MLB

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.newscafe.ne.jp)



    1 Egg ★ :2019/06/22(土) 11:54:54.61 ID:woliJUzJ9.net

     大リーグ機構(MLB)は21日(日本時間22日)、オールスター戦(日本時間7月10日、クリーブランド)のファン投票の両リーグ結果を発表。日本人選手で唯一ノミネートされていたエンゼルス・大谷翔平投手はア・リーグ指名打者部門の最終投票進出を逃した。

     各ポジションの上位3人(外野手は9人)が進む26日からの最終投票へはレッドソックスのJD・マルティネス、レンジャーズのハンター・ペンス、ツインズのネルソン・クルーズが進む。結果は27日(同28日)に発表される。

     MLB公式サイトによると、大谷は77万5030票を集めた。1位のマルティネスは156万4520票、2位のペンスは105万4282票、3位のクルーズは97万4788票だった。大谷は最終投票進出圏内まで19万9758票差をつけられた

    6/22(土) 8:49配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00416435-fullcount-bas

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【MLB】<大谷翔平>オールスターファン投票で“落選” 最終投票進出ならず】の続きを読む

    スポンサーリンク


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/09(日) 11:18:15.53 ID:VOMwzgXE9.net

    野球評論家の張本勲氏が9日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演。
    エンゼルス・大谷翔平投手(24)が5日(日本時間6日)、本拠地でのアスレチックス戦で2試合連続弾となる逆転5号3ランをセンターに放ったことを解説した。

    張本氏は「大谷がね、打球が大体、真ん中から左でしょ。あれが、右の方に引っ張ってホームラン打ち出したらホンマもんよ」と指摘した。
    今後については「よくなってくれればいいけどね。ケガが心配」としていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00000052-sph-base
    6/9(日) 9:23配信


    【張本勲氏、大谷翔平の2試合連続弾に「右の方に引っ張ってホームラン打ち出したらホンマもん」】の続きを読む

    スポンサーリンク


    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 imagenevp.com)



    1 Egg ★ :2019/06/04(火) 18:53:59.27 ID:SqZqf34D9.net

     29日(日本時間30日)のヒューストンでのアストロズ-カ*の一戦で、カ*のアルバート・アルモラJr.外野手の痛烈なファウルボールが観戦していた4歳の少女に直撃するというアクシデントがあった。アルモラJr.は涙を流し、試合は一時中断。波紋が広がる中、米マイナー戦でも同じような事故が起きていた。米テレビ局「Fox59」が伝えている。

     アクシデントは1日(日本時間2日)にパイレーツ傘下3Aインディアナポリスの本拠地ビクトリー・フィールドで行われたブレー*傘下3Aグウィネット戦で起きた。3回表のグウィネットの攻撃中。ライアン・ラマーの一塁スタンドを襲ったファウルボールが少年の顔に直撃したという。打者は打席内で膝をついて動揺。記事では近くにいた観客のリプスコムさんのコメントを紹介している。

    「このような悲劇が起こるとは思っていなかった。父親が彼を持ち上げましたが、彼は話したり泣いたりはしていませんでした。パビリオン(仮設テント)に運ばれ、数分後に彼が叫んでいるのが聞こえました。親として同じ気持ちでした。恐ろしかったです」

    「正直、見たくありませんでした。(仮設テントで)スタッフが遮っていましたが、彼の小さな腕が見え、血がついていました。でも、ただ見ることができませんでしたし、見たくありませんでした」

     同じ事故は3日前の起きたばかり。各方面からMLB球場はネット拡張すべきとの声が上がっている。記事ではリプスコムさんが「個人的には、安全の確保は観客の責任だとは思いません。もちろん十分に注意はしますが、3歳児にどのように速い打球に気を付けるのか教えることはできません。速い打球が大人の私に飛んできたとしても、どうやって自分を守ればいいのでしょうか」と話したことを伝えている。

     この事故を受け、パイレーツ傘下3Aインディアナポリスは「今夜、幼いファンが一塁ライン際のファウルボールに直撃しました。球場の救命士が処置をし、病院に搬送されました。現時点で、これ以上の詳細は明かせません。ご回復をお祈り申し上げます」と声明を発表した。ファンの誰もが安全に試合観戦を楽しめる環境作りへの対応が急がれる。

    6/4(火) 8:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00396556-fullcount-base


    【<MLB>少女にファウル直撃の3日後に…マイナーでは少年の顔面に打球直撃の「悲劇」】の続きを読む

    スポンサーリンク


    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 kantaiki0219.com)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/05/09(木) 14:45:16.63 ID:q4VCySAb9.net

    2019/5/ 9 12:59
    https://www.j-cast.com/2019/05/09357005.html

     米大リーグ・マリナーズの菊池雄星投手(27)に、禁じられている「松ヤニ」の使用疑惑が現地メディアで取りざたされている。
    ツイッターでは、登板時に被った帽子のツバ裏の写真が拡散され、議論となっている。

    (出典 www.j-cast.com)

    米メディア「12up」公式ツイッターより

    ◇ 対戦チーム監督も認める

     菊池投手は2019年5月8日(日本時間9日)のヤンキース戦に先発し、7回2/3を投げて3安打1失点と好投した。
    だが、米NBCスポーツ電子版は同日、「菊池雄星はどうやら帽子のツバの松ヤニを使ったようだ」との記事を配信し、菊池がこの日のマウンドで松ヤニを使用したとの疑惑を報じた。

     帽子のツバ裏の写真も載っており、茶色い汚れのようなものが付着しているのが確認できる。松ヤニは日本同様、メジャーでも滑り止め効果があるため使用は禁じられている。
    MLB公式サイトでヤンキース番を務めるブライアン・ホック記者も、ツイッターで「(ヤンキース監督の)ブーンは8回に菊池の帽子の裏のその物質(松ヤニ)に気づいた、と話している」と投稿している。

    ◇ 過去には出場停止の事例も

     2014年には当時ヤンキースだったマイケル・ピネダ投手が、試合中に首筋に塗った松ヤニを使い、10日間の出場停止処分となった。

     ツイッターでは現地ファンから批判が寄せられているが、野球コラムニストのデイビット・レノン氏はヤンキースの打者は松ヤニの使用を気にしていないとツイート。すべての選手が程度の差こそされ使用しているためだとしている。
    先の記事でも、菊池の悪かった点は使ったことではなく上手く隠せなかったことだと指摘。全てのチームの投手は松ヤニを使っており、打者も球が滑りづらくなると頭部への暴投の確率が低くなるため気にしていないとしている。
    ★1: 2019/05/09(木) 13:10:48.07


    【【野球】菊池雄星、帽子のツバに使用禁止の「松ヤニ」か…米メディア報じる、写真拡散で物議!】の続きを読む

    スポンサーリンク


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 tk.ismcdn.jp)



    1 豆次郎 ★ :2019/05/07(火) 04:36:59.31 ID:ltUb6f/v9.net

    5/7(火) 4:05配信
    大谷 8日のタイガース戦からチームに合流 球団が発表

     エンゼルスは6日(日本時間7日)、大谷翔平投手(24)が7日(同8日)の敵地タイガース戦からチームに合流すると発表した。

    出場可否については同日午後に最終判断される予定。

     昨年10月に右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受け、キャンプから全体練習とは別メニューでリハビリを続け、4月24日に投手相手の打撃練習「ライブBP」を開始し、ここまで50打席以上を重ねた。

     今季は打者に専念しながら、2020年の投手復帰に向けたリハビリを続ける前例のない挑戦にもなる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00000194-spnannex-base


    【大谷翔平 8日のタイガース戦からチームに合流 球団が発表】の続きを読む

    スポンサーリンク


    このページのトップヘ