糸井嘉男

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sanspo.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    故郷パワーで再出発や!! 左足首手術から復帰を目指す阪神糸井嘉男外野手(38)が10日、「故郷」の京都・宮津市内で野球教室に参加して健在ぶりを示した。

    10月上旬にメスを入れ、リハビリ中。8月9日広島戦での負傷後初めて公の場でゆっくりジョギングし、ロングティー打撃の実演指導もみせた。
    2月1日の春季キャンプ開始に照準を合わせ、盗塁王に挑戦する意気込みを示した。

       ◇   ◇   ◇

    故郷はいつも温かい。糸井が久しぶりに宮津市民球場に足を運び、しばしの郷愁に浸った。マイクを握りながら「懐かしい球場。最高です」と言う
    。京都・与謝野町出身。日本三景の1つ、天橋立を毎日のように見て育った。柔らかい表情で少年期を思い起こした。

    「ここは高校以来じゃないですか。(宮津高でプレーも)弱すぎるからちょっと地方に行くだけでうれしかった。
    この場所には試合でも絶対、自転車で来ていた。全然、変わってない」

    回復ぶりを示す1日になった。8月9日広島戦(京セラドーム大阪)で盗塁を試みて滑り込んだ際に左足首を負傷。
    10月上旬にメスを入れ、リハビリ中だ。約320人の野球少年少女たちと触れあい、元気な姿を披露。
    ウオーミングアップでは、先頭で軽く走った。9日にゆっくりのジョグを再開したばかりだという。

    「もうちょっといけると思いました。いま、いけても(ペースを)上げる必要はない。
    だいぶ足の方も。だいぶというか、完治です! 治ってるわ! 野球教室という名のリハビリや」

    冗談も順調な裏返しだろう。打撃も実演。患部に負荷をかけない8スイングのロングティー打撃では軟式球で右翼フェンスに当て、怪力の健在ぶりを示した。
    今季は夏場に離脱して不本意だったが2月1日のキャンプ初日に照準を合わせて、早くも来季の逆襲を誓った。

    「2月1日に。もちろん盗塁、スチールも常に興味を持っています。
    去年、数字的に全然走れなかった。これを完治させて、そういうのに挑戦していきたい」

    今季9盗塁はレギュラー定着後の最少で、2桁盗塁は11年連続で途切れた。
    今年を「去年」と言うなど、過去を振り返らない。盗塁王にも「頑張ります」と色気を隠さない。
    39歳シーズンのタイトルなら自身の記録(16年35歳)を更新する球界最年長。健脚にメスを入れても、意気盛んだ。

    人生初本塁打を放ったのは隣接するグラウンドだという。「ランニングホームランです」。いまに重なる快足で躍動した、思い出の地は超人の原点だ。
    次こそは盗塁王奪取で、故郷に錦を飾りたい。【酒井俊作】

    ○…糸井は子どもたちからパワーをもらった。8月に行った「糸井嘉男杯」の表彰式もあり、17年の開始から初めて駆けつけた。
    京都・与謝野町出身で、岩滝少年野球クラブに在籍した自身も前身の大会に参加し、小学6年時に優勝した。「(野球選手は)目指していた夢の1つ。
    まさか小さい頃はなれると思ってなかった。
    目指すものを必死に追いかけていったらなれる」。野球教室では素振りの大切さを説き「1日5000回してください」とジョーク一発。
    その後「素振りをする人が少なくなってきている。
    1日30回、真剣に」と呼びかけていた。

    ▼阪神糸井の故障離脱 日本ハム時代から右膝の故障に苦しんできた。
    昨季も死球で右腓骨(ひこつ)を骨折するなど2度の故障離脱。
    今季もキャンプ後の練習中に右膝の炎症を発症したが、開幕に間に合わせた。
    夏場まで103試合に出場していたが、8月9日の広島戦で二盗を試みてスライディングした際に左足を痛め途中交代。
    左足首の関節炎と診断されて同10日に出場選手登録を抹消された。
    当初は早期復帰を目指しリハビリしていたが左足首の腱(けん)に損傷がみつかり、10月8日に都内の病院で
    「左足首の関節鏡視下クリーニング術及び靱帯(じんたい)補強術」を受けた。現在は来季を万全で迎えるためリハビリを続けている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-11100871-nksports-base
    11/11(月) 6:00配信


    (出典 portal.st-img.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    http://npb.jp/bis/players/91195119.html
    成績


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    ガタイ的には30発打てるんやけどなぁ…

    1 風吹けば名無し

    左足首手術から復帰を目指す阪神糸井嘉男外野手(38)が10日、「故郷」の京都・宮津市内で野球教室に参加して健在ぶりを示した。 10月上旬にメスを入れ、リハビリ中。8月9日広島戦での負傷後初めて公の場でゆっくりジョギングし、ロングティー打撃の実演指導もみせた。

       ◇   ◇   ◇

    「鉄人クラス」の若き血も糸井の復活を後押しする。今季から契約するファイテン社の担当者は、4月の血液検査の結果について「血管年齢が26歳と若い。骨の活性化の指数も、異常に高かった。メンテナンスにもともと気を使っています」と説明。
    現役時の金本前監督も40歳当時で28歳くらいの血管年齢だったという。ケアへの意識は高く「治りも早くなるんじゃないですか」と太鼓判を押した。野球教室では子どもたちに同社のネックレスが配られた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-11101018-nksports-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 m.hanshintigers.jp)



    1 風吹けば名無し

    阪神・糸井嘉男外野手(38)が10日、京都府宮津市の宮津市民球場で少年野球の14チームに野球教室を行った。14チームの中には少年時代の糸井が所属していた岩滝少年クラブの選手たちも参加した。
    「(宮津市民球場に来るのは)高校以来じゃないですか。小中高まではやっていたのでホンマになつかしいですね」と振り返った。

    17年から行われる糸井嘉男杯の表彰式に登場。優勝チームから4位のチームまでにメダルや盾を授与した。
    10月上旬に「「左足首の関節鏡視下クリーニング術および靱帯(じんたい)補強術」を受けたばかりで、リハビリを続けるが、軽めのジョグやティー打撃などを行い、順調な様子が垣間見えた。

    宮津市民球場には自転車で向かっていたと明かした糸井。そんな思い出の球場で子どもたちの姿を見て
    「ああいう時があった。夢の一つであったので、まさか小さい頃なれると思ってなかったですけど、目指すものを必死に追いかけていったらなれるんやなと思いました」としみじみと回想していた。

    最後には子どもたちや関係者に対して「笑点が始まるからはよ帰りや」と笑顔で糸井節をにじませて球場を後にしていた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000082-dal-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 toranokoshien.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    来季こそ全快や! 左足首手術からの復活を目指す阪神・糸井嘉男外野手(38)が10月の術後初めて取材に対応した。
    移籍3年目の今季もシーズン完走とはならず悔しい思いをしたが、患部の状態については「前進している」と前向きに語った。
    随所にジョークを織り交ぜるなど、糸井節も全開。完全復活へ向け、視界は開けてきた。

    苦い過去への決別は、来季への決意表明となって表れた。10月上旬に受けた左足首の手術から2週間強。
    糸井が術後初めて、その胸中を明かした。

    「やっぱり前進はしていますね。(経過も思い描いていたより)早い。(状態は)たぶん良いと思う。
    歩行は(足首を)曲げたらダメな角度があるのでめっちゃ遅いんですけど。12月に入ったらダッシュもできると思う」

    力強い眼差しで、完全復活への道のりを見据えた。「左足首の関節鏡視下クリーニング術及び靱帯(じんたい)補強術」を無事に終え、今月9日に退院。
    術後左足首は固定され、松葉杖を使っての歩行を余儀なくされていたが、24日に抜糸した。2
    6日からは室内で、椅子に座った状態でのティーバッティングを開始。12月からのダッシュ再開へ向けて、着実にリハビリをこなす毎日だ。

    「答えたくない。(やはり悔しい気持ち?)答えたくない」

    質問がシーズン最終盤に及んだ際には、様々な思いが交錯し口をつぐんだ。8月9日の広島戦で左足首を負傷。早期復帰を目指したが、心と体は一致しなかった。
    「無理してでもやりたいなと思っていたけど、その我慢が出来ないレベルの痛みがずっとあった」。
    阪神へ移籍した過去2年はいずれも途中離脱。
    並々ならぬ意欲で臨んだ今季も、完走を果たすことはできなかった。もう、こんな屈辱は2度と味わいたくない――。
    「マジで見通しが立たなかったので、(決断は)全然重くなかった」。迷うことなく手術に踏みれたのは、そのためだ。

    103試合の出場に終わったが、チームトップの打率・314、5本塁打42打点を残した。規定打席にも到達。矢野監督からも改めて「簡単なことじゃない。
    来年もしっかり頑張ってもらいたい選手にはかわりないんで」と期待された。

    「まだ3ミリくらいのネジが入っているんで。同化するらしいね。ネジが。ターミネーターやな。アイルビーバック!(登場曲のイントロを歌う)ターミネーターや」

    随所にちりばめられた超人節は、一足早い全快宣言でもある。移籍4年目。20年シーズンは余すところなく、持てる力を発揮する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-00000045-spnannex-base
    10/28(月) 5:30配信


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    http://npb.jp/bis/players/91195119.html
    成績


    (出典 Youtube)

    糸井嘉男先制5号ソロホームラン!


    (出典 Youtube)

    2019年6月4日 阪神vsロッテ 8回表糸井第4号2ランホームラン


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 public2.potaufeu.asahi.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    左足首の負傷で2軍調整中の糸井嘉男外野手(38)が8日にも手術することが7日、分かった。
    この日も鳴尾浜でウエートトレーニングや治療に務めたが、周辺の靱帯(じんたい)などに今も痛みが続いており、
    トレーナーらと相談した上でメスを入れる決断を下した。これに伴い、ファイナルステージ以降の復帰もなくなった。

    8月9日の広島戦で盗塁を試みスライディングした際に左足首を痛めた。
    以降は鳴尾浜を拠点にリハビリを行いフリー打撃や守備練習は再開も、ダッシュなど走塁面の練習再開までは至らなかった。

    9月1日には「シーズン、フィニッシュ。早く上がりたいという気持ちでやってましたけど…。
    100%じゃないとチームにも迷惑かけるしファンの方にも。
    今の現状じゃ100%というのは、残念ですけど…」とレギュラーシーズンでの復帰を断念。
    その後はCSを含めたチームのポストシーズン進出を信じ、リハビリを最優先してきたが患部に水がたまり、足首の腱(けん)に損傷が見つかるなど回復しなかった。

    今季は主に3番に座り103試合出場でチームトップの打率・314で5本塁打、42打点。
    得点力不足に悩む打線の屋台骨を支えてきたが、昨季の左肩腱板(けんばん)損傷に続き、後半はケガに泣いた。

    移籍4年目に向け、もう離脱は許されない。
    チームは日本一に向け戦いを続けるが、糸井自身はまずは100%の状態に戻すことを先決とし、来季の開幕に備える。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000021-spnannex-base
    10/8(火) 5:30配信

    http://npb.jp/bis/players/91195119.html
    成績


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 風吹けば名無し

    阪神・糸井、左足首腱に新たな損傷…今季絶望か「シーズンフィニッシュ、マジです」
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190902/tig19090205020008-n1.html


    ち~ん(笑)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 niire210.xsrv.jp)



    1 風吹けば名無し

    マジで知らんみたいや


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 pbs.twimg.com)



    1 風吹けば名無し :2019/07/06(土) 19:16:33.31 ID:f2NfjoGO0.net

    引退してもおかしくない年齢で打ちまくってるで・・・


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sankei.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/24(月) 13:01:41.19 ID:isB+7J3r9.net

    「交流戦、阪神3-7西武」(23日、甲子園球場)

    得意の交流戦で勢いが一気に増した。昨季も18試合で・344、13打点と暴れた阪神の糸井が、今年の最終戦も3打数2安打、1四球で締めて“交流戦男”ぶりをアピールした。

    何よりもこの男らしい、鋭い当たりが多くなってきている。あと少しでスタンドインだった五回の第3打席に放った右翼フェンス直撃打が、まさにそう。
    初回の四球、七回の右前打での出塁はともに得点につながった。

    4日のロッテとの初戦でいきなり2ランをかっ飛ばし、5打数3安打3打点の活躍で幕を開けた今年の交流戦打率は12球団4位となる・3676。
    交流戦前は・283だった今季打率は・305まで上昇した。
    特にここ5試合は19、21日と続けざまに4安打の固め打ちを決めるなど、20打数13安打。驚異の打率・650をマークしてみせた。

    巡り合わせとはいえ、悔やまれるのは、この日の3度の出塁のうち2度は走者なしの2死からだったことだ。
    チームは13安打、14残塁での敗戦。七、八回と2度の満塁機で一本が出なかっただけに、走者を置いた場面で糸井に打席が回ってきていれば…と思わずにはいられない。

    何よりもチームの勝利が最優先。お立ち台に上がった21日にも「勝つことだけを考えて頑張ります」と話したように、敗戦後はいくら自分が活躍しようが多くを語らない。
    この日の試合後も、悔しそうな表情のまま前を向いて引き揚げた。

    矢野監督は22日の試合後に「ここにきて嘉男自身の状態が良くなっている。いいところで打ってくれるのが嘉男の本来の打撃。頼もしい」と目を細めた。

    42歳の福留が両ふくらはぎを痛め、リーグ戦再開後も離脱が続きそうな状況。37歳のベテランが福留の分も打線を引っ張っていく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-00000033-dal-base
    6/24(月) 9:00配信


    (出典 portal.st-img.jp)


    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    http://npb.jp/bis/players/91195119.html
    成績


    (出典 Youtube)

    阪神タイガース #7 糸井嘉男 応援歌


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 cb85eed7.itechh.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/23(日) 11:19:41.12 ID:tWM7WWk49.net

    ◇交流戦 阪神6―2西武(2019年6月22日 甲子園)

    阪神・糸井が勝利をたぐり寄せた。2点を追う4回1死三塁でカウント2―1から見逃せばボールだった本田の内角低めのスライダーを救い上げ、中前へ落ちる適時打にした。
    マルテの逆転打までつながり、一挙3得点に貢献した。6回先頭では高めの速球を強振して右翼フェンス直撃の二塁打。
    大山の左前打で5点目の本塁を踏んだ。

    2安打とも、少しでもズレていればファウルになるような厳しいコース。それをヒットゾーンへ運んだ様からも好調ぶりがうかがえる。
    矢野監督も「いいところで打ってくれるのが嘉男の本来の打撃だと思う。
    そういうものにどんどん近づいてくれている。頼もしく思います」と期待を膨らませた。

    直近4試合で計11安打。4日前の打率・276から一気上昇し、33日ぶりに打率3割の大台を回復した。交流戦は残り1試合を残して65打数23安打の打率・354。
    本領を発揮し始めた超人は「明日勝って終わりたいね」と3連勝締めを誓った

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-00000114-spnannex-base
    6/23(日) 5:30配信

    http://npb.jp/bis/players/91195119.html
    成績


    続きを読む

    このページのトップヘ