(出典 kyoto-np.ismcdn.jp)



1 Egg ★

日本球界でトップレベルの選手たちがメジャーに挑戦してきたが、活躍した選手はごく一握りだ。パワー、スピード、技術に加えて異国の環境への適応力も求められる。この両選手も試行錯誤を繰り返し、来季は正念場となる。レイズ・筒香嘉智とマリナーズ・菊池雄星だ。

 日本野球機構(NPB)通算205本塁打を放ち、侍ジャパンでも4番を務めた筒香は2019年オフにDeNAからポスティングシステムを行使してメジャーに挑戦。推定2年総額1200万ドル(当時約13億1千万円)でレイズに入団した。レイズは金満球団ではない。19年の総年俸はメジャー30球団で28位の約55億円。筒香は球団内で4番目の高給取りになったのが期待の大きさを物語っていた。

 チームはリーグ最高勝率でポストシーズンへ進み、12年ぶりにワールドシリーズに出場したが、筒香は51試合出場で打率1割9分7厘、8本塁打、24打点と不本意な数字に終わった。

 新型コロナウイルスの影響でレギュラーシーズンが60試合と短く、初対戦が続く投手に対応するための時間が足りなかったことは差し引かなればいけない。選球眼の良さは相変わらずで出塁率は3割1分4厘だったため、打率ほどの悪いイメージはない。米国メディアの記者は筒香の課題をこう指摘する。

「速い球にアジャストできていないように感じた。特に95マイル(約153キロ)を超える球を捉えられないので、シーズン終盤は直球を懐に投げ込まれて苦しんでいた。この部分を改善しないとレギュラーに定着するのは厳しい」

 筒香は来季が2年契約の最終年。結果を出せばレイズとの再契約や、他球団からビッグオファーが舞い込む可能性がある一方で、そうでなければメジャーで生き残れない。野球人生の分岐点の年になりそうだ。

「日本人ナンバーワン左腕」と形容されたマリナーズの菊池も苦しんでいる。昨季は9試合登板で2勝4敗、防御率5.17。地元紙のシアトル・タイムズは「キクチはもう言い訳できない。力を発揮しなければならない」と辛辣(しんらつ)だ。

1/12(火) 9:00 AERA
https://news.yahoo.co.jp/articles/7af87275f57de648dd8448b03e04fa4cc8b7e462





10 名無しさん@恐縮です

>>1
複数年なのに金も下がるのにやるわけねーだろwwwwwwwww
何だこの記事は


18 名無しさん@恐縮です

>>1
筒香の件は賭博笠原もYouTubeで指摘してた
「自分(笠原)の速球レベルで差し込まれる男がメジャーの速球に対応出来るの?」って


32 名無しさん@恐縮です

>>1
153どころか145を超えると対応できないぞ


2 Egg ★

数字を見れば決して良いと言えないが、筒香と同様に努力家で自己分析力が高く、確実に進歩している。

 メジャー挑戦1年目の19年は32試合で6勝11敗、防御率5.46。161回2/3で36本塁打を浴びた。日本では150キロ近い自慢の快速球が、米国では「打ちごろの速さ」になる。このままでは通用しないと痛感したのだろう。オフに投球フォームの改造に着手。テイクバックの際に左腕を体から離し、右手を高く上げる形にガラッと変えた。直球の平均球速は4キロ以上アップした152キロに。メジャーのパワーヒッターたちを力でねじ伏せる場面も度々見られたが、変化球が問題だった。ウィニングショットとなる決め球がないため、なかなか打ち取れない。地元紙の記者はこう分析する。

「菊池はスライダー、カーブ、カットボールなどを投げるが、すべて同じ軌道なので、打者の目が慣れると合わされてしまう。スプリットやフォークなど落ちる球があれば、投球の幅が広がりガラッと変わるのではないか。直球が良くなっているだけにもったいない」

 菊池は4年契約のため22年までメジャーでプレーできるが、過去2年間で思うような結果が出せていないため3年目の来季が勝負の年となる。現時点では先発ローテーションに入る可能性が高いが、打ち込まれる登板が続けば今までのような猶予は与えられない。責任感が強い菊池の性格を考えれば、事実上の戦力構想から外れた場合に22年もマリナーズでプレーしようとは考えないだろう。

 筒香、菊池が日本球界復帰となれば数球団による争奪戦になる。ただ、両選手は長年抱いていた夢をかなえてメジャーの舞台でプレーしている。共に同学年の29歳と経験値を重ね、野球選手として脂の乗り切った時期だ。日本球界を代表する「投打の両輪」が意地を見せてほしい。(梅宮昌宗)


8 名無しさん@恐縮です

>>2
地元の記者のコメントに
「スプリットやフォーク」ってあるけど現地の人ってこの2球種の使用を使い分けてんの?
落ちる球はアメリカではスプリットって言うんだと思ってた


37 名無しさん@恐縮です

>>8
速球で落ちるボール スプリットフィンガーファストボール

遅球て落ちる落ちる フォークボール

日本で初めてSSF投げた投手は槙原寛己


38 名無しさん@恐縮です

>>8
現代人が投げるスピードが載ってるフォークは全部スプリッター
上原でもスプリッター
たぶん千賀もスプリット扱い
田澤はスプリットじゃなくてフォークを投げてることになってた


3 名無しさん@恐縮です

雄星は楽天入りだろうな


4 名無しさん@恐縮です

菅野「何しに行ったんや菊池は」


5 名無しさん@恐縮です

菊池と筒香も皆の予想どおりで笑うしかないな
恥ずかしい
どんな顔して日本球界へ復帰するのかな


6 名無しさん@恐縮です

松ヤニが足りない!


7 名無しさん@恐縮です

菊池が全くアカンかったのは正直意外だわ
つうてもそんな投げてる所見てないけど


9 名無しさん@恐縮です

もう戻ってきちゃえ
日本ならどっちも無双できる


26 名無しさん@恐縮です

>>9
いや菊池は日本プロ野球でも通用しない


39 名無しさん@恐縮です

>>26
西武でも良かったのは一年だけ
それも、実際は
ソフトバンクを避けて得意の楽天から勝ってただけなんだけど


11 名無しさん@恐縮です

雄星は5年目以降でも双方にオプションあってそれも日本より条件が良いからな
   


14 名無しさん@恐縮です

>>11
なんで調べればわかるこんな記事を書いたんだろうな

この記者


12 名無しさん@恐縮です

そりゃそうだろw
あの成績で契約結べる余裕なんかどの球団も無いわ


13 名無しさん@恐縮です

日本人って本当に野球が下手*だよなあ


15 名無しさん@恐縮です

菊池雄星
4年で年俸61億円だぞ
日本なんか帰るわけないだろ


16 名無しさん@恐縮です

筒香には猛虎魂の予約を入れときます


17 名無しさん@恐縮です

マリナーズは優勝する気無いだろ


19 名無しさん@恐縮です

情けないにもほどがあるな
この程度が今の日本野球トップクラスのバッターなんて


31 名無しさん@恐縮です

>>19
2A、3Aクラスの助っ人外人が大活躍してるのに何を今更
筒香なんて3Aでも.250 15本ぐらいしか打てない


20 名無しさん@恐縮です

帰ろか筒香


21 名無しさん@恐縮です

5年後はメジャーから日本人が居なくなるだろうね


22 名無しさん@恐縮です

野茂とかイチローが安い給料で頑張って道を切り開いたのに
菊池みたいなゴミが日本じゃ何年もかけて稼ぐような大金を1年で手に入れるとか何かムカつく


23 名無しさん@恐縮です

そら体格が大人と子供ぐらい違う
メジャーでそこそこやるつもりなら190cm以上はないとな
185とかチッビやで


27 名無しさん@恐縮です

>>23
それあまり関係ないから
マエケンの成績みたら、体格云々は言い訳に過ぎんわ


30 名無しさん@恐縮です

>>27
マエケンは顔と絵がおもろい


40 名無しさん@恐縮です

>>30
あの絵はわざと


28 名無しさん@恐縮です

>>23
そういや今の投手ってみんなでかいな
バーランダーもセールもチャップマンも190cmオーバーだ


24 名無しさん@恐縮です

メジャー行き&高額年俸&高額移籍金を実現してくれたのは 野茂様のおかげ

それでたいした活躍もせず うまい汁を吸ってきた連中がどれほどいたか・・・

そのつけがまわってきてるだろ いま


25 名無しさん@恐縮です

大谷翔平は帰ってこなくて良いんだね😊


29 名無しさん@恐縮です

メジャーに居場所無ければ帰ってくるだろ
現状、今年もマイナーリーグが開催が危ういと繋ぎで移籍出来ないマイナーにも行けないと独立や田澤みたいに日本に活路を探すだろ


33 名無しさん@恐縮です

筒香は速い球打てないから致命的だよ


34 名無しさん@恐縮です

菊池はソフバンに全然通用してなかったから
その辺にヒントがあったのかもな


35 名無しさん@恐縮です

青木宣親でメジャーではやっと平凡な打者ってレベルだもんな
神ローさんは例外として日本でHR40本は打てるレベルじゃないと話にならんね


36 名無しさん@恐縮です

石井一久って凄かったんやな