虎 Lucky

プロ野球を中心に高校野球、社会人野球、女子野球、MLBなどの最新情報や旬のネタをお届けしていきます。特に阪神タイガースを一緒に応援していこうというまとめブログです!!





    千葉ロッテマリーンズ


    野球場 (ボールパークからのリダイレクト)
    ーム時には日陰となるので、観客は直射日光に晒されず涼しく観戦できる。 興業目的で建設された米国の野球場は、PNCパークやグレート・アメリカン・ボールパークに見られる球場からの景観作りを狙った例を除き、多くは「Official Baseball Rules」(公認野球規則の原典)に記された努力義務
    170キロバイト (20,616 語) - 2019年1月15日 (火) 03:47



    (出典 d31ex0fa3i203z.cloudfront.net)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/01/16(水) 20:23:23.97 ID:Qs3JIynG9.net

     プロ野球・千葉ロッテマリーンズは本拠地のZOZOマリンスタジアム(千葉市美浜区)と周辺で「ボールパーク」化を進める。球団は県、市と15日、協力協定を締結。今後、子供向けの広場や娯楽エリアなどを増設する。

     ボールパークは、球場周辺に娯楽・商業施設などを設けて幅広いファンの集客を図るエリアを意味する。国内では仙台や広島のプロ野球チーム本拠地に整備されている。

     協定では、ボールパーク化するのは球場と周辺の計10・5ヘクタールで、すべて県立幕張海浜公園内に含まれる。ロッテは県から使用や管理の許可を得て、プロ野球オープン戦開催前の3月上旬までに、子供たちが入場無料でキャッチボールできる「マリンひろば」(850平方メートル)を球場南側に新設。駐車場も拡張し、収容台数を現行の577台から709台に増やす。飲食・娯楽エリアも拡充する予定といい、具体案は今後1年ほどかけて検討する。ロッテの広報担当者は取材に「球場だけでなく周辺を含めて管理運営することでにぎわいをさらに創出し、地域活性化につなげられる」と話した。

     県公園緑地課は「試合観戦以外にも多様な体験ができる仕組みをつくり、多くの人に公園を利用してもらいたい」としている。

     球場を巡っては、所有する千葉市の熊谷俊人市長が昨年11月、県内の経済人らでつくるロッテの応援団体「かもめ会」の総会で、球場の建て替えについて「選択肢としてあり得る」と発言。老朽化に伴う大規模改修費用が当初見込みの約50億円から70億~80億円に膨らんだためで、市は来年度、他球団の本拠地の状況などを調べて建て替えか改修かを判断する。市公園管理課は「ボールパーク化と球場を建て替えするか改修するかは関連しない」とした上で、「海辺の活性化に向けて協定には意義がある」と強調した。【斎藤文太郎】

    1/16(水) 9:36配信 毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000012-mai-soci

    (出典 cdn-mainichi-jp.cdn.ampproject.org)


    【【野球】ZOZOマリンスタジアム 「ボールパーク」へ】の続きを読む

    スポンサーリンク




    (出典 pbs.twimg.com)



    1 ニーニーφ ★ :2019/01/09(水) 23:26:11.15 ID:oUjTPOCi9.net

    ロッテの安田尚憲内野手(19)が9日、さいたま市の2軍施設で自主トレを行い、
    前日8日に隣部屋の309号室に入寮したドラフト1位・藤原恭大外野手(18)=大阪桐蔭高=から
    “珍質問”を受けたことを明かした。

    入寮後に310号室に住む安田の部屋を藤原がノックしてきたといい
    「2回来て、合計で1時間半くらいですかね。寮の生活だったり、1軍の投手はどんな感じなのか、とか話しました」
    と振り返った。

    2017年のU-18W杯の高校日本代表でともにプレーし、藤原にとって“兄貴分”の存在となる安田は
    「質問も受けました。『ゲームは持ってきていいんですか』とか『消灯時間はありますか』とか。
    桐蔭の寮と勘違いしているんですかね」と笑顔。
    「かわいいですよね。話すのは嫌いじゃないので、寝かせてさえくれれば」と今後も“お隣さん”として後輩を支えていく。

    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190109/mar19010916140004-n1.html


    【ロッテ 藤原恭大、隣部屋になる“兄貴分”安田尚憲に質問攻め 「ゲームは持ってきていいんですか?」】の続きを読む

    スポンサーリンク


    このページのトップヘ