阪神タイガース OB

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www3.nhk.or.jp)



    1 風吹けば名無し

    https://www.daily.co.jp/baseball/2019/09/07/0012678229.shtml

     「大阪秋季大会・1回戦、履正社30-0八尾北」(7日、豊中ローズ球場)

     今夏の甲子園王者に輝いた履正社が大会後初の公式戦に出場し、圧倒的な力の差を見せつけた。

     新チームの主将を任された元阪神・関本賢太郎氏の長男、関本勇輔捕手(2年)が、2本塁打を含む4安打11打点の大活躍で勝利に貢献。

     初回無死一、二塁の場面であいさつ代わりの3ランを放つと、再び巡ってきた2死満塁のチャンスで、走者一掃の右越え三塁打を浴びせ、
    この回一挙12得点。さらに、二回にも2ラン。四回にも走者一掃の左線二塁打を放つなど、最後まで攻撃の手を緩めなかった。

     「日本一のプレッシャーは覚悟しています。自分たちの野球ができるように、1人も違う方向を向かないように、
    しっかり引っ張っていきたい」と意気込んだ新主将。偉大な先輩たちの思いを背負って、この秋大きく成長してみせる。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 antique-rasisa.com)



    1 名無し募集中。。。

    ホームラン
    86 9
    87 12
    88 5

    なんで打てなくなったのか謎過ぎるんだが、しかもフル出場も出来てない


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 cdn.asagei.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    さらばミスタータイガース…。阪神のオーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA)、掛布雅之氏(64)が、今季限りで退団する方向であることが1日、明らかになった。
    契約の満了に伴うもので、球団から引退勧告を受けた鳥谷敬内野手(38)に続く激震。
    2人のレジェンドが相次いでタテジマに別れを告げることになる。

    タテジマとの別れのときを迎えるのは、鳥谷だけでなかった。
    今季はオーナー付SEAとして、球団、現場に助言をしていた掛布氏の退団も決定的になっていることが分かった。

    関係者の話を総合すると、昨オフの契約更新の際、球団幹部が「これが最後になります」と掛布氏にラストイヤーになることを伝えていたという。
    球団幹部は今オフの退団を「既定路線です」と認めた。

    3度の本塁打王に輝き、ミスタータイガースとして1985年の日本一に貢献した掛布氏は、88年に現役を引退。
    以降は他球団のユニホームを着ずにネット裏から阪神を見守ってきた。

    球団から長く遠ざかっていた掛布氏の阪神復帰は、2012年秋、ゼネラルマネジャー(GM)に就任した中村勝広氏(当時、故人)が坂井信也オーナー(当時、現電鉄相談役)に強く進言して実現したものだった。
    中村GMは、掛布氏の卓越した打撃理論、指導力を高く評価。
    若手の打撃向上を目的とし、13年秋、GM付育成&打撃コーディネーター(Development&Coordinator=DC)として、25年ぶりに復帰した。
    GMの統括下で2軍中心に指導、助言をすることになった。

    15年秋には中村GMが急逝。掛布氏は球団本部付という立場になった。同年オフに金本知憲氏が監督に就任。
    新監督の要望で2軍監督に就いた。
    代名詞の背番号31でグラウンドに立つ姿に虎党は沸き立ち、甲子園での2軍公式戦には1万人以上が駆け付けた。
    だが、若手を猛練習で追い込みたい1軍と、選手の自主性を尊重したい2軍の間で方針の食い違いが生まれた。
    17年オフ、掛布2軍監督が退任し、坂井信也オーナー付のSEAとなった。

    現場を退いた後も掛布氏はアドバイザーとして、解説業をこなしながらもグラウンドに姿を見せ、今季も不振の大山にアドバイスを送るなど、側面からの現場支援を続けていた。
    今回の処遇はオーナー交代が決定打となった。昨秋、坂井オーナーが退任し、藤原崇起新オーナー(電鉄本社会長)が就任。
    掛布氏の処遇はいったん新オーナーに引き継がれたが、契約延長は当初から1年限りの予定だった。

    ファンとマスコミを大切にし、生え抜き最大のビッグネームである掛布氏に対する監督就任待望論は大きかった。
    だが、在籍6年間、一度も1軍の監督、コーチのユニホームも着ることはなかった。
    8月29日に引退勧告を受けた鳥谷に続く衝撃。球団の記録とファンの記憶に残るレジェンドが相次いで、タテジマを去る。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00000502-sanspo-base
    9/2(月) 3:00配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 image.middle-edge.jp)

    h
    (出典 rr.img.naver.jp)
    &twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 風吹けば名無し


    (出典 imgur.com)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 hochi.news)



    1 風吹けば名無し

    逆転の伏線となったのは、1失点してなお無死1、2塁で鈴木を迎えた場面。鈴木の平凡な3ゴロを大山が弾いて併殺を取れず、2塁封殺のみ。1死1、3塁とランナーが残り逆転につながった。
    このプレーのあと苦笑いを浮かべた大山の表情をカメラがとらえた。広澤氏は「大山がランナーの菊池と顔を合わせてニコッと笑ったのは気に入らないね。あそこで笑っちゃダメだよね」と苦言を呈した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-00010000-suntvv-l28


    続きを読む

    このページのトップヘ