虎 Lucky

プロ野球を中心に高校野球、社会人野球、女子野球、MLBなどの最新情報や旬のネタをお届けしていきます。特に阪神タイガースを一緒に応援していこうというまとめブログです!!





    糸井嘉男



    (出典 d2dcan0armyq93.cloudfront.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/08(火) 18:17:19.40 ID:PERYJ0Kc9.net

    阪神の糸井嘉男外野手が、本紙独占インタビューに応じた。昨季37歳にして規定打席到達者でチームトップの打率・308、チーム最多の16本塁打、22盗塁をマークした“虎の超人”は、今年も意気軒高。
    17年ぶりの最下位に沈み、矢野耀大新監督(50)を迎えたチームを盛り上げる。(聞き手・山戸英州)

    --まずタイガース2年目の2018年を振り返ってほしい

    「断る!(笑) 最下位に終わったから振り返らない。それは冗談としても、ドンケツやから悪いことしかないよ」

    --個人成績はチーム内で抜群だったが…

    「6月30日のヤクルト戦で死球を受けて右足の腓骨(ひこつ)を骨折したし、シーズン終盤も肩を負傷(左肩腱板部分損傷)。2度も離脱したからね。チーム成績がついてきていない。納得いくモノは何ひとつないよ」

    --金本前監督が電撃退任し、矢野監督が就任

    「就任後に(矢野)監督と福留さん、(藤川)球児さん、トリ(鳥谷)らベテラン勢で一緒に食事へ行ったわ。今後チームとしてどうしていくとか、かなり話をした。俺はこういう野球をやりたいとか、ね」

    --選手側からはどんな意見が?

    「具体的なことはまだ、あんま言えないけど、そういう場をすぐに設けていただいたのは、選手の立場としては矢野監督に対してすごく親近感が湧くし、やらなアカンなと思いました」

    --矢野監督はコミュニケーションを大事にしている

    「大事なことやと思うよ。それを取れる方が、俺らも『矢野監督のために頑張りたい』という気持ちになるからね」

    --これまで矢野監督に抱いてきたイメージは

    「2003年に星野監督で優勝したとき、俺は大学生でいちタイガースファンとして甲子園のスタンドに行って応援していたからね。当時正捕手でチームの要という印象が強いわ。
    コーチとしては、(1軍作戦兼バッテリーコーチ時代の17年に乱闘で)バレンティン(ヤクルト)に跳び蹴りをお見舞いしにいくくらいアツい人なんやなと」

    --今年7月31日には38歳になるが、昨季チームトップの22盗塁の走力は驚異的

    「正直、衰えは感じひんよ。もっとできるよ。走ることへの興味はあるからね。このチームには走る選手があまりいないから、やっぱり打って、走らないとチームとして勝てないと思うで」

    --常に注目度が高い阪神には慣れたか

    「何も不便はないよ。やっぱり電撃トレードを経験してるから(13年1月に日本ハムからオリックスへ放出され騒がれた)ね」

    --今オフは6歳下の同僚・今成、1歳上のオリックス・小谷野らが相次いで引退

    「ナリ(今成)は日本ハムの2軍から一緒にやってて仲も良かったし、自主トレも一緒にする間柄やから、やっぱりどうなるのかなと気にかけてたよ。
    小谷野さんも(日本ハム時代に)2軍から一緒に切磋琢磨していた人や*。まあ、いろいろ考えるけど、もうそういう年齢に自分もなったのかなと思うことはあるよ。やっぱ寂しいで」

    --一方で、日本ハム時代の先輩の新庄剛志さん(46)が本を出版しイベントに登場するなどメディア露出が増えた

    「オモロいね~。テレビに出てはったら見てまうわ。大先輩で引退されてだいぶたつけど、今見ても何言うのかなってハラハラ、ドキドキしますよね」

    --新庄さんいわく、猛虎復活は「選手に矢野さんを胴上げしたい気持ちがどれだけあるか」にかかっていると

    「その通りじゃないですかね」(と静かにうなずく)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000003-ykf-spo
    1/8(火) 16:56配信


    【“虎の超人”糸井嘉男外野手、独占インタビュー 「やらなアカン」矢野監督と語り合った夜】の続きを読む

    スポンサーリンク




    (出典 www.hanshin.co.jp)



    1 ひかり ★ :2018/12/13(木) 14:53:24.15 ID:CAP_USER9.net

    阪神糸井嘉男外野手(37)が13日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸4億円で更改した。糸井は「(球団からは)休んだ試合は大幅に負けたから休まんといてくれと言われた。
    悔しいしショックなこともあったし、あまり振り返りたくない。(来季へ)今年の悔しい思いを晴らして絶対にみんなで力を合わせて勝ちたいです」と話した。

    虎2年目の今季は119試合に出場し打率3割8厘、68打点、16本塁打をマーク。だが、6月30日ヤクルト戦(神宮)で死球を受け、右腓骨(ひこつ)を骨折するなど、2度の故障離脱を味わった。(金額は推定)

    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201812130000322_m.html?mode=all

    (出典 www.nikkansports.com)


    【【野球】阪神 糸井 今季について…振り返りたくない】の続きを読む

    スポンサーリンク


    このページのトップヘ