高校野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.kochinews.co.jp)



    1 風吹けば名無し

    なんでや?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 風吹けば名無し

    高浪正樹、彼は県立小湊高校のアラサー社会科教師であると同時に、小中高と野球部だった経験を買われ、高校野球部監督を任せられている。

    とはいえ、彼の野球経験は田舎の公立進学校の弱小部で万年控えだった事実に集約されており
    指導者としてはお世辞にも尊敬を集めるだけの器量、熱意、そして技術の論拠があるとは言い難く、かつて「東北公立の古豪」と言われた野球部の設備を完全に腐らせていた。

    しかし、そんな腐った日々は、「10年に1人の天才中学生」と言われ、プロアマ両方から注目を受けていた投手・宮本星矢
    そして彼と同じシニアのチームメイトが小湊高校に入学、野球部に入部申請をしてきたことにより一変する。

    入学早々、星矢が地元メディアの前で高らかに「地元の公立から仲間と一緒に甲子園を目指す」と宣言する中、
    正樹は既にサッカー部重視の路線に切り替えていた学校から、彼らの対応を一任という形で押し付けられてしまう。
    こうして正樹の三年に渡る苦悩、そして成長の日々が始まったのであった。

    ※設定は全てフィクションです。実在の高校、選手、指導者とは全く無関係であるということを認識した上でお楽しみください


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 dot.asahi.com)



    1 ネギうどん ★

     高校野球の全国、地方大会の決勝戦でタイブレーク導入が検討されていることが24日、分かった。日本高野連は今年11月、来年センバツから「1週間で500球以内」の球数制限導入を決定。従来通りに決勝戦が延長15回再試合制となれば、再試合などで主戦投手が500球に達し登板できなくなる可能性もある。勝負と健康管理の両立へ向け、今後議論を重ねる。さらに、サスペンデッドゲームに相当する「継続試合」や、甲子園でのコールドゲーム適用なども検討していく。
     採用が見送られていた春夏の甲子園大会などの全国大会や、地方大会の決勝戦で、タイブレーク導入が検討される運びとなった。アマ球界関係者は「来年、議論の対象となるだろう」と話した。すでに導入の是非を含め、各都道府県高野連の意見の集約が開始されているもようだ。

     タイブレークは18年センバツから導入された。延長13回無死一、二塁から開始し、決着がつくまで繰り返す方式で、過去の甲子園では今夏の星稜―智弁和歌山を含め3度あった。一方で決勝は適用外とされ、従来通り15回まで行い同点の場合は引き分け再試合を行う。導入議論の際、日本高野連の技術・振興委員会原案では決勝でもタイブレーク採用としていたが、現場へのアンケートで「(日本一や甲子園出場を懸けた)決勝は例外にしてほしい」という意見が7割以上に上り、心情を重視して採用を見送った経緯がある。

     しかし、障害予防や健康管理の観点から、日本高野連は今年11月に来年センバツから「1人の投球総数を1週間500球以内」とするなどの投球数制限の実施を決めた。仮に準々決勝以降を考えた場合、決勝戦が再試合となると「6日間で計4試合」を行う。大事な再試合を前に500球に到達するという可能性もある。選手の健康管理とともに、勝負を両立させる案がタイブレーク導入といえる。

     さらに球数制限導入に伴う改革として、いわゆるサスペンデッドゲームに相当する「継続試合」の導入、そして甲子園でのコールドゲーム適用も合わせて検討される可能性が浮上している。これまでは試合成立しない時点での天候不順の場合はノーゲームとなっていたが、その球数もカウントしなければ、選手の健康管理とはならない点など、さまざまな観点から意見集約を進めていくもようだ。

     高野連は球数制限導入の際にも慎重に討議を重ねてきた。早くても21年以降の導入とみられるが、時代とともに変化する気象条件や選手の健康管理への議論はさらに加速しそうだ。

     《06年なら再試合で65球だけに》06年夏の甲子園で決勝再試合を経験した早実・斎藤の時代には準々決勝以降の休養日はなく4連投だった。現行の日程に当てはめてみると、準々決勝から決勝戦までの3試合で435球を投じたため、再試合では65球(500球に到達した対戦中の打者完了まで)しか投げられないことになる。

     《甲子園主なルール変遷》
    (1)18回制(58年夏~)
     58年夏の準々決勝で徳島商・板東英二=写真、魚津・村椿輝雄が18回まで投げ合い0―0。引き分け再試合適用1号。
    (2)15回制(00年春~) 
     98年夏に横浜・松坂大輔が準々決勝で延長17回250球を完投。新たな打ち切りルール設定が議論された。
    (3)休養日(13年夏~)   
     13年春準優勝の済美・安楽智大は初戦の13回232球をはじめ大会通算772球。準々決勝翌日に休養日が設定された。18年夏に金足農・吉田輝星は地方大会から甲子園決勝まで1517球を投げ=写真、19年夏から決勝前日も休養日に。
    (4)タイブレーク制(18年春~)
     明治神宮大会で11年、国体で13年から導入。春季大会では14年から採用され18年から全国一律採用。延長13回以降は無死一、二塁から始め、決着まで続ける(決勝は15回引き分け再試合)。
    (5)球数制限(20年春~)  
     来春センバツから(1)1人の1週間の総投球数を500球以内(2)原則として3連戦を回避(3)「申告敬遠」導入などが決定。

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/12/25/kiji/20191225s00001002047000c.html


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.hanbaishi.com)



    1 バグダッドの夜食 ★

     
    バット握る側で頭たたき、部員に「*」「消えろ」…甲子園6度出場校の監督処分
    https://www.yomiuri.co.jp/sports/koshien/20191225-OYT1T50185/
    読売新聞 2019/12/25 18:29 無断転載禁止


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 media-cdn.tripadvisor.com)



    1 牛丼 ★

    日本高校野球連盟は4日、来春の第92回選抜高校野球大会の21世紀枠候補校として青森県高野連から推薦され、今秋の東北大会で8強入りした東奥義塾が、部員の不祥事を理由に推薦を辞退したと発表した。

     日本高野連によると、部員1人が11月中旬に複数回、生徒1人の財布から現金を盗んだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00000102-jij-spo


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.ytimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    <高校野球練習試合:東海大相模-富士市立>◇30日◇東海大相模グラウンド

    来春センバツ出場が有力視される東海大相模(神奈川)が30日、年内の対外試合を終えた。
    富士市立(静岡)との練習試合で、来秋ドラフト候補の主砲・西川僚祐外野手(2年)は高校通算53号の2ランを右中間に高々と放り込んだ。

    1年終了時に30本到達。「春と夏に打てなかったので」と高校2年目にペースは落ちたが「打席での知識など得たものは大きいです」と自信をつけた。
    希少な右のスラッガー候補は、花咲徳栄(埼玉)の通算47発男・井上朋也外野手(2年)と並ぶ“東の大砲”として、来年はプロが放っておかない存在になる。

    冬の目標は「一番になる」だ。通算44発の山村崇嘉内野手、この日1試合3発の加藤響内野手、U18日本代表の鵜沼魁斗外野手(いずれも2年)らがそろう大型チーム。
    「これだけいるチームで一番の選手にならないと、甲子園では活躍できない」と、一気に突き抜けるつもりでいる。

    チームを日本一に導けば、注目の本塁打数もおのずとついてくる。
    同校の最多本塁打記録は日本ハム大田の65本。
    西川は「そこは超えたいですし、できれば80本くらい」とあえて数字を口にし、鍛錬の冬へと気を引き締めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-11300546-nksports-base
    11/30(土) 17:51配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 www.nikkansports.com)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 storage.tenki.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★

     【高野連 「球数制限」正式決定 】 日本高野連は29日、大阪市内で理事会を開き、来春の第92回選抜高校野球大会(3月19日から13日間、甲子園)を含む春季大会から「1人の投球総数を1週間500球以内」とする投球数制限の実施を決めた。今回の決定を受け、現場の反応はさまざまだ。

     明徳義塾の馬淵史郎監督は「1試合の制限だと代え時が難しいが1週間なら計算できる。1人の投手で勝てる時代でなくなった」と理解を示した。

     昨夏甲子園で吉田輝(現日本ハム)を擁して準優勝した金足農・中泉一豊監督は「やってみないと分からない。野球が変わるイメージがある」と困惑気味。日大三の小倉全由監督は球数制限には同意も、3連戦を回避する日程には「部員が少ないところはどうしても連投しないといけなくなる」と指摘した。今夏甲子園を制した履正社の岡田龍生監督は入学前からの故障予防を訴え「ケガで将来野球を断念することがあってはならない」と話した。

    2019年11月30日 05:30野球
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/11/30/kiji/20191130s00001002035000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.gekkeikan-shop.jp)



    1 ばーど ★

     萩生田光一文部科学相は27日の衆院文部科学委員会で、投手の連投や投げ過ぎが問題視されている高校野球について問われ、「アスリートファーストの観点で言えば、甲子園での夏の大会は無理だと思う」と述べた。

     日本高野連の有識者会議は、春夏の甲子園大会と地方大会を対象に「1週間で500球」の制限を導入するよう答申。近く高野連が理事会を開くことを受けて見解を問われた。

    2019/11/27 12:45 (JST)11/27 12:50 (JST)updated
    https://this.kiji.is/572266814001185889


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 vk.sportsbull.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★



     * * *
     高校野球の名門・天理(奈良)に、1年生の“怪物”現る――。

     大谷翔平(エンゼルス)の登場以来、長身の豪腕投手に“怪物”の呼称が使われるのは食傷気味であるし、チームでエースでもない高校1年生をそう呼んでしまうことにもためらいがある。ただ、それでも192センチの痩身から角度のあるストレートを投じ、強豪相手にも威風堂々とした立ち居振る舞いを見せる様子は、大谷や高校3年時に163キロを投げた佐々木朗希(大船渡)といった先輩モンスターの姿をつい重ねてしまう。

     名前は達(たつ)孝太。誕生日は2004年3月27日で、もし生まれるのが数日遅ければ、まだ中学3年生という15歳である。

     デビューは鮮烈だった。11月4日の秋季近畿大会決勝で、強打の大阪桐蔭を相手に先発し、初回に一発を浴びたものの、8回途中まで4失点。真上から振り下ろされるMAX141キロの直球を主体に、フォークボール、スライダー、カーブを投じて、天理の5年ぶりの近畿制覇に貢献した。

    「初回から飛ばしました。球速は(これまでの自己)最速よりもうちょっと速かったような気がします。相手が相手なんで(笑)、打たれてもいいという覚悟で投げました。緊張はしたんですけど、初回の先頭打者(見逃し三振)で、自分のボールも通用するかなと思いました。ホームランは、相手の力が上だったというだけ。気にしませんでした」

     夏の奈良大会からベンチ入りしてきた達にとって、大阪桐蔭戦が公式戦3試合目の登板で、先発は初めてのこと。しかも、球場入りし、メンバー表交換をし、グラウンドに出てキャッチボールをする直前に先発を聞かされた。同校の中村良二監督によると、余計なことを考えず普段のルーティンに励めるよう、あえて先発を告げなかった。

    「心の準備はできていました。ストレートで押せるところは押し、フォークで三振を狙えるところは三振が取れた。調子は良かった。今日の出来は80点です」

     中村監督も達の期待以上の投球にどこか困惑しているようだった。

    「ほんと、びっくりです。普段の達を知っていたら、誰も今日のような投球をするとは思っていないと思います。ほんと、信じられません」

     ゆったりとしたモーションから強く腕を振る。マッチ棒のように細い身体が今後、大きくなれば球速はグッと増していくだろう。投球フォームを参考にするのはダルビッシュ有(カ*)だという。そう聞くと、顔つきもどことなくダルに似ているように見えてくる。

    「よく言われます(笑)」(達)

     現時点からダルビッシュと同じ舞台に立つことを夢見ている。

    「将来は、メジャーしか考えていません。できたら、高校卒業後、すぐに」

     記憶する限り、高卒即メジャーのプランを高校1年生の段階から口にした球児はひとりもいない。

     達にとって2試合目の先発となったのが、神宮大会の準決勝・中京大中京戦だった。初回から天理が得点を重ねれば、達が失点する展開が続き、8対5と天理がリードして迎えた8回裏――。達が無死一、二塁のピンチを招いたところで、降板となった。

     冷え込みのせいか大阪桐蔭戦に比べて真っ直ぐの球速が出ておらず、130キロ前後にとどまった。制球も不安定で、7四球を与えた。

    「いつものマウンドと比べて、(神宮球場は)赤土で、マウンドが固くて、感覚がぜんぜん掴めなかったです。ストレートが良くなかったので、今日は変化球主体でした」

     達が降板したあとに天理は中京大中京に逆転を許し、秋の日本一には届かなかった(延長10回9対10で敗戦)。達は今冬の課題をこう話した。

    「もっと体重を増やしたいです。スピードとコントロールのためにも。球速は高校3年間で最低でも151キロには到達したいです」

     近畿を制し、神宮大会に出場したことで、来春の選抜出場はほぼ確実だ。神宮大会で背番号「18」をつけた達は、チーム内では2番手、3番手の先発投手に位置づけられる。来春のセンバツからは、「球数制限」が導入されることもあり、頂点を目指す上では、マウンドを任せられる投手を複数育てることが絶対条件となる。達の成長が、天理を全国制覇に近づけることだろう。

    (全文はソースでご確認下さい)

    2019.11.21 16:00
    https://www.news-postseven.com/archives/20191121_1492377.html?DETAIL

    (出典 www.news-postseven.com)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 rz.potaru.com)



    1 バグダッドの夜食 ★

     
    第五十回記念 明治神宮野球大会

    1回戦 星稜高 - 明徳義塾高
    11月15日(金) 第2試合

    明徳義塾8−5星稜

    詳細はリンク先をご覧ください。
    https://www.student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2019&gid=12&gd=2019-11-15&gnd=2&vs=ZU1
    https://www.student-baseball.or.jp/game/jingu/index.php
    (日本学生野球協会)


    続きを読む

    このページのトップヘ