西武ライオンズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、東京都江東区出身(出生地は青森県青森市)のプロ野球選手(投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 「平成の怪物」と呼ばれ、21世紀初の沢村栄治賞を受賞。甲子園優勝、パリーグ優勝、日本シリーズ優勝、ワールドシリーズ優勝、WBC優勝を経験して
    124キロバイト (16,391 語) - 2019年11月8日 (金) 22:15



    (出典 www.tokyo-np.co.jp)



    1 バグダッドの夜食 ★

     
    詳細はリンク先をご覧ください。

    松坂西武復帰へ
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1573231313/
    松坂 14年ぶり西武復帰へ!メッツ以来2度目の背番16決定的 減俸も受け入れ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-00000000-spnannex-base
    (スポニチアネックス 11/9(土) 4:00配信)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 portal.st-img.jp)



    1 ひかり ★

     西武・秋山翔吾外野手(31)が29日、メジャー挑戦を視野に入れて、海外フリーエージェント(FA)権を行使することを表明した。

     「昨日、海外フリーエージェント権の行使を球団に伝えたことを報告させていただきます。9年間一緒に戦ってきた監督、コーチ、チームメート、
    そしてファンの皆さんのことを思うと何とお礼を申せばいいか分かりません」

     プレミア12に臨む侍ジャパンの2次合宿地である沖縄で会見した。「侍ジャパンに呼んでいただき、大会を通じて、最高峰のレベルと言われる
    メジャーリーグを意識した」と代表での国際大会に参加したことが、決断への一つのきっかけとなったことを明かした。

     「自分がどこに行きたいよりも、自分を必要としてくれる球団があるのか不安もある。今は権利を行使するということを決めたということだけです」と
    秋山。

     家族である夫人とも相談を重ね、決断を尊重するという後押しをもらったという。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00000154-spnannex-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

    西武秋山翔吾外野手(31)が、29日に海外フリーエージェント(FA)権の行使を表明する。

    複数の関係者によると、球団側へ正式に申し入れ、申請手続きに入る。
    侍ジャパンの一員として合宿を行う沖縄・那覇で、権利取得後、初めて決断に至った思いを明らかにする。
    宮崎合宿中の24日には「言わなきゃいけないときはくるので」と話すにとどめたが、ついに本格的にメジャー挑戦へ動きだす。

    申請期限は11月1日だが、プレミア12で世界一を目指すチームへの配慮も背景にあり、強化試合前のタイミングでの表明になるようだ。
    すでに水面下でメジャーのマリナーズ、パドレス、Dバックス、カ*などが調査を進める。
    国内では楽天とソフトバンクが獲得調査を開始。
    ここまでの交渉で条件提示を受けた西武残留も含め、国内外での争奪戦が11月3日のFA交渉解禁後、表面化していく。

    この日は、練習後に普及振興活動「みらいの侍」で地元・城岳小学校を訪問。授業を通して夢を語り、野球教室で子どもと触れ合った。
    一方で自身の夢について問われると、言葉を詰まらせ「もうちょっと待ってください」と苦笑い。
    権利取得から約2カ月、自らの口で明らかにする。

    10/29(火) 5:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-10280615-nksports-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 hochi.news)



    1 砂漠のマスカレード ★

    西武の助っ人、エルネスト・メヒア内野手(33)の去就が注目を集めている。

    推定年俸5億円プラス出来高の長距離砲は、今オフで西武との3年契約が満了。
    今季は来日6年目で最少の75試合の出場で打率2割1分1厘、6本塁打、31打点にとどまったこともあり、西武は大幅減俸での残留を前提に交渉を進めている。
    だが、メヒア側は態度を保留。他球団への移籍を視野に、熟考を重ねている。

    かねてメヒアは西武に愛着があり「できることならこのチームで選手生活を終えたい」と話していた。
    それがなぜ、残留要請があったにもかかわらず移籍にかじを切ろうとしているのか。ソフトバンクとのCSファイナルに敗れた直後、本人は本紙にこう語っていた。

    「今もチーム(西武)を愛している。でも、今季のような起用法では自分の居場所はない。試合に出て結果が伴わないのであれば、何も言わない。
    でも、今年に限って言えば出場機会がもらえなかった。このチームには素晴らしい打者が揃っているとはいえ、体調も良く状態がいいのに試合に出られないのはつらい。
    それなら環境を変えた方がいいのかなと。最近はそう考えているんだ」

    今季は2018年オフに手術した左手首の影響もあり、開幕は二軍スタート。
    一軍に呼ばれてもシーズン終盤まで主に代打での起用だった。この冷遇がこれまでの「西武愛」を惑わせているのだろう。

    こうした事情を察知してか、他球団もメヒアの調査に余念がない。
    真面目な性格で日本野球に順応していることから、すでに複数球団が水面下で獲得に向けて動き出している。
    出場機会を望む本人の意向次第では、来季ユニホームが替わる可能性は十分にあり得る。

    「今自分は33歳。現役選手としてプレーできるのはあと2~3年。
    もう金銭や契約条件は関係ない。後悔しない野球人生を送るためにも来季についてよく考えたい」。
    現在米国の自宅でオフを過ごすメヒア。果たして来季はどのチームでプレーするのか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00000027-tospoweb-base
    10/26(土) 16:40配信

    http://npb.jp/bis/players/83385139.html
    成績


    (出典 Youtube)

    埼玉西武ライオンズ エルネスト メヒア応援歌 大迫力!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 spread-sports.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

    いつまでもあると思うな親とカネ――とはよく言ったものだが、いつまで経っても親の金銭トラブルに頭を抱えるのは、
    西武ライオンズの松井稼頭央・2軍監督(43)。またぞろ“不肖”の父親の「詐欺」が発覚し、リーグ連覇の余韻に浸ることもできないようで。

    憤りを隠せないのは食肉卸業を営む男性だ。

    「彼のやったことは間違いなく“詐欺”です。いまとなっては“息子”の名前を信頼してしまったことが悔やまれますよ。
    一緒に食事をした時も、彼は“息子”のサイン入りのバットを見せびらかしていました」

    この社長の言う“息子”とは松井2軍監督に他ならない。そして、問題は彼の父親・勇次氏である。

    昨季で現役生活にピリオドを打った日本を代表する遊撃手は、引退直後から西武の2軍監督を任されている。しかも、

    「球団は松井を買っていて、次期1軍監督の最有力候補に考えています。
    辻発彦監督の契約は来季で切れるため、その後釜となる可能性は高い」(スポーツ紙記者)

    そんな順風満帆の「第二の人生」に水を差しかねないのが、過去にも借金問題や自己破産が取り沙汰された父親による、新たな金銭トラブルなのだ。

    先の社長が振り返る。

    「私が松井勇次と出会ったのは6年前。個人で食肉卸をしている人物だと紹介されたのです。
    当時から“僕は松井稼頭央の父親なんですよ”と公言していましたね。まもなく月に2回ほど食事をする間柄になりましたが、一昨年7月に問題が起きた。
    発端は、彼が“3500万円分の飛騨牛を仕入れて卸し先も決まっている。
    10日後に利益の595万円を支払うので、明日までに清算してほしい”と持ちかけてきたことでした」

    「息子に借りた」

    この時、勇次氏は仕入れ伝票や注文書などを揃えてきたという。

    「いま思えば偽造だったのですが、すっかり信用して3500万円を渡してしまった。その日から、彼は銀座のクラブで豪遊するようになりました」

    しかし、「10日後」になっても一向にカネは振り込まれない。疑惑は深まったが勇次氏と連絡が取れなくなり、ようやく話し合いの場が設けられたのは昨年8月半ばのことだった。

    「そこで、この仕入れ話が全くのウソだと分かった。しかも、私がかつて勤めていた会社が融資した、550万円を着服していたことも認めた。
    その場で、着服した金と飛騨牛の仕入れ金、利益を合わせて4645万円を8月末までに返済する契約書を作りました」

    だが、結局はこの約束も反故にされ、挙句に本人は雲隠れしてしまう。

    その後、どうにか携帯が繋がると勇次氏は社長にこう告げたという。

    「“稼頭央に頼んで返済の目途がつきました。ひとまず息子に借りた1千万円を渡します”と。
    息子が肩代わりするのであればと納得して、指定された日に三菱UFJ銀行の小金井支店まで足を運びました。
    ところが、その直前になって“対応できません”というショートメールが届きまして……。現在は完全に音信不通の状態です」

    西武第二球場での練習の合間に、父親の「詐欺」について松井監督に問うと、

    「知らないです」

    と語るのみ。電車での帰途、再び声をかけると、

    「全く知らないんです。連絡も取っていませんから」

    先の社長の弁護士は、

    「詐欺や着服については本人も認めているため、民事訴訟や刑事告訴に向けていつでも動ける状態です。
    あくまでも勇次さんのトラブルなので稼頭央さんの責任を問うことは難しいですが、球団を通じて返済交渉をすることは考えられます」

    親子は断絶状態のようで、松井監督には気の毒という他ない。CSで敗退したいま、「次期監督」だけは今後のチーム構想ではなく、父親の行状に頭を悩ませている。

    今後、新たな「被害者」が出なければいいが……。

    「週刊新潮」2019年10月17日号 掲載

    新潮社

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191019-00588082-shincho-base
    10/19(土) 8:02配信

    https://nipponbaseball.web.fc2.com/personal/batter/matsui_kazuo.html
    成績 年俸


    (出典 Youtube)

    西武松井稼頭央公式戦で最後の西武ドームの打席 懐かしの登場曲~応援歌 ホーム最終戦 2018/9.29


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

    先日、知人から電話があった。詳しくは書けないが、ア・リーグ西海岸の球団のスカウトだ。

     聞けば、海外FAを行使して今オフ、メジャー挑戦の可能性がある秋山翔吾(31=西武)の代理人を教えて欲しいという。ある大手代理人事務所が有力と聞いていたのでその旨を教えると、「ありがとう!」と、ひと言あって、電話は切れた。

     秋山は日本のプロ野球界で、走攻守と三拍子そろった中堅手として評価されている。打球の判断がいいから守備範囲は広いし、コンスタントに安打を重ねるだけの技術もある。年齢、長打力、肩の強さで割引が必要とはいえ、メジャーでも需要はある。わたしの球団は外野が埋まっているだけに秋山に触手を伸ばすつもりはないが……。

     今季年俸は2億3490万円。メジャーでも外野が手薄な球団はそれなりにあるから、どうしても中堅手が欲しいというチームは、最大で「2年10億円」程度は出すかもしれない。

     もっとも、西武は秋山の引き留めに「4年20億円」とも「5年25億円」ともいわれる条件を用意しているらしいから、金額の多寡だけを考慮すれば残留した方が得策かもしれない。

     31歳という年齢を考えると、契約年数は2年が精いっぱい。3年目を付けるとしても、球団のオプションになるだろう。

     それでも今オフ、日本からメジャー挑戦する可能性のある選手で、それなりの需要がありそうなのはこの秋山くらいか。

     ソフトバンクの千賀滉大(26)は球団が来オフのポスティングを認めるとは思えない。広島の菊池涼介(29)は内野守備は文句なしでも打撃が物足りないし、DeNAの筒香嘉智(27)は守備も打撃もサッパリ。44本塁打した2016年の成績を維持していればまだしも、今季は29本塁打。あの守備力では、よほど打ちまくらない限り評価しづらい。

     それなら来季以降、メジャーが飛び付きたくなるような大物がいるかといえば、そうでもない。強いていえば、広島の鈴木誠也(25)くらいだろう。

     メジャーで活躍するような日本人選手は、プロ野球界で圧倒的な成績を残してきた。ダルビッシュ(カ*)は防御率が5年連続1点台、田中将大(ヤンキース)は24勝0敗1S、大谷翔平(エンゼルス)は二刀流で165キロをマークした。野手にしても松井秀喜は50本塁打、岩村明憲は44本塁打、松井稼頭央は3割、30本、30盗塁……。日本球界で飛び抜けた成績を残した彼らですらメジャーでは苦労したのだ。

     それを考えると、今後2、3年は、日本で目の色を変えて選手を追い掛ける必要はないという気もしてくるのだ。

    10/6(日) 9:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00000012-nkgendai-base

    http://npb.jp/bis/players/31135133.html
    成績


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



    1 風吹けば名無し

    西武でよかったな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 baseball-matome.tokyo)



    1 風吹けば名無し

    じゃあ本当に阪神がとっても良かったのかよ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.asahicom.jp)



    1 風吹けば名無し :2019/07/04(木) 18:36:08.97 ID:UMTrvt8aa.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-00000011-ykf-spo
    候補とみられるのが2014年にパ・リーグ本塁打王に輝いた西武のエルネスト・メヒア内野手(34)。
    過去にも阪神が獲得に動いたことはあるものの、複数年契約と
    推定年俸5億円がネックとなり断念。現在は足の速い選手を好む辻監督の下では
    レギュラー扱いされず今季も出場は39試合止まりで代打要員や下位での先発に甘んじている。

    来日6年目で、今季は3年契約の最終年。某セ球団編成担当は
    「西武としては半年分の給料を肩代わりしてくれるなら、放出に支障はないだろう。
    資金豊富な阪神なら金銭トレードでの獲得は十分可能」とみる。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 sp.seibulions.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/24(月) 12:50:55.55 ID:isB+7J3r9.net

    ◆日本生命セ・パ交流戦 阪神3―7西武(23日・甲子園)

    元楽天監督の野村克也氏(83)が24日深夜に放送されたTBS系「S☆1」(日曜・深夜0時)に出演。「ファン」と公言する西武・秋山と対面し、バットコントロールを絶賛した。

    試合前、あいさつに来きた秋山に「ファンだから」とポツリ。秋山は「それはもうありがたいです。ヒゲだけ生やさない様に」と恐縮しきり。

    「俺が監督やってる時は茶髪禁止だから」と話していると、昨年のホームラン王・山川があいさつに訪れ「その頭をなんとかせいコラ!スター選手の頭じゃないよ」と茶髪を一喝した。

    5回2死二塁から秋山がレフトへ適時打を放つと「キャッチャーをしてたら嫌なバッターだよ。『秋山の前にランナー出すな』そういう指示を出したくなるね。頭も良さそうだね」と絶賛していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-00000062-sph-base
    6/24(月) 11:39配信


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    続きを読む

    このページのトップヘ