阪神タイガース 投手

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sankei.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/15(月) 05:06:20.48 ID:E+GH0WXv9.net

    阪神・藤浪晋太郎投手(25)が先発予定だった15日のウエスタン・広島戦(倉敷)の登板を急きょ回避することが14日、明らかになった。
    この日、鳴尾浜球場で行われた練習中に右足に軽度の張りを訴えたため。

    先発前の最終調整を黙々と進めていた。キャッチボールや遠投の後、ダッシュなどのメニューをこなしていたが、この時に違和感を抱いたもよう。
    球団トレーナー、首脳陣が話し合い、「無理はさせられない」と登板延期の方針を決めた。

    ただ、球団トレーナーは藤浪の症状を「軽症」と強調。現状では19日からのウエスタン・ソフトバンク3連戦(タマスタ筑後)に先発がずれこむ見通しだ。
    15日は代わって浜地が1イニング限定のオープナーとしてマウンドに上がる。

    藤浪は前日13日のブルペン投球後には「(感覚は)悪くなかったですし、しっかりゲームにつなげられれば。
    納得できる形、感覚を出していけるように」と意気込んでいたが、思わぬ形で登板は先延ばしとなった。

    1軍昇格への道半ばで起こったアクシデント。症状が軽度と見られるだけに、今は悪化させないことが先決だ。
    平田2軍監督も万全な状態での投球を願う。次回、登板日に向けて入念に調整を進めていく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000007-dal-base
    7/15(月) 5:02配信


    【【野球】阪神・藤浪にアクシデント 15日の2軍戦回避 右足軽度の張りで登板延期 6試合1勝2敗 2.10 (2軍)】の続きを読む

    スポンサーリンク


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    【【朗報】阪神青柳さん、オールスターでも風格を見せる】の続きを読む

    スポンサーリンク


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 hochi.news)



    1 風吹けば名無し :2019/07/12(金) 07:19:15.30 ID:QaUMTjZZp.net

    阪神は11日、ランディ・メッセンジャー投手(37)の出場選手登録を抹消した。今季開幕投手を務めながら、前日10日の巨人戦(甲子園)で2回4失点で今季最短KOとなり、7敗目(3勝)と不振。
    矢野燿大監督(50)は後半戦の巻き返しへ、先発ローテーション再編に着手した。

    遠く離された首位・巨人の背中をつかまえるべく、矢野監督が動いた。開幕投手で大黒柱のメッセンジャーを抹消。先発ローテを組み直す。

    「何がいいかもう一回考えないとダメだし。ランディはちょっと現状、何回か同じ形でやられている。ランディのところは、ちょっと考える部分は出てくる」

    ここまで13試合で3勝7敗、防御率4・69。本来の姿からほど遠い右腕に、これ以上無条件でマウンドを任せるわけにはいかなかった。

    5月中旬から約2カ月間はローテ6人を固定。「全体的にはそれなりの投球を、先発陣はしてくれている」と信頼を寄せてきた。メッセンジャー以外の5人は変わらず後半戦スタートからフル回転を期待するが、第6の男を引き上げる。
    ウエスタントップの防御率2・43をマークしている望月が筆頭候補だが、この球宴期間中に最終的に見極めることになる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00000035-sanspo-base


    【【悲報】阪神メッセンジャー登録抹消…代役は望月】の続きを読む

    スポンサーリンク


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 yannpachi1956.hiho.jp)



    1 風吹けば名無し :2019/07/11(木) 21:31:32.47 ID:uXA5eEgW0.net


    (出典 i.imgur.com)


    【【悲報】阪神・馬場の投球フォーム……】の続きを読む

    スポンサーリンク


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.nikkansports.com)



    1 風吹けば名無し :2019/07/11(木) 18:01:51.52 ID:CWrmV1pap.net

    虎投の“軸”が本調子を取り戻せない。阪神のランディ・メッセンジャー投手(37)が10日の巨人戦(甲子園)で先発するも今季最短2回4失点で降板、7敗目(3勝)を喫した。

    初回2死から丸に右翼席へ一発を浴び、続く2回も3連打を浴び失点。さらに2死満塁から坂本に2点適時打を打たれ、直後の攻撃で打順が回ると代打を送られた。

    前回登板の4日のDeNA戦(横浜)も中15日を空けながら5回4失点、打席でもスクイズのサインを見落とすなど散々だった。試合後、本人は「今年は全然、投げられていない。調子がいいなと思ったら打たれたり、
    全然ダメだと思っていたら抑えたり。野球のクレイジーさに驚いている」と独特の表現で反省の弁。一方、矢野監督は今後について「いろいろ考えてみないとな、とは思っている」と2軍降格、再調整の可能性を示唆した。(山戸英州)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00000009-ykf-spo


    【【悲報】阪神メッセンジャー「今年は全然投げられ出ない。野球のクレイジーさに驚いている」2軍降格へ】の続きを読む

    スポンサーリンク


    このページのトップヘ