ヤクルトスワローズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 news.nifty.com)



    1 ひかり ★ :2019/07/12(金) 15:31:53.75 ID:KN6e426T9.net

     ヤクルトの球団設立50周年を記念したOB戦「オープンハウス presents スワローズ ドリーム ゲーム」が11日、神宮球場で開催された。若松勉監督率いる
    「Swallows LEGENDS」に対し、「GOLDEN 90’s」を率いた野村克也監督が驚きの代打で登場するなど、大きな盛り上がりを見せた。

     東京ヤクルトスワローズ公式ツイッターは野村監督が指揮した「GOLDEN 90’s」の一塁ベンチ内での集合写真をアップ。古田敦也氏、池山隆寛氏、
    川崎憲次郎氏、飯田哲也氏、伊東昭光氏ら懐かしの面々が大集結した写真にファンは大興奮だった。

    「他球団のファンですが、この時代のスワローズは強かったですね。ノムさんのID野球素晴らしかったです」

    「うわーなんか感動する」

    「この時代をみて育ったので。たまらない」

    「ノムさんが嬉しそうにしてて感無量です」

    「やっぱノムさんはユニ姿が似合うよ?」

    「最高のメンバー過ぎて泣きそう」

    「この時のスワローズ好きだったなぁ」

    「みんな存在感半端ないって」

    「名だたるメンツ!」

     リーグV4度、日本一3度の90年代の黄金期を支えたスワローズ集合写真には、2万7000件を超える「いいね!」が押される大人気投稿となった。

    Full-Count編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00437462-fullcount-base

    (出典 pbs.twimg.com)


    【【野球】ノムさんに古田、池山も…燕軍団集合写真にファン感涙「みんな半端ないって」】の続きを読む

    スポンサーリンク


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 ddnavi.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/12(金) 06:14:42.31 ID:oEHe6AIa9.net

    後ろで支える小川現監督にゲキ「何をやっているんだ!」最下位脱出願う

    ヤクルトの球団設立50周年を記念したOB戦「オープンハウス presents スワローズ ドリーム ゲーム」が11日、神宮球場で開催された。
    試合後のセレモニーでは「GOLDEN 90’s」を率いた野村克也監督がマイクを持ち、ファンの心に染みるスピーチを行った。

    ノムさんは若松勉氏、小川淳司氏らに支えられ、場内のファンに語りかけた。

    「長い野球人生でヤクルトスワローズに足を向けて眠れません。ヤクルトのユニホームを着て日本一3回、リーグ優勝4回。これほど名誉なことはありません」
    と90年から98年の間に残した成績を振り返り、ファンに感謝した。

    しかし、一転。前半戦を34勝48敗の最下位でシーズンを折り返した現在のチームに喝。「今後も小川監督、選手に頑張っていただきたい。今は最下位。
    何をやっているんだ」と語気を強めると後ろで支える小川監督は苦笑い。「今の私の正直な気持ちです。
    ヤクルトに頑張ってもらいたい。そんなさみしいことはありません。
    1日も早く最下位を脱出して優勝戦線に加わってください。影ながら応援しています」と巻き返しを期待していた。(Full-Count編集部)

    https://news.livedoor.com/article/detail/16760360/
    2019年7月11日 21時28分 フルカウント


    (出典 Youtube)

    ヤクルトスワローズ応援歌 とびだせヤクルトスワローズ


    【【野球】野村監督がOB戦で感謝のスピーチ「スワローズに足を向けては眠れません」】の続きを読む

    スポンサーリンク


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 dic.nicovideo.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/08(土) 06:49:54.78 ID:+z/54JyM9.net

    6月2日のDeNA戦で勝利し、悪夢の連敗を16でストップさせたヤクルト。
    その渦中、球団側は小川淳司監督の続投を明言していたにもかかわらず、一部では次期監督候補の名前が報じられていた。

    「そこで、いの一番に挙がる名前の評判が実は芳しくないんです」(スポーツ紙デスク)

    宮本慎也ヘッドコーチ(48)のことだ。侍ジャパンでキャプテンシーを評価され、史上最年長(当時)で2000本安打を達成。古巣に戻ってきた際には、球団関係者の誰もが次期監督と見做していたが……。

    「真中満前監督時代は弛んでいたと見ており、猛練習を課し始めた。練習しないと勝てないというのは正論ですが、選手たちは『うちは軍隊ですよ』とぼやいている。
    ヤクルトは選手の自主性に任せ、伸び伸びやらせるチーム文化ですから。神宮球場で試合がある時、若手は早出の練習をするのですが、“鬼軍曹”が姿を現すと、これ見よがしに『よし、行くぞ!』と声が挙がるんです(笑)」(ベテラン記者)

    5月30日、14連敗した後の全体ミーティングで、小川監督は「責任は監督である俺にある」と語ったが、宮本ヘッドは技術的なアドバイスをするのみだったという。

    「『やるのは僕らなんで』と選手たちは話していて、監督の言葉は響いていた。だけど『ヘッドは何て?』と聞くと『宮本さんは、技術的なことを言ってました……』と淡々と答えていたので、温度差を感じました」(担当記者)

    ミスしてもフォローがなく、いいプレーをしても褒めない
    連敗中、「手を尽くしてるんだけど結果が出ないんだよ」と話していた宮本ヘッドが、「ピッチャーまで教えてるんです」とチーム関係者から呆れられていたという話も。

    「今季苦しんでいるエースの小川泰弘に指導したそうです。野手出身のコーチが投手を指導するなんて、阪神の金本知憲前監督と似てますね。良かれと思ってのことでしょうが、押し付けがましいと呆れられています」(前出・デスク)

    自分に厳しく人にも厳しい姿勢は、若手選手たちに疎まれているという。

    「ミスしてもフォローがなく、いいプレーをしても褒めないので、今の選手には受け入れられない。次期監督として球団側の評価は高くないようです」(前出・ベテラン記者)

    燕が再び高く舞うには、鬼が仏になるか、選手がタフになる必要がありそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190608-00012242-bunshun-spo
    6/8(土) 6:00配信


    【ヤクルト16連敗のウラに……自分に厳しく人にも厳しい“鬼軍曹”宮本ヘッドの評判】の続きを読む

    スポンサーリンク


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/30(木) 16:25:03.53 ID:Mfoc4sUh9.net

    ■相性悪い大瀬良

    もう2週間以上、勝ちに見放されている。

    ヤクルトは29日、広島に敗れて、泥沼の13連敗。球団記録の「16」まであと3に迫った。

    この日の広島の先発は、対ヤクルト戦10勝無敗の右腕・大瀬良。ヤクルトベンチはスタメンに先発の高橋を含む7人の左打者を並べた。
    4番には村上を入れ、ここまで12本塁打、34打点のバレンティンをスタメンから外した。

    宮本ヘッドコーチはバレンティンを外した理由をこう説明した。

    「総合的に判断した。大瀬良との相性が良くないというのも加味されたと思う。本人が納得したかどうかは分からないけど」

    バレンティンの対大瀬良の通算成績は30打数6安打(打率.200)。最後にヒットを打ったのは17年9月で、昨季は9打数無安打1四球、10打席連続無安打に抑えられている。
    確かに「相性は良くない」。

    とはいえ、泥沼の連敗街道から抜け出せない中、主砲をあえてベンチに置いたのは、前日の守備で左前打の処理をミスしたことへのペナルティーの意味合いもあったようだ。
    そのことを聞かれた小川監督は「総合的に判断した」と否定しなかった。

    ■「やっぱり子供」

    バレンティンは気分屋で、守備は緩慢。早々と打球を追うことを諦めるなど、お粗末なプレーも少なくない。宮本ヘッドに厳しく“監視”されているものの、簡単には変わらないのだろう。
    昨夜もベンチ裏で代打の準備をしている最中、宮出打撃コーチから活を入れられていた。

    「ベンチでもひとりだけ浮いていた。みんなが何とか連敗を止めようと頑張っていたし、声を出している中で、ひとり*ッと座っていた。だから(ベンチ)裏で怒ったんだよ。
    『自分のことだけ考えて、そうやって態度に表すのは良くない。チームなんだからちゃんとやれ』と。『分かった』とは言っていたけど、やっぱり子供。
    これだけ長く日本でやっているけど、まだまだそういうところがあるから、きちんとしてほしい」とは宮出コーチだ。

    連敗中で台所が苦しい中、あえて主砲にお灸を据えたつもりが、本人は反省するどころかふてくされていた。貧すれば鈍するチーム事情を物語る話ではある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000029-nkgendai-base
    5/30(木) 12:00配信


    【【野球】コーチはバレンティンにお灸 泥沼13連敗ヤクルトが主砲外した理由】の続きを読む

    スポンサーリンク


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.nikkansports.com)



    1 ひかり ★ :2019/05/28(火) 15:42:55.44 ID:9wYfKkMV9.net

     ヤクルト・青木宣親外野手が28日、丸刈り頭で広島戦(神宮)前の練習に姿を見せた。チームメートやコーチ陣から突っ込まれ、笑みを浮かべた。

     14日の広島戦から11連敗中のヤクルト。24日に開いた選手ミーティングでも同僚を鼓舞していた37歳のチームリーダーが、体を張って
    停滞ムードの打破に努めた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00000069-dal-base

    (出典 i.daily.jp)


    【【野球】連敗脱出へ、ヤクルト・青木が丸刈りに!】の続きを読む

    スポンサーリンク


    このページのトップヘ