横浜DeNAベイスターズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.ytimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    ディー・エヌ・エー(DeNA)が2月5日発表した2020年3月期第3四半期(2019年4月~12月)決算(国際会計基準)は、
    最終的なもうけを示す純損益が501億円の赤字になりました。前年同期は80億円の黒字でした。

    【DeNAの今後のゲーム事業の方針】

    ゲーム事業で実績が前期を下回って推移していることなどから、のれんやソフトウェアなどゲーム事業にかかわる資産の減損損失として約480億円の計上を迫られたことが要因です。
    業績の落ち込みに伴い、回収の可能性が低くなった繰延税金資産の一部を取り崩した結果、多額の最終赤字に転落しました。

    ただ、DeNAは「減損損失は一時的なものであり、キャッシュアウトは伴わないため、財務基盤への影響はない」と説明しています。

    売上収益は3.7%減の911億円。本業のもうけを示す営業損益は441億円の赤字(前年同期は85億円の黒字)に転落しました。

    通期の業績予想は「合理的な数値の算出が困難」として開示していませんが、通期で営業赤字に転落する見通しだとしています。

    巨額の赤字転落を受け、南場智子代表取締役会長、守安功代表取締役社長兼CEOは役員報酬の50%を3カ月間返上するとのことです。

    ○ゲーム事業は減収減益

    横浜ベイスターズなどで知られるスポーツ事業は好調な一方、本業のゲーム事業は売上収益が3.8%減の601億円、セグメント利益は32.6%減の89億円と、減収の上に大幅な減益となっています。

    同社はゲーム事業について、

    新たにリリースしたタイトルが貢献を始めたものの、既存タイトルを中心とした事業運営となり、ユーザ消費額は前年同期比で減少し、前年同期比で減収減益となりました。

     ──と説明しています。今後、ゲーム事業の収益基盤の再強化に取り組む方針です。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-00000061-it_nlab-sci
    2/5(水) 15:49配信


    (出典 Youtube)

    熱き星たちよ2019


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.daily.jp)



    1 1号 ★

     DeNAのラミレス監督(45)が23日、新潟市内でトークショーを行い、就任以来、4年連続負け越している阪神戦について「間違いなく今年はいい結果を残さないといけない。最低5割で優勝が見えてくる」と逆襲を誓った。

     苦笑いを浮かべていた。司会者から、昨年阪神戦に8勝16敗1分けと大幅に負け越したことを聞かれ「これは今触れないとだめですか?」と苦笑い。その後「毎回、阪神のことを話すと悪夢がよみがえる」と続けた。
     理由を聞かれ「4年間、勝てていない。なぜ勝てないのか。選手、戦力、技術が阪神の方が決して優れているというわけではない。なぜか勝てない。7回まで勝っていてもまだ何かあるかなと、、、。なぜか勝てない。誰もわからないかなと、、」と首をかしげるしかなかった。
     対策を聞かれ「何かを変えないといけない、間違いなく今年はいい結果を出さないといけない。ローテ、スタメンを変えてみたりして、最低5割で優勝が見えてくる」と相性を重視した采配で悪夢から目覚めるつもりだ。

    2020年1月23日 21時38分
    https://hochi.news/articles/20200123-OHT1T50206.html


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 baseballking.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

    ◇26日 NPBアワーズ2019 supported by リポビタンD

    セーブ王に輝いたDeNAの山崎は、球団では1995年から4年連続の佐々木主浩以来となる2年連続受賞。
    7月に26歳9カ月の最年少で150セーブをマークした右腕は「佐々木さんと比べるとまだまだ実力不足ですけれど、もっともっと力強い姿を見せたい」とうなずいた。
    来季は大リーグに挑戦する筒香の退団が濃厚なだけに「チームを引っ張っていける存在として胸張って投げて行きたい」。
    絶対的守護神が22年ぶりの優勝へチームをけん引する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00010056-chuspo-base
    11/26(火) 22:39配信

    http://npb.jp/bis/players/41845130.html
    成績


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 baseballchanneljp.akamaized.net)



    1 風吹けば名無し

    ――続いて苦しい戦いが続いた阪神についてですが、昨シーズン(8勝17敗)やそれ以前の結果を受けてどんな対策を講じていたのですか?

    「今シーズンは、阪神戦で結果を出している選手を中心に起用しました。
    とくにリリーフ陣では、対戦成績があまりよくない三嶋(一輝)と(エドウィン・)エスコバーの起用を控え、成績が悪くない国吉(佑樹)と山?(康晃)を積極的に当てていきました。
    それでも、そのふたりばかりを投げさせるわけにはいかないので、投手起用はさらなる対策が必要ですね」

    ――今シーズンの阪神は、得点数がリーグワースト(538)だったように、決して打撃が好調だったわけではなかったと思いますが。

    「確かに打ち負けた印象はありませんが、阪神には近本(光司)選手をはじめとして足が速い選手が多く、走塁でプレッシャーをかけられてしまいました。
    そういったランナーが一塁にいると、二盗だけでなく、三盗までケアをしないといけませんでしたから。各ピッチャーのクイックに磨きをかけるなどして、そこを克服していきたいです」

    ――攻撃面に関してはいかがですか? 今シーズンは、これまで苦手としていたランディ・メッセンジャー投手との対戦が3試合で、藤浪晋太郎投手との対戦はありませんでしたが。

    「阪神の先発投手に対しては、ある程度食らいつくことができていたと思います。ただ、強力なリリーフ陣を攻略することが難しかったですね。
    うちの出塁率の高い選手は走力があまり高くないですし、キャッチャーの梅野(隆太郎)選手の肩もいいので、必然とヒットを重ねて得点をするしかなくなります。
    ですが、あの投手陣に対して、シングルヒットだと最低でも3本を打たないといけないとなると厳しいですね」

    ――何か打開策はあるのでしょうか。

    「走塁技術を高めることもそうですが、ランナーを送るべき時にしっかりバントを決める、進塁打を打つといった、基本となる攻めの精度を高めることに尽きます。
    それが他のチームとの試合でも生かされるでしょうし、阪神の攻守のデータも取れていますから、来シーズンはより期待感のある戦いを見せられると思っています」


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 cdn.hb-nippon.com)


    筒香嘉智×前田智徳

    (出典 Youtube)



    1 砂漠のマスカレード ★

    【スコッツデール(米アリゾナ州)12日(日本時間13日)=四竈衛、斎藤庸裕】

    ポスティングシステムでのメジャー移籍を目指すDeNA筒香嘉智外野手(27)に、ブルージェイズなど複数球団が高い関心を示した。

    GM(ゼネラルマネジャー)会議2日目、代理人ジョエル・ウルフ氏が既に7、8球団と情報交換済みと明言。
    中でもブ軍のGMは筒香の応援歌にも興味を示すなど本気度を伺わせた。
    今週末にも申請を行い、DeNA残留も選択肢に入れ、交渉を本格化する。

      ◇  ◇  ◇

    カナダのトロントで「Go!Go!TSUTSUGO!」が聞けるかも!? GM会議開催中のリゾートホテルで、ブルージェイズのアトキンスGMが筒香を高く評価した。
    「素晴らしい打者。優れた才能がある」と印象を明かした上で、「見ていて本当に楽しい。我々は彼が打席に入った時の応援歌が大好きだ」。
    ♪横浜の空高く~ で始まるハマスタの“アンセム”的な応援歌を引き合いに出すほど、熱を帯びた。

    ア・リーグ東地区のブ軍は再建中のチームで、打者ではゲレーロJr.ら若手が主体。右の強打者が多く、左打者獲得に動く可能性は十分にある。
    筒香の代理人ウルフ氏が「彼は指名打者ではなく、三塁、一塁、外野も守れる。
    今のメジャーでは高い価値がある」と売り込めば、同GMは「多才でエキサイティングな選手であることは間違いない」と力を込めた。

    ブ軍以外にも、一塁や外野で左の強打者が手薄なホワイトソックスも補強ポイントと合致する。
    既に7、8球団と情報交換を済ませたウルフ氏は「多くの球団から興味があると聞いている」と自信を見せる一方で、
    ウインターミーティング開催の12月中旬までに「決まらなければ横浜に戻るだろう。DeNAは戻ってくることも歓迎している」と残留の選択肢があることも明かした。
    「長い間この仕事をしているが、チームもGMもそういうリスペクトがあるというのは初めて」。DeNAの筒香への姿勢も含めて、サポート態勢は整っている。

    正式なポスティングの申請時期については、最終的には球団に委ねられるが、今週末にも行われる予定。
    西海岸、東海岸に限定せず、「毎試合出場して、勝ちに貢献できる、そういうチームでプレーしたいというだけ」とウルフ氏は筒香の気持ちを代弁した。
    アメリカへGo!となるか。DH制のないナ・リーグの球団も含め、本格交渉がまもなくスタートする。

    ◆筒香の応援歌 前奏で「♪横浜の空高く、ホームランかっ飛ばせ筒香」と歌われる。
    元々は田代富雄(現チーフ打撃コーチ)の現役時代の応援歌で、「筒香」の部分が「田代」だった。

    ◆ブ軍に所属した日本選手 過去にブルージェイズでプレーした日本選手は、野手では川崎宗則(13~15年)と青木宣親(17年)。
    川崎は3年間で計201試合に出場したが、青木は1カ月しか在籍していないため12試合の出場のみ。
    投手では五十嵐亮太(12年)大家友和(07年)マイケル中村(04年)が在籍した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-11130703-nksports-base
    11/13(水) 19:17配信


    (出典 Youtube)

    球場全体で筒香嘉智応援歌大熱唱!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 風吹けば名無し

    ちな阪神対巨人 10勝15敗
    いうほどか?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sanspo.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    DeNAが阪神を今季限りで退団することが決まっている鳥谷敬内野手(38)の獲得調査を行っていることが7日、分かった。
    今季は遊撃では大和がチーム最多の123試合に先発出場したが、二塁はソトの52試合が最多で固定することはできなかった。
    課題でもある内野陣の層を厚くするため、二遊間に三塁も守れる鳥谷はうってつけの存在で、注目してきた。

    鳥谷は今季は74試合の出場にとどまったが、豊富な経験とリーダーシップを持ち、ストイックな練習姿勢にも定評がある。
    現在、チームの日本人野手では最年長が33歳の石川と若いメンバーが多く、手本となる存在としても評価している。

    鳥谷は8月下旬に阪神から事実上の戦力外通告を受け「自分が持っている選択肢は、このまま引退するのか、他のチームを探して現役を続けるのか」と話していた。
    背番号1はこの日の第3戦の4回に代打でシリーズ初出場。四球を選んだ。
    全日程終了後にも本格的な獲得交渉に動くとみられる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000002-spnannex-base
    10/8(火) 5:00配信

    http://npb.jp/bis/players/21925119.html
    成績


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.news-postseven.com)



    1 ひかり ★

    ■阪神 8-7 DeNA(CS・5日・横浜)

     DeNAは5日、阪神と対戦したクライマックスシリーズ(CS)1stステージ第1戦で7-8で敗れた。4回途中には先発・石田からの投手交代を試みるも、
    まさかの“ルール違反”で石田は続投。ラミレス監督は「もちろん、ルールは知っている。私のミス」と説明した。

     3回まで好投していた石田だったが、4回先頭の大山に二塁打を打たれると流れが一変。1死三塁としたところで三浦投手コーチがマウンドに駆け寄った。
    その後、ラミレス監督もベンチを出て交代を告げるものと思われたが、三浦投手コーチは既に引き返しており、交代は認められなくなった。

     ルールでは「監督またはコーチが投手のもとへ行った後、ファウルラインを越えて引き上げたら、その投手は、その時の打者がアウトになるか、
    走者になるか、または攻守交代になるまで投球した後でなければ退くことはできない。ただし、その打者に代打者が出た場合は、この限りではない」
    (野球規則8・06【注2】)とある。

     ラミレス監督は「時間を置いて行こうとした。もちろんルールは知っていたけど、意識していなかったものだから(出遅れた)」と説明。
    一方、三浦投手コーチも「4回は俺のミスです」と責任を負った。

     その後、石田は4回を1失点に止めて降板。5回からは今永がマウンドに上がったが、ラミレス監督は4回の継投がかなっていれば「バリオスにする
    予定だった」と話す。7回、8回にはバリオス、エスコバーの継投が誤算、7点を奪われて逆転負け。あの場面で継投が成功していれば、と思わずには
    いられない。

    Full-Count編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-00561596-fullcount-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.daily.jp)



    1 風吹けば名無し

    ラミレス監督のマシンガン申告敬遠


    続きを読む

    このページのトップヘ