ネタ/雑学



    (出典 will-kishin.com)



    1 風吹けば名無し :2019/05/25(土) 10:21:32.55 ID:N6yNNzeqa.net

    な"ん"で打だな"い"ん"だよ"ぉ"ぉ"ぉ"ぉ"ぉ"ぉ"!!!


    (出典 pbs.twimg.com)


    【藤原竜也さんが野球選手の役を演じたら言いそうなセリフ】の続きを読む

    スポンサーリンク




    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 れいおφ ★ :2019/05/24(金) 20:33:21.03 ID:HF8emuZ39.net

    「平成で最もカッコよかったバッティングフォームって誰だと思う?」
    プロ野球ファン歴25年の記者は、最近とある居酒屋で同年代の知人とそんな話題で盛り上がった。

    記者の独断で選べば、ぶっちぎりで元巨人の清水隆行だ。
    一本足からの鋭いダウンスイングが特徴で、強烈なライナー性の当たりが印象に残っている。
    小中学校と野球に熱中していた時も、バッティングフォームをまねて、練習したりもした(まったく打てなかったが…)。
    ちなみに知人は、元中日で活躍した大豊を推していた。

    プロ野球の歴史は、今年で85周年。平成だけに着目しても、これまでも数多くの一流のバッターが誕生している。
    その実力だけでなく、バッティングフォームでもファンを魅了したのはどの選手なのか。
    5月中旬、巨人対ヤクルト戦が行われた東京ドームへ足を運び、50人超のプロ野球ファンに話を聞いた。

    最も多くのファンが名前をあげたのが、エンゼルス・大谷翔平、ソフトバンク・柳田悠岐、巨人・坂本勇人の3選手だった。
    「平成」というワードに少し引っ張られたのか…バリバリの現役選手に票が集中した。
    3選手とも幅広い世代に人気があったが、特に小中高の球児に人気だった。

    柳田と答えた高校生は「監督から中途半端なスイングをするなといつも怒られているので、柳田選手のバッティングフォームは憧れ」、
    同じく野球部に所属する中学生は「腕が吹っ飛びそうになるスイングがカッコイイ。三振したとしても見る価値がある」と語った。

    大谷と答えた高校生は、「長打も打てるし、逆方向にも打てるし、軸がブレない。理想的なスイング」、
    坂本と答えた野球を初めて間もない小学生は、「打率を残せるってことは良いスイングってことだから、お手本にしています」と語った。

    記者の個人的な予想としては、楽天・浅村栄斗、西武・山川穂高、オリックス・吉田正尚、元巨人・松井秀喜、高橋由伸あたりが
    上位にくると思ったが、まったく外れてしまった。

    日ハム・大田泰示の名を口にするファンが多かったのも面白い。
    大田は、5月23日時点で安打数56本とソフトバンク・今宮に並びリーグ1位の大活躍。
    「フォロースルーがかっこいい」「移籍してからホームランアーティストのような貫禄が出てきた」などの意見があった。

    昨年メジャーから日本へカムバックしたヤクルト・青木宣親には
    「毎年、バットの重さ、スタンスの広さなど、バッティングフォームを少しずつ変えて、試行錯誤しているのが職人のよう」
    「クネクネしたタイミングの取り方がけっこう好き」、

    同じくヤクルト・山田哲人には「ピッチャーが投げた瞬間、バットがピタッと止まるのが良い」などの意見があった。

    現役を引退している選手では、元広島の前田智徳、三冠王を3度獲得した落合博満、今年現役を引退したイチローの人気が高かった。
    前田と答え、今も草野球に熱中する40代の男性は、「前田は基本に忠実なバッティングフォーム。
    見習いたくて、野球中継を録画して、スロー再生にして勉強した」、

    イチローと答えた30代の男性は「打席に入ると、バットをスッとまっすぐ立てるしぐさは、野球をやっていた人なら一度は真似したでしょ?」、

    落合と答えた50代の男性は、「打ってほしい時に必ず打ってくれた。オーラがすごかった」などと答えた。

    そして、意外と多くの人が名前をあげていた選手が中日、横浜などで活躍した種田仁。
    「ガニ股打法」という個性的なバッティングフォームだっただけに、この結果には驚いた。

    最も印象に残ったのは「昔のほうが個性的な打ち方をする選手が多かった。
    今の野球は、全部データ。こういうスイングをすれば、こういう打球が飛びやすいとか、
    ある程度方法論みたいなものが確率されてきているので、みんな特徴がなくなってきている。
    だから、最近のバッターは面白くない」と種田の特徴的なバッティングフォームを絶賛していた30代男性の意見だった。
    ちなみに種田は、横浜ベイスターズ在籍6年で打率3割を2度も記録している。

    そのほか現役では、DeNA・筒香嘉智、阪神・糸井嘉男、ヤクルト・バレンティン、巨人・阿部慎之助、ロッテ・角中勝也、
    引退した選手では、中村紀洋、小笠原道大、小久保裕紀、カブレラ、ローズなどもあがった。
    数少ないデータではあるが、不思議と右打者よりも左打者のほうが好まれる傾向にあるようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190521-00000050-sasahi-base


    【【野球】平成で最もカッコいいバッティングフォームは?】の続きを読む

    スポンサーリンク




    (出典 www.sankei.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/05/22(水) 06:17:49.05 ID:j14KV/5x9.net

    「CM界には『ギャラのランク表』があり、最高は大物俳優と大物女優の1億円」。こんな話が過去に何度も報じられた。ご記憶の方も少なくないだろう。とはいえ、長くCM業務を担当してきた芸能プロダクション幹部は「ランク表なんて存在しないし、芸能人に1億円のギャラなんてあり得ない」と一笑に付す。CMのギャラの真実とは? 

     ***

     1位・渡辺直美(31)、2位・神木隆之介(26)、3位・土屋太鳳(24)、4位・吉岡里帆(26)、5位・西島秀俊(48)――。統計分析などを行う株式会社サイカが4月に発表した「平成最後の春に向けたテレビCMタレントTOP10」(関東地区)のうち、上位5人の名前である。

     2019年の1月から3月までの間に流れたCMで、誰のものが多かったのかを同社が調べた。トップの渡辺の場合、契約しているアフラックやボートレースなどのCMが計9万135秒も流れたという。

     ただし、流れた時間の長さとギャラは別問題。昭和期からCM業務を担当し、その内実を知る芸能プロダクション幹部はこう語る。

    「現在、CM界で最高クラスのギャラを得ているのはメジャーリーガーの大谷翔平(24)とプロテニス選手の大坂なおみ(21)。2人とも1億円を軽く超えている。芸能人のギャラは高くても5000万円強」

     芸能人が安いというより、そもそも1億円以上のギャラが破格なのだという。デフレが長く続き、利益率の高い高額商品があまり売れない今、CMのギャラに5000万円以上を費やせる商品や企業は、ごく限られているのだそうだ。

    「それぞれの商品には、売上見込み額などから割り出す広告宣伝費の枠がある。『売上見込み額の数パーセント』などと決まっている。なかなかモノが売れない時代に、5000万円以上のギャラを出すのは難しい」(芸能プロダクション幹部・以下同)

     では、どうして大谷、大坂は1億円以上なのだろう。

    「イメージが突出して良く、格別の宣伝効果が期待できるから。2人とも類い稀なる実力の持ち主である上、大谷は24歳、大坂は21歳と若く、爽やか。また、スポーツ選手は性別や年齢を問わず幅広い層に向けての発信力を持っているので、CMには格好」

    ライバルに“対抗”で起用

     超一流プロスポーツ選手はCMのギャラが高い理由は、ほかにもある。

    「本業で桁違いに高額なギャラが得られるため、芸能人ほど積極的にCMに出ようとはしない。それなのにスポンサー側は何とか引っ張り出そうとするので、おのずとギャラが高くなっていく」

     大谷の場合、日本ハム時代からセイコーなどのCMに登場してきたが、エンゼルス入りした2018年からは新たにJALとも契約。セイコーとJALのギャラが同額かというと、そんなことはない。どんなプロスポーツ選手、芸能人であろうが、CMごとにギャラはバラバラ。一律ではないのだ。だから「ギャラのランク表」は作れないのである。

    「大谷、大坂の場合も1億円以上という大まかな相場があるだけ」

     なぜ商品や企業によってギャラが違うかというと、その理由はこうだ。分かりやすくするため、極端な例で説明したい。

     同じ人物が100円のお菓子と100万円の軽自動車のCMに出たとする。当然、2つの商品は見込まれる売上高も利益率もぜんぜん違う。このため、同じギャラを支払えるはずがない、というわけだ。

    「薄利多売の商品で5000万円もギャラを使ってしまったら、よほど売らない限り、採算が合わない」

     さて、大谷が契約したJALのライバルというとANAだが、そのANAのCMに今年から登場しているのが大坂である。

    「ライバル企業が大物を担ぎ出したら、同クラスの大物の起用に躍起になるというのは昔からよくある話」

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)


    5/22(水) 6:00配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190522-00562128-shincho-ent&p=1

    (出典 www.dailyshincho.jp)


    【【野球/テニス】1億円超!? 「大谷翔平」と「大坂なおみ」のCMギャラが群を抜いて高い理由】の続きを読む

    スポンサーリンク




    (出典 auctions.c.yimg.jp)



    1 風吹けば名無し :2019/05/24(金) 10:11:43.94 ID:HVXb625q0.net

    フォーリンドリームズ(助っ人外国人)vsジャパンドリームズ
    強い(確信)

    (出典 i.imgur.com)


    【95年のプロ野球チャリティー試合のスタメンwgwgwg】の続きを読む

    スポンサーリンク




    (出典 tsurezure-baseball.com)



    1 神様仏様名無し様 :2017/10/14(土) 20:29:56.55 ID:6+pB9hKR.net

    1松井秀 首位打者取った記憶なし
    2ブランコ 高打率の印象なし
    3リック 地味な首位打者スレでも上がらない


    【プロ野球史上最も地味な首位打者ランキング】の続きを読む

    スポンサーリンク


    このページのトップヘ