藤浪晋太郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

    藤浪は今季初の対外試合に先発し最速154キロをマーク

    阪神の藤浪晋太郎投手が9日、日本ハムとの練習試合に先発。今季初の対外試合は最速154キロをマークするなど2回無安打無失点、1奪三振の好投を見せた。

    復活を目指す藤浪の注目の立ち上がり。初回は先頭の松本をフルカウントから154キロの直球が外れ四球を与える。
    だが、続く石井を147キロの直球で二ゴロ、王柏融を150キロの内角直球で三振、最後は横尾を遊ゴロに抑え無失点で切り抜ける。

    2回は先頭の渡辺を二ゴロ、海老原に四球を与えると高浜は130キロの変化球で三ゴロ併殺に仕留め予定された2イニングを無安打無失点、1奪三振2四球で終えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-00684303-fullcount-base
    2/9(日) 13:34配信


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 風吹けば名無し

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-00000094-spnannex-base
     大きく抜けたり、引っかける球はなく、梅野のリードで左打者の内角を何度もついた。制球に苦しみ、自滅する姿はなかった。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 hochi.news)



    1 風吹けば名無し

    沖縄・宜野座での阪神春季キャンプ4日目に、シート打撃が行われた。今季完全復活を期す藤浪晋太郎投手(25)が登板。5打者に対戦し、12球を投げて、2安打1四球。球場表示で最速は154キロだった。

    【写真】西純矢とキャッチボールを行う山本昌臨時投手コーチ

       ◇   ◇   ◇

    山本昌臨時コーチも安芸で藤浪の投球内容を伝え聞いた。「これも本人の努力。僕がどうこうはない。あれだけの投手。いい方向に向かったらスッといく。一番のネックである、抜け球が減ること。現状、何本ヒットが出たとか四球を出したとか関係ない」。

    5日に2軍安芸での指導を終えて再び沖縄入り。7日から第2クールも指導する。「一番の不安要素を取り除くための準備は彼が一生懸命してきた」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200204-02040892-nksports-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.nikkansports.com)



    1 風吹けば名無し

    投球中には左足の着地を気にかける場面もあったが、幸い大事には至らず「ちょっと左足をひねるというか、詰まったみたいになって。でも(状態は)大丈夫そうです。(追加投球は)左足の確認。いい感じで終わりたかったので」と説明。
    昨秋キャンプでも指導を受けた山本昌氏からは「昨秋から確実に進歩している。腕が通る位置が安定している」と評価された。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200201-02011020-nksports-base

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 baseballgate.jp)



    1 風吹けば名無し

    今年は違うで! 阪神藤浪晋太郎投手(25)が29日、沖縄・宜野座で始まった先乗り合同自主トレに参加し、課題の制球力向上をアピールした。

    ブルペンで投球練習し、受けた梅野隆太郎捕手(28)が「めちゃめちゃ良かった」と絶賛。昨年プロ初の未勝利に終わった右腕に、完全復活の道が開けた。

       ◇   ◇   ◇

    白球がキャッチャーミットに収まる音がブルペンに響き渡った。腕の角度、足元の動きを確認しながら、藤浪が黙々と50球を投げた。
    「継続です。特に変わったことはしていない」。
    沖縄・宜野座で迎えた先乗り組の自主トレ初日。右腕はさらりと振り返ったが、持ち前の球威はそのままに、課題である制球で安定感を見せた。
    背水の決意で臨む春季キャンプ。完全復活はあるのか。試行錯誤の右腕に対し、心強い「証言」があった。

    捕手を務めた女房役の梅野が興奮まじりに話した。
    「今日はめちゃめちゃ良かった。イメージ通り。最初にしてはできあがりすぎくらい。びっくりするくらい球も速かった」。
    全50球のうち、抜け球はほとんどなく梅野のミットに収まった。言葉を続けた。
    「悪い球でもストライクになる球が多かった。ベストな球も今まで以上に多かったし、何球も続いていた。本当にめちゃめちゃ良かった」と賛辞を繰り返した。
    例年、春季キャンプ前の自主トレで藤浪の球を受けている。
    「全然、全然、変わってる。『そりゃないだろ~』という球もそんなに多くないし」。普段から率直に感想を話す虎の正捕手が昨年までとの違いを感じ取った。

    昨年はプロ初の未勝利に終わった。復活への兆しが見えない状況で、秋季キャンプでは山本昌臨時コーチの指導を受けた。
    オフには沖縄で米国のトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」の最先端技術で投球動作を解析。その成果が表れつつある。
    梅野は「あいつ(藤浪)もイメージ通りに投げてたと思うし、受けてた方もイメージ通りの球」と太鼓判を押した。

    藤浪自身はこの日の投球で全球種を試し、中でもツーシームに手応えを感じた。
    「もともと投げてる球種なので、新球種ってわけではないですけど」。課題の制球が安定すれば、藤浪の速球にツーシームの組み合わせは相手打者にとっては脅威になる。
    「変わらないです。いい感じです」。言葉は少ないが、復活にかける思いがにじみ出た。【只松憲】

    https://www.nikkansports.com/baseball/news/202001290000824.html


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 gtomoblog.com)



    1 風吹けば名無し


    (出典 Youtube)


    藤浪めっちゃ嬉しそう


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 pbs.twimg.com)



    1 風吹けば名無し

     阪神の藤浪晋太郎投手(25)が21日、鳴尾浜球場でブルペン入りし、弾道測定器「トラックマン」で直球の球速152キロを計測した。
    巻き返しを期すシーズンへ向けて並々ならぬ気合で調整を進める右腕。周囲を驚がくさせる“爆速”仕上げで、キャンプインするつもりだ。
     ここは1月中旬の寒風吹きすさぶ鳴尾浜球場で間違いない…。
    そんな当たり前の確認が必要なほど、藤浪が1人だけ“スピード感”の違う別格のパフォーマンスを披露した。

     152キロ――。チームメート、球団スタッフらも驚嘆する信じられない数字が叩き出された。
    キャッチボールを終えると、早々と鳴尾浜球場のブルペンへ。
    この日は春季キャンプで1、2軍そろって導入されることが決まっている「ポータブルトラックマン」による計測も行っていた。

     セットポジションから腕を振り直球を投じていくと、球速などが即座に表示されるタブレット端末を持った小宮山ブルペン捕手と、
    その数値を気にしていた坂本らから驚嘆の声が漏れ始める。その中の1球が152キロを計測したという。
    視察していた香田2軍投手コーチも「何球も150キロ超えたね。速かった」と目を細めた。

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/01/22/kiji/20200122s00001173011000c.html


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 風吹けば名無し

    時が経つのは早いやね
    なんでこんな事になったんやろ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 hochi.news)



    1 風吹けば名無し

    阪神が“藤浪復活”に向けて待ったなしの状況に追い込まれている。

    プロ入り後初めて0勝に終わった悩める右腕のため、矢野監督は秋季キャンプの臨時コーチとして山本昌氏(野球評論家)を招聘。
    「手首を立てろ!」などプロ通算219勝のレジェンド左腕による手取り足取りの熱血指導により「自分の発想にはない話だった。いい話を聞けた」と手応えをつかんだようだ。

    ただ、復活に自信ありなのは藤浪本人だけではない。実は山本氏自身が親しい関係者に「俺ならば復活させることができる。そのための知識は持っている」と豪語しているというのだ。
    そんなありがたい言葉にチーム関係者は「あれだけの実績を持つ方がそこまで言ってくれるのは本当に心強い。うちのスタッフだけでは手詰まりになっていたから…」とニンマリだ。

    しかし、いいことずくめとは限らない。これで藤浪が今季も大コケとなれば、意を決して他球団である阪神の臨時コーチを務めた山本氏の顔に泥を塗ることにもなりかねない。
    別のスタッフは「昌さんがこれだけ言ってくれているのに藤浪が復活できなかったらと思うと…。恥をかかせるわけにはいかない、何が何でも復活してもらわないと」と声を大にする。

    秋季キャンプでの指導がナインから大好評とあってすでに春季キャンプでの“再登板”は決定済み。沖縄でも山本氏から熱血指導を受けることになる藤浪だが、今年こそ完全復活するしかない。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000015-tospoweb-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 風吹けば名無し

    阪神・藤浪晋太郎投手(25)が11日、今年初めて鳴尾浜でブルペン入りした。セットポジションから直球だけでなく、カーブ、スライダー、カット、フォークと変化球を交えながら37球。乾いた捕球音が示すように手応えは十分。
    今年から転身した小宮山ブルペン捕手のミットに力強いボールが収まっていく。荒れ球はほとんどない。「僕からいうことじゃない」といいつつも球威、キレのある投球に「皆さん、見ての通りエグかったでしょう」と好感触を口にした。


    続きを読む

    このページのトップヘ