金) 02:57:07.01 ID:cHkAXZfC0HAPPY.net

凄いの取ったなw