オリックスバファローズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.nikkansports.com)



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 hochi.news)



    1 砂漠のマスカレード ★

    オリックスのT-岡田外野手(31)が21日、ほっともっと神戸で自主トレを公開した。不振脱却を狙う今季は打撃フォームを改良。残り30本に迫る通算200号を達成する。

    「しっかり芯でとらえれば本塁打にできる自信はあるので、どれだけ確率を高めていけるか。できるだけ(スイングを)コンパクトにできれば確率も上がってくる」

    フォーム改良に着手。テイクバックを小さくしスイングをコンパクトにすることで、ミート力アップを狙う。さらにオープンスタンス気味に構えることで「両目で見る」形に変更した。

    球団史上7人目となる200号まであと30本。「1年間試合に出続けらればそれ(30本)に近い本数、それを超える本数になると思う。今季中に達成できたらいい」と意気込んだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00000034-sanspo-base
    1/22(水) 7:00配信

    http://npb.jp/bis/players/61365112.html
    成績


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 風吹けば名無し

    近日中に某球団と契約か?

    (出典 i.imgur.com)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 shop.buffaloes.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

    プロ野球のオリックスが暗く、長いトンネルの中でもがき続けている。昨季も最下位に沈み、2000年以降でAクラス(3位以上)はわずか2度だけ。
    1996年にイチローを擁してパ・リーグ優勝、日本一に輝いたが、翌年から23年連続で優勝を逃しており、12球団で最長だ。
    なぜ、勝てないのか。近鉄と合併した04年の球界再編問題の影響は? 当事者の証言からその要因を探る。【伝田賢史】

     ◇実らぬ補強策

    オリックスは14年、ソフトバンクに次いで2位となり、96年の優勝の後では最もリーグ制覇に近づいた。
    その年のオフ、球団本部長の瀬戸山隆三(66)はオーナーの宮内義彦(84)の「来季こそは」の号令の下、内野手の中島裕之(宏之)=現巨人=らを獲得。総額30億円の大型補強を行った。
    しかし、15年、新戦力は結果を残せず、チームは開幕当初から最下位。6月に監督の森脇浩司(59)が事実上の退任となる休養を申し出た。

    ダイエー(現ソフトバンク)球団代表、ロッテ球団社長などを務め、「優勝請負人」と期待されてオリックス入りした瀬戸山は今でも悔いる。「オーナーが『来年は絶対に勝ちたい』と、取れる選手は全部取ろうとなった。
    新戦力の故障多発はチェックが甘かった僕の責任。自分が辞めるべきだった」

     ◇合併の「副作用」

    一方で、瀬戸山は合併球団ならではの「不協和音」を感じていた。旧オリックス出身の球団幹部から「合併してからチームがおかしくなった。勝てなくなった」という言葉を聞いた時には驚きを隠せなかった。

    本拠地・京セラドーム大阪での試合中の光景も印象に残っている。オリックスが好機を作り、相手投手コーチがマウンドに向かった時のこと。
    近鉄の流れをくむ応援団が「はーよーやーれ」と大合唱。これにオリックス生え抜きの職員が「品のないヤジ」と露骨に顔をしかめたのだ。

    オリックスは阪急の流れをくんで神戸市や兵庫県西宮市に根付き、近鉄の本拠地は長年、大阪・南河内の藤井寺球場。
    瀬戸山は「ファンにも職員にも土地柄の違いがあった。神戸と大阪が一丸になるのは簡単ではなかった」と振り返る。

     ◇オーナー忖度の影響も?

    瀬戸山は別の難題にも直面した。ある選手の起用法に宮内から疑問を寄せられ、監督の森脇と一晩中、話し合ったこともあった。「宮内さんは野球がとても好きで、詳しい。
    僕はある程度受け流した部分もあったけれど、球団上層部が意向を忖度(そんたく)すれば、選手の萎縮、反発にもつながる」

     ◇若手育成にかじ

    オリックスは大阪・舞洲に約30億円をかけて球場や寮など2軍施設を新設。17年に神戸から移転した。京セラと2軍施設は車で約20分。1軍で出番の少ない選手が舞洲で昼間の2軍戦に出場し、経験を積むのも容易になった。
    1軍選手の練習から若手が学ぶ機会も増えた。

    イチローがオリックスにいた92~00年、本拠地はグリーンスタジアム神戸(現ほっともっとフィールド神戸)で、寮や室内練習場が徒歩約10分の場所にあった。当時、イチローが深夜まで打撃練習で汗を流していたのは有名な話。
    現球団本部長の森川秀樹(59)は「今、かつてのイチローが育った土壌ができつつある」とみている。

    実際、昨季は21歳の右腕・山本が1・95で最優秀防御率のタイトルを手にした。ただ、得点は544点でリーグ最少。課題を解消するため、米大リーグで通算282本塁打のジョーンズを獲得した。
    「今季こそは」との思いは選手や球団職員、ファンも同じ。長い冬から今季、目覚めることができるか。(敬称略)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-00000002-mai-base
    1/19(日) 8:00配信


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)
    :large

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 nanj-short.up.seesaa.net)

    h
    (出典 rr.img.naver.jp)
    %2F300%2F600&twidth=300&theight=0&qlt=80&res_format=jpg

    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 すらいむ ★

    オリックス、球界初の女性スカウトが初仕事「できる限りの事を精一杯」

    合同年賀式に出席後、報道陣の取材に応じる乾スカウト

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


     オリックスと大阪シティドームの合同年賀式が6日、京セラドーム大阪内で行われ、1日付けでアマチュアスカウトに就任した元北京五輪ソフトボール日本代表で金メダリストの乾絵美氏が初仕事に臨んだ。

     「プレッシャーを感じるというよりできる限りのことを精いっぱいやらせていただく。この1年とにかくしっかり勉強させていただきたい」

     日本球界初の女性スカウトとなる。

     「私にできるのかと思った。ありがたいお話なのでやると決めた以上はしっかりやりたい」

     乾スカウトは現役引退後、2010年3月にオリックスに入団。
     ジュニアチームや野球教室などに携わってきた。

    デイリースポーツ 1/6(月) 11:31
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000052-dal-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 pbs.twimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    公式ツイッターで「来年は…変えたほうがいいいのかなぁ…」と悩みを打ち明ける

    オリックスの応援キャラクターを務める「バファローズポンタ」の今後の去就が注目を集めている。
    球団は今季最下位に沈み、“バファポン”公式ツイッターではポンタの悩む姿が綴られている。

    シーズン終了から約2か月ぶりにツイッターを更新した「バファローズポンタ」。
    12月13日にはネットの書き込みでショックを受けている様子で「来年は…変えたほうがいいいのかなぁ…」と自問自答。
    その後も占い師に今後について悩みを相談しファンからは「ポンタを待っているから」「来年も一緒に」と残留を希望する声が多く上がっている。

    昨年のオフは「FA宣言」で様々な球団と交渉しながらも“残留宣言”を行いオリックス残留を表明。西村監督も同席するなど盛大に会見を行っていた。今オフもポンタの去就に注目が集まる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191217-00636819-fullcount-base
    12/17(火) 8:53配信


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)



    関連スレ

    【野球】オリックスのキャラクターバファローズポンタ 5ちゃんで叩かれてショックを受ける
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576434420/


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 pbs.twimg.com)



    1 影のたけし軍団ρ ★

    オリックスに日本球界初の女性スカウトが誕生する。
    来年1月1日付で北京五輪・ソフトボール金メダリストの乾絵美氏(36)をアマチュアスカウトに起用することが15日、分かった。

    現在球団事業運営部コミュニティグループに在籍する同氏の抜てき。既成概念にとらわれないスカウティングで逸材発掘を目指す。

    日本球界初となる女性スカウトは『オリックス・ベースボール・アカデミー』にいた。
    乾氏はアテネ五輪、北京五輪の2大会でソフトボール日本代表に捕手として参加。銅メダル、金メダルの獲得に貢献した。
    現役引退後の2010年3月にオリックスに入団し、ジュニアチームや地域の野球普及活動に携わってきた。

    ほかに高校野球の大阪予選などが開催される大阪信金スタジアムの運営業務も兼ねてきたが、スカウティングは未経験だ。
    乾氏の抜てきについて球団関係者は「固定観念にとらわれない視点で選手を見てもらえる人を探していた。たまたま女性だったということです」と説明した。

    乾氏はプロ野球は未経験ながら長年捕手として世界の舞台で活躍してきた経験がある。
    独自の視点は、これまで見逃されてきた才能を見いだすかもしれない。

    今季最下位に低迷したオリックスだが、6月に福良淳一GMが就任して以来、球団改革は急速に進んでいる。
    今秋のドラフトではそれまでの社会人、大学生など即戦力中心の指名から素材重視にシフト。
    高卒指名は過去最多となり、育成選手も8人とこちらも最多を更新した。

    さらに新外国人にはメジャーの大スターであるアダム・ジョーンズ外野手を獲得。
    チーム編成においてこれまでにない積極的な姿勢が随所で見られるようになった。女性スカウト誕生もそうした流れの中にある。
    https://www.daily.co.jp/baseball/2019/12/16/0012963435.shtml


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 news.nifty.com)



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    オリックス・T-岡田外野手(31)が新たに3年契約を結ぶことが21日、分かった。
    今季で3年契約の最終年が終了。
    海外FA権を取得していることから他球団の移籍も考えられたが、残留を決断していた。

    今季は20試合で打率・120、1本塁打、2打点と不振に終わった。ここ2年、成績を挙げられていないことからダウンは免れず、球団からは単年で来季、
    成績を残した上で新たな契約を結ぶプランも提示されたが、「お金じゃないので」と複数年契約を選択した。

    T-岡田の思いはファンへの恩返しで占められている。残留を決め自身のインスタグラムなどに“ありがとう”の文字が数多く寄せられた。

    「何もしていないのに“ありがとう”と言ってもらった。なんとか応えたい。来年、活躍してもう一度、ファンの人たちに“ありがとう”と言ってもらいたい」

    すでに復活へ向けて動き始めている。今月末からプエルトリコウインターリーグに出発する。これに向けて現在はオセアンBSで行われている秋季練習に参加し、特打を行う毎日だ。

    クリスマスまで異国の地で泥にまみれる予定。ファンの大歓声に応えるために、復活を目指す。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-00000024-dal-base
    10/22(火) 7:30配信


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 pbs.twimg.com)



    1 ひかり ★

     オリックスは22日に黒木優太投手、山崎颯一郎投手、鈴木昂平内野手、岡崎大輔内野手に来年度の選手契約を行わない旨を通告したと発表した。
    この中から、今年手術を受けた黒木、山崎颯とは育成契約を結ぶ予定。オリックスは、第1次戦力外通告期間には6選手に戦力外を通告していた。

     黒木は2016年ドラフト2位で入団し、2年目までに救援として計94試合に登板。本格的に先発転向を目指した今季はキャンプ中に右肘炎症を発症し、
    4月に2軍で復帰したものの6月に再発。プロ入り3年目で初めて1軍登板がなく、靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けた。敦賀気比高時代に
    「北陸のダルビッシュ」と呼ばれた山崎颯は同じ2016年ドラフト6位の高卒3年目。まだ1軍登板はなく、黒木と同じく8月にトミー・ジョン手術を
    受けている。

     トミー・ジョン手術は復帰まで1年以上を要するため、どちらも育成契約で球団に残る予定。復帰後の支配下再登録を目指すことになる。
    また、鈴木は今季58試合に出場も戦力外に。岡崎は2016年ドラフト3位で花咲徳栄高から入団し、1年目の2017年に5試合に出場したが、
    その後2シーズンは1軍出場なしに終わっていた。

    Full-Count編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-00582068-fullcount-base


    続きを読む

    このページのトップヘ