プロ野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 風吹けば名無し :2019/07/13(土) 06:53:00.51 ID:Mck6NZZoM.net

    野球解説者の達川光男氏(63)が12日、関西テレビ「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。ソフトバンク・コーチ時代のエピソードを語った。

    達川氏は高校時代まで広島で過ごし、さらにプロ入りしたのは故郷を本拠とする広島カープ。根っからの広島人で、63歳になった今も当然のように広島弁で話し続けている。

    現役引退後は指導者として様々なチームを渡り歩いてきた。2017年には福岡を本拠地とするソフトバンクに一軍ヘッドコーチとして就任。2年連続の日本一に貢献している。

    しかし指導する時にはニュアンスが伝わりにくく、相当苦労したという。しかし、球界屈指のスラッガー・柳田悠岐だけは同じ広島市出身であったことから、
    感情を伝えやすかったと語り「おどりゃ柳田~!しっかり走れ、このバカ!!何してんだ~、われ~!」との檄(げき)に対しても「はい!」と素直に応えてくれたという。

    上記の檄(げき)は達川氏が説明するには、標準語にすると「柳田くん、キミ、そんな走り方じゃダメでしょ。
    しっかり走りなさいね」ということらしいが、広島以外の人が聞くとだいぶ怖い印象でとらえられるという。
    自身も2003年、阪神に一軍バッテリーコーチとして招へいされた時、大阪弁を聞いて同じ思いをしていただけに、気持ちは痛いほど分かっているようだった。

    それでもソフトバンク内での広島弁はかなりの不評だったようで、当時の選手会長・長谷川勇也(山形出身)には
    「(達川)ヘッド、もう僕たち“ゆとり世代”なので、そんな野蛮な言葉はやめてください」と言われてしまったという。
    広島弁は達川氏のキャラに欠かせないものにも思えるが、“指導者達川”にとっては、なんとも扱いにくい代物であるようだった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00000204-spnannex-base


    【達川「阪神にいたとき大阪弁が怖かった」】の続きを読む

    スポンサーリンク


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 sp.softbankhawks.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/16(日) 08:10:10.87 ID:pvM25oGw9.net

    本紙評論家で、元ソフトバンクのエース、斉藤和巳氏の栄光と苦悩を追った「野球を裏切らない‐負けないエース 斉藤和巳」(元永知宏、インプレス、税込み1944円)の
    出版を記念したトークショーなどが15日、福岡市内であった。

    2003年に20勝を挙げてホークスを日本一に導いた斉藤氏。2度の沢村賞に輝くなど日本を代表する投手に駆け上がりながら、右肩の故障、手術でチームを離れた。
    その後、復活を目指し「6年間」のリハビリ生活を送るなど、記録にも記憶にも残った野球人生。
    本人のインタビューや王貞治球団会長、小久保裕紀氏らの証言を基に負けないエースの真実に迫った。

    トークショーでは、斉藤氏が著者の元永氏から質問を受ける形で、2軍時代の秘話や飛躍のきっかけとなった小久保氏との出会い、過酷なリハビリについて明かした。
    斉藤氏は「読んでいただいた方から『勇気が湧いた』と言ってもらった。何かしらみなさんに伝わるものがあればうれしい」と話した。(`o´)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00010002-nishispo-base
    6/16(日) 7:31配信


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 libroplus.co.jp)


    (出典 number.ismcdn.jp)


    (出典 number.ismcdn.jp)


    (出典 blog-imgs-71.fc2.com)



    (出典 Youtube)

    斉藤和巳 号泣 2006プレーオフ ノーカット版

    http://npb.jp/bis/players/71373882.html
    成績


    【【野球】斉藤和巳氏の野球人生つづる 福岡市で本出版記念トークショー】の続きを読む

    スポンサーリンク


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 auctions.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/12(水) 16:31:09.27 ID:7ZUrxMtX9.net

    1980年代。巨人戦テレビ中継が歴代最高を叩き出し、ライバルの阪神はフィーバーに沸き、一方のパ・リーグも西武を中心に新たな時代へと突入しつつあった。
    時代も昭和から平成へ。激動の時代でもあったが、底抜けに明るい時代でもあった。
    そんな華やかな10年間に活躍した名選手たちを振り返っていく
    プロ野球1980年代の名選手

    背番号66の男が「0」を背負うまで

    1983年はプロ野球の歴史における、ひとつのエポックとなったシーズンだった。
    背番号が廃止された44年、戦局の悪化によってプロ野球が休止に追い込まれた45年の2年間を除き、プロ野球の幕が開けた36年から脈々と受け継がれてきた背番号の歴史で、
    支配下登録の選手として初めて背番号0が登場したのだ。
    現在でこそ日本ハムを除いて一般的なナンバーだが、その当時は、画期的な試みとして新鮮に映った、というよりは、何かの間違いのような違和感を覚えた、という向きも少なくないのではないか。

    88年シーズン途中に阪神のジョーンズが着けた背番号00のように、90年代に入って復活したとはいえ、一時的な珍事として球史の中へ消えてしまう可能性もあっただろう。
    ただ、背番号0は、じわじわと他のチームへと普及し、定着していった。
    それは、背番号0のパイオニアが広島の長嶋清幸だったからだろう。

    あまりにも「0」のインパクトが強すぎて完全に上書きされているが、一軍で頭角を現した頃の背番号は「66」。
    ドラフト外で80年に入団したときに与えられた背番号だ。
    やはり現在では少なくなっているようだが、当時の一般的な感覚として、数字の小さな背番号に対するあこがれがあったという。

    1年目から一軍出場を果たし、プロ初本塁打。その後は着実に出場機会を増やしていく。
    82年には79試合に出場。この82年、海の向こうはアメリカで、ナ・リーグの首位打者に輝いたのがエクスポズのアル・オリバーだった。
    その背番号が「0」。そこで、古葉竹識監督に相談すると、「縁起の悪い数字でもないから」と言われ、翌83年から背番号を変更することに。
    すると、広島が掲げたスローガンが「スタート・フロム・ゼロ」だったことも味方して、身長170センチとプロ野球選手としては小さな背中に躍動する「0」は、瞬く間に浸透していく。

    いきなり外野の定位置をつかんで初の全試合出場。
    主に山本浩二、衣笠祥雄に続く六番打者として、満塁の場面で15打点、打率.600をマークするなど、勝負強さを発揮する。
    のちにヒザを痛めるまではスピードもあり、広い守備範囲も武器。プロ入り時は、

    「まったく問題外のレベル」

    と自身の守備を振り返るが、まだ「66」だった時代、大下剛史コーチから「どっちかが倒れるかまでやるぞ!」と言われ、ひたすらノックを受け続けた猛練習の賜物だった。
    慣れない右翼を守ったときに、捕れないと思った右中間の打球をダイビングキャッチ、これで自信が芽生え、守備に高い意識で取り組むようになったという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190612-00000007-baseballo-base
    6/12(水) 16:01配信


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    http://npb.jp/bis/players/21923861.html
    成績


    (出典 Youtube)

    『元祖・背番号0』長嶋清幸 ホームラン動画集



    (出典 Youtube)

    長嶋


    (出典 Youtube)

    阪神1994ハイライト14 長島清幸2打席連続ホームラン


    【【野球】長嶋清幸 背番号0のパイオニアの勝負強さの秘訣とは?】の続きを読む

    スポンサーリンク


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 beak.softbankhawks.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/03(月) 09:05:57.27 ID:zuFjU5lA9.net

    6月2日終了時点で両リーグの本塁打数は、セ・リーグが326本、パ・リーグが337本。
    1試合平均にすると、セ・リーグが2.04本、パ・リーグが2.12本となり、ともに昨年の1試合平均(セ・リーグ1.92本、パ・リーグ1.99本)を上回っている。
    ここ10年のデータを見ても、1試合平均が2本を超えた年はなく、現時点とはいえ、かなりの量産ペースであることは間違いない。

    ヤクルトのタフな偉丈夫は19歳。村上宗隆の「成長力」が驚異的だ

    ちなみに、統一球導入2年目(2012年)の1試合平均本塁打数は、セ・リーグが1.05本、パ・リーグが0.98本で、今とまったく違う野球が展開されていたことは容易に想像がつく。
    その後も"統一球"についてはいろいろと注目を集めたが、今は反発係数の基準値内のボールが使用されているはず。
    ただ、本塁打数や見る者の印象などから、統一球導入直後とは明らかに別次元の飛びが続いており、とくに今年はその印象が強い。

    そんなシーズン序盤の傾向を苦笑いとともに振り返ったのが、NPB歴代3位の567本塁打を放った門田博光だ。

    「テレビで見とっても、センター方向へ飛んでいく打球の勢いが違う。
    普通、センターのホームランというのはそれなりの打者しか打てないはずなんやけど、今年は『えっ、このバッターが......?』というのがある。またボールに何か起こっとるんとちゃうか」

    門田の現役時代、ボールに関しては球団ごとに契約メーカーが違い、当然、打球の飛びにも差があった。
    そうした歴史があったため、ホームランが量産されるとまず話題になるのがボールだ。

    今年のホームラン増については、メジャーで流行となっている"フライボール革命"の影響や、フェイスガード着用によって打者が内角攻めを怖がらなくなったという声もある。
    ただ門田は、これについての関心は薄く、その代わりに挙げたのが投手だった。

    「投手の質がクエスチョンや。見ていても、開幕早々から失投が多い。
    我々が現役の頃、エースクラスのピッチャーは簡単に失投を投げなかった。とくに4、5月はピンポイントで投げてきた。
    だからこっちは、相手の疲れが出る夏をひたすら待った。春先はひたすら体調を整えて、夏が来たら反撃や。
    それが今は春先から打者優位やからな......ドーム球場も増えて、ピッチャーにとってはコンディションも整えやすいはずやのに、ピンポイントで投げられる投手が少ない。

    プロでもアマチュアでも、どれだけ確実に失投を仕留められるかで数字は決まってくる。
    極論を言えば、シーズンを通して真ん中周辺のストレート系だけを狙える勇気があれば、プロでもそれ相当の数字は残る。
    まぁ、人間は余計なことを考えてしまうから、なかなかそれができないんやけど......。
    今年、これだけ春先からホームランが出るということは、ピッチャーがそれだけ打たれるボールを投げているということ。それは間違いない」

    そしてもうひとつ、球場の広さについても話題になった。今年からロッテの本拠地であるZOZOマリンスタジアムにホームランラグーンなる席がつくられ、外野フェンスを最大4メートル前に出した。

    そこへブランドン・レアードの加入もあって、昨年リーグ断トツ最下位(78本)だった本塁打数は、今年は6月2日時点ですでに66本。堂々のリーグ2位だ。

    ソフトバンクの本拠地・ヤフードームも、2015年にホームランテラス席をつくり、左中間、右中間のふくらみをなくし、フェンスも低くしたため、瞬く間にホームランの出やすい球場へと様変わりした。

    ちなみに楽天の本拠地・楽天生命パーク宮城も、2016年に左中間フェンスを12球団で最も低い1.65mに下げている。
    今年は浅村栄斗、ジャバリ・ブラッシュの加入効果も大きく、ここまで63本塁打(6月2日時点)。
    球場の大きさ、フェンスの高さが、本塁打数に大きな影響をもたらしているのは間違いない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190603-00861630-sportiva-base
    6/3(月) 7:37配信


    (出典 Youtube)

    門田


    【【野球】門田博光が本塁打増に持論。 「打撃を球場サイズに合わせたらあかん」】の続きを読む

    スポンサーリンク


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 blog.epachinko.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/02(日) 08:43:23.34 ID:iAQF/x499.net

    八重樫幸雄のオープン球話(1)

    【本人が語る、「八重樫幸雄・黄金伝説」の数々

    ――いきなりですが、今回から八重樫さんの野球人生を振り返る連載「八重樫幸雄のオープン球話(きゅうわ)」がスタートします。
    令和時代に突入した今、「平成」をすっ飛ばし、あえて「昭和」にこだわってお話を聞いていこうと思っています。

    八重樫 なんで、オレなの?

    ――八重樫さんは、昭和の時代を生き抜いた生き証人だし、ヤクルトひと筋47年というリビングレジェンドだし、後の古田敦也さんに連なる「メガネをかけたキャッチャー」の先駆けだし、
    あの落合博満氏も「神主打法」をマスターする際に参考にしたという、「ミスターオープンスタンス」だからです!

    八重樫 ホントにそう思ってるの? 

    ――もちろんですよ! 「令和の時代に、今こそ八重樫幸雄を!」ですよ。時代が八重樫さんを求めているんです! 令和の日本に足りないのは、「八重樫イズム」ですよ! 
    今回は連載第1回目ということで、読者へのごあいさつを兼ねて「八重樫幸雄・黄金伝説」をご本人とともに振り返りたいと思います。

    八重樫 いいよ、何でも聞いていいから。もう球団の役職も離れたので、しがらみもないから、どんな質問にも答えるからさ。
    ――ありがとうございます。さっそくですが、「八重樫幸雄・黄金伝説①・東北球界を代表する伝説の名プレーヤー」について伺います。
    仙台商高時代は、東北地方を代表するスーパースターだったそうですね。

    八重樫 夏の甲子園に2回出ていて、一応、「東北球界始まって以来の大型捕手」とはよく言われたね。
    1969(昭和44)年のドラフトではヤクルトから1位指名だったし、契約金1000万円も、年俸144万円も、当時の高卒新人の上限額だったから、それなりに期待されていたとは思うよ。

    ――この年のドラフトで注目したいのは、高卒の八重樫さんがドラフト1位で、後にヤクルトでレギュラー争いをすることになる駒澤大卒の大矢明彦さんがドラフト7位という事実です。
    後のヤクルトを代表する二大キャッチャーが、期せずして同期入団。でも、当時は大矢さんよりもずっと評価が高かったんですね。

    八重樫 当時はスリムで足も速かったからね。プロに入ってからも、「お前の身体能力を生*ために、内野にコンバートするか」という話もよく出てきましたから。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190602-00861510-sportiva-base
    6/2(日) 7:20配信


    (出典 www.zakzak.co.jp)


    (出典 cdn.makeagif.com)


    (出典 wpb.shueisha.co.jp)


    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 Youtube)

    八重樫幸雄 【八重樫打法】 通算100本塁打到達までのスロー記録(所要在籍年数で1位タイ)


    (出典 Youtube)

    Open Stance Yaegasi


    (出典 Youtube)
    &t=73s
    福間納 vs 若松勉~杉浦享~八重樫幸雄~渡辺進

    http://npb.jp/bis/players/11413843.html
    成績


    【【野球】オープンスタンス、落合、メガネ... ヤクルト八重樫幸雄が令和に遺すプロ野球伝説 1438試合 .241 103本 401打点 6盗塁】の続きを読む

    スポンサーリンク


    このページのトップヘ