ヤクルトスワローズ


    指標。同一ポジションの野手の平均的な守備の数値と比較し、個々の選手が1シーズンに失点を何点防いだか・招いたかを数値化した指標である。UZRを150試合に当てはめたUZR/150という指標もあり、スポーツジャーナリズムが数値を公表している。(アルティメット・ゾーン・レーティングの詳細) プラス・マイナス・システム(Plus/Minus
    12キロバイト (1,867 語) - 2018年8月8日 (水) 09:49



    (出典 www.ryutsuu.biz)



    1 風吹けば名無し :2019/05/25(土) 10:55:55.46 ID:KJ/zoU680.net

    -27.5 (/1200 -8.5)

    参考 2018阪神 -71.2 (/1200 -7.4)


    【ヤクルトのチームUZRが異次元 1200イニング換算で昨年最下位の阪神より酷い】の続きを読む

    スポンサーリンク




    (出典 pds.exblog.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/05/10(金) 07:15:23.89 ID:qtk6d15d9.net

    神宮球場のスタンドからマウンドの原に熱視線を送る久慈アナ。粘りの投球むなしく、この日はカノ女の前で勝ち星は飾れなかった。
    久々の女子アナとプロ野球選手のビッグカップルが誕生した。

    4月23日のヤクルトvs巨人戦。ヤクルトの先発・原樹理(25)は、巨人の猛攻を粘りの投球でしのいでいた。何度もピンチを迎える原。そんな彼を、スタンドから不安気な表情で見守る美女がいた。フジテレビの久慈暁子(24)アナである。

    「久慈アナは、ポスト加藤綾子と目される人気アナです。局の期待は大きく、4月からは入社3年目としては異例の『めざまし土曜日』のメインキャスターに抜擢されています。一方の原は、ドラフト1位で’16年にヤクルトへ入団。入団当初はプロの壁にぶち当たりましたが、今季は先発ローテの一角を担っています」(スポーツ紙記者)

    現在、久慈アナは、原とほとんど半同棲状態のようで、FRIDAYは原のマンションに入っていく彼女の姿を幾度となく目撃してきた。

    たとえば、新元号の発表に日本中が沸いた4月1日。番組収録を終えた久慈アナは、夕方4時頃から、出勤ギリギリの2時40分まで原の部屋に滞在。4月2日は原の今シーズン初登板の日だっただけに、”開幕前夜”をどうしても一緒に過ごしたかったのだろう。

    「ヤクルトとフジの女子アナはつながりが深く、古くは古田敦也と中井美穂、石井一久と木佐彩子、最近でもライアン小川と三上真奈など、多くのカップルが生まれています。久慈アナも、フジの先輩アナからヤクルトの選手を紹介され、原と知り合ったんでしょう。交際は昨年からで、まだ1年は経っていないはずですよ」(久慈の知人)

    ドラ1としてヤクルトに入団した原は、「素質はピカイチ」と称されながら、これまでなかなか結果が伴わなかった。それが今季は早くも2勝をあげ、ヤクルトの新エースとまで呼ばれるまでの活躍を果たしている。大きく成長を遂げた陰には、忙しい合間を縫って健気にせっせとマンションへと通う、久慈アナの献身愛があったのかもしれない。

    5月10日発売のFRIDAY最新号では、そろってマンションから出てくる久慈暁子アナと原樹理投手の姿や、横浜デートの様子を掲載。高級ブランドショップを見て回る様子や、原のアウディの中で軽食を食べるツーショット等、二人の熱愛について4ページにわたり詳しく報じている。


    5/10(金) 7:04配信 FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190510-00010002-friday-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【フジ・久慈暁子アナ&ヤクルト・原 樹理投手の「ほぼ同棲生活」】の続きを読む

    スポンサーリンク




    (出典 niire210.xsrv.jp)



    1 どうですか解説の名無しさん :2019/05/09(木) 09:51:26.75 ID:sNP2XXLx.net

    【ヤクルト】 小川監督 青木の頭部死球に激怒
    「岩田には去年もぶつけられて、脳震盪を起こされている。しょうがないでは済まされない。頭だから。
    延長の村上の死球も退場処分でしょ。警告出てたんだから。一発があるから死球でもいいじゃないか、という考えがあったのでは」


    【ヤクルト小川監督「阪神は延長12回わざと村上にぶつけた」と主張】の続きを読む

    スポンサーリンク




    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 風吹けば名無し :2019/05/08(水) 17:12:10.25 ID:xuKjFNUaa.net

    とんでもない弱者プレイで阪神を愚弄してきている模様

    本日の先発
    高橋圭二 防御率10.50
    岩田稔  防御率1.64


    【ヤクルト 阪神タイガースに対して4日連続とんでもない失礼な事をする…】の続きを読む

    スポンサーリンク




    (出典 static.sanyonews.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/03(金) 11:53:58.30 ID:hZr5ruuT9.net

    課題はトップの浅さ

    非常に楽しみな若手選手が出てきました。

    ヤクルトの村上宗隆選手です。まだまだ三振も多く、粗っぽさが目立ちますが、身長188センチと大きな体から5月2日現在で7本塁打、二塁打も7本。
    数字もそうですが、高卒2年目の19歳で、あれだけバットを振れること自体が素晴らしいと思います。

    これはあえて言えばの課題ですが、少しだけで気になったのは、ボールを迎える姿勢です。トップが少し浅い気がします。
    これは左バッターの村上選手がステップした右足が地面に着いたとき、グリップが少し投手に近くなっており、踏み出した足とバットのグリップ部分までの距離がしっかり取れていないということです

    トップに入ったときの姿勢は、弓を引く動作に似ていて、大きく引き絞ったほうがスピードが出て、遠くまで矢が飛びます。
    ここの距離が遠くなればなるほど、ボールをとらえるまでの距離が生まれ、上半身と下半身に適度なねじれが自然に作れますので、ボールに強い力を加えることができます。
    これは「割れ」とも言われるもので、いいバッター、特に長距離打者が共通して持っている技術です。

    さらに言えば、変化球に泳がされたときも、割れができていれば、対応する時間が作れるということになります。

    チーム状態もプラスに

    本人から聞いたわけではありませんので、あくまで一般的な傾向からですが、トップが浅いというのには2つの理由があると思います。
    一つは、空振りをしたくない、バットに当てなければと思い、早めに始動しようとして。
    もう一つは、おそらく高校生レベルでは、それでまったく問題なかったこともあるでしょう。

    今でも村上選手のスイングスピードの速さから、タイミングが合えば十分な飛距離が出ています。
    ただ、これから本当の意味でチームを背負う四番バッターに成長するためには、克服すべき課題でしょう。

    その意味では、今のように試合に出られるか出られないかで悩むことなく、使ってもらい続け、思い切ってプレーし続けることが一番の良薬だと思います。
    本来は、一塁ですからポジション的にも打たなければいけませんし、打たなければすぐ代えられてしまってもおかしくはありませんが、
    ヤクルトは、村上選手を将来の中心打者として、しっかり大きく育てたい、という思いがあり、かつ打線の調子がいいので、彼を重圧が少ない下位打線で使うことができていたのもあると思います。

    実際、試合を重ねるごとに、トップをしっかり作り、自分の間で打てるようになってきました。
    今後、調子の波は必ずあると思いますが、ヤクルトの首脳陣には、ぜひこのまま彼を使い続けてほしいと思います。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190503-00000003-baseballo-base
    5/3(金) 11:01配信


    【将来の四番・村上宗隆選手の可能性/立浪和義コラム 30試合 .238 7本 17打点】の続きを読む

    スポンサーリンク


    このページのトップヘ