セントラルリーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 風吹けば名無し

    藤浪は200イニングを投げるポテンシャルがある。
    首脳陣にはたとえ打たれても、たとえ黒星が先行しても、結果に左右されず、1年間ローテーションを託してもらいたい。
    そうすれば、今のファンを含めた周囲の“期待度が高すぎる”見方も、徐々に変わってくるはず。
    それが、理想を追い求めすぎている今の藤浪のメンタルにも、変化を及ぼしてくれるはずだ。

    https://www.nikkansports.com/m/baseball/column/analyst/news/202002090000896_m.html


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.lmaga.jp)



    1 牛丼 ★

     意外な姿を見て「ほっこり」した人も多かったはずだ。プロ野球・元中日ドラゴンズ監督の落合博満氏が2月4日に放送されたテレビ朝日系のトーク番組「徹子の部屋」に夫人の信子さんとともにゲスト出演した。同番組の出演は実に15年ぶり。司会の黒柳徹子さんに声優の長男・落合福嗣氏にまつわる昔話や孫との日常的なエピソードなどを打ち明け、視聴者からも好評を博したようだ。

    過熱報道に惑わされないでほしい、ロッテのドラ1・佐々木朗希投手

    ■ ドラゴンズでは「落合」は禁句

     この日、日本プロ野球の各球団は春季キャンプ中。番組の放送開始時間は正午だったことから、さすがに生で見ているチーム関係者はまずほとんどいなかった。しかしながら放送内容についてはネットニュースでも詳細に報じられていただけに、その情報は球界にもすぐ広まった。

     ちなみに古巣の中日もキャンプ第1クールの最終日。中日のチーム関係者の1人は一軍キャンプ地の沖縄市北谷で紅白戦が終わった頃、手にしたスマホを見ながら「落合さん、何か楽しそうな〝第二の人生〟を悠々自適に歩んでいるんだな」とつぶやいていた。だが、すぐさまハッとした表情を見せると、口にチャックをする仕草をした後は多くを語らずにダンマリを決め込んだ。

     それも、そのはず。今の中日では「落合」が禁句となっている。別に明確な指示があったわけではない。そのしきたりは誰からともなく始められ、球団及び現場のチーム内で当たり前のように浸透している。「ドラゴンズに落合さんのことを尊敬している選手は数多くいるが、現在のチームにおいてはそんなことを言おうものなら微妙な立場に追いやられてしまう危険性がある」と中日OBは打ち明けた。

     2004年から8年間、ドラゴンズの監督を務めた落合氏は全てのシーズンでチームをAクラス入りさせ、4度のリーグ優勝とペナントレース2位からの日本一達成も成し遂げた。選手を徹底的にしごき上げ、厳しい練習を課すことでも有名だったが、その妥協しない姿勢がチームを常勝軍団へと成長させ、いつしか「稀代の名将」と呼ばれるようになった。ドラゴンズにとっては誰もが認めなければいけない文句なしの功労者である。

     ところが落合氏は中日球団の親会社から明らかに煙たがれ、毛嫌いされている。中日監督としての最後のシーズンとなったのは2011年。前年に3度目のリーグ優勝を果たしたものの、中日球団側は親会社の意向から落合氏との契約更新を行わない方針を早々に固めた。事実上の“クビ”だった。
    続きまーす
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200205-00059238-jbpressz-life


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.nikkansports.com)



    1 風吹けば名無し

    ボーアサンズマルテ福留糸井と主力を欠く阪神にボコられるのヤバすぎやろ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.ytimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    ディー・エヌ・エー(DeNA)が2月5日発表した2020年3月期第3四半期(2019年4月~12月)決算(国際会計基準)は、
    最終的なもうけを示す純損益が501億円の赤字になりました。前年同期は80億円の黒字でした。

    【DeNAの今後のゲーム事業の方針】

    ゲーム事業で実績が前期を下回って推移していることなどから、のれんやソフトウェアなどゲーム事業にかかわる資産の減損損失として約480億円の計上を迫られたことが要因です。
    業績の落ち込みに伴い、回収の可能性が低くなった繰延税金資産の一部を取り崩した結果、多額の最終赤字に転落しました。

    ただ、DeNAは「減損損失は一時的なものであり、キャッシュアウトは伴わないため、財務基盤への影響はない」と説明しています。

    売上収益は3.7%減の911億円。本業のもうけを示す営業損益は441億円の赤字(前年同期は85億円の黒字)に転落しました。

    通期の業績予想は「合理的な数値の算出が困難」として開示していませんが、通期で営業赤字に転落する見通しだとしています。

    巨額の赤字転落を受け、南場智子代表取締役会長、守安功代表取締役社長兼CEOは役員報酬の50%を3カ月間返上するとのことです。

    ○ゲーム事業は減収減益

    横浜ベイスターズなどで知られるスポーツ事業は好調な一方、本業のゲーム事業は売上収益が3.8%減の601億円、セグメント利益は32.6%減の89億円と、減収の上に大幅な減益となっています。

    同社はゲーム事業について、

    新たにリリースしたタイトルが貢献を始めたものの、既存タイトルを中心とした事業運営となり、ユーザ消費額は前年同期比で減少し、前年同期比で減収減益となりました。

     ──と説明しています。今後、ゲーム事業の収益基盤の再強化に取り組む方針です。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-00000061-it_nlab-sci
    2/5(水) 15:49配信


    (出典 Youtube)

    熱き星たちよ2019


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.j-cast.com)



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.daily.jp)



    1 1号 ★

     DeNAのラミレス監督(45)が23日、新潟市内でトークショーを行い、就任以来、4年連続負け越している阪神戦について「間違いなく今年はいい結果を残さないといけない。最低5割で優勝が見えてくる」と逆襲を誓った。

     苦笑いを浮かべていた。司会者から、昨年阪神戦に8勝16敗1分けと大幅に負け越したことを聞かれ「これは今触れないとだめですか?」と苦笑い。その後「毎回、阪神のことを話すと悪夢がよみがえる」と続けた。
     理由を聞かれ「4年間、勝てていない。なぜ勝てないのか。選手、戦力、技術が阪神の方が決して優れているというわけではない。なぜか勝てない。7回まで勝っていてもまだ何かあるかなと、、、。なぜか勝てない。誰もわからないかなと、、」と首をかしげるしかなかった。
     対策を聞かれ「何かを変えないといけない、間違いなく今年はいい結果を出さないといけない。ローテ、スタメンを変えてみたりして、最低5割で優勝が見えてくる」と相性を重視した采配で悪夢から目覚めるつもりだ。

    2020年1月23日 21時38分
    https://hochi.news/articles/20200123-OHT1T50206.html


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 風吹けば名無し

    結局これが原因で若手が出てこないんだよな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.chunichi.co.jp)



    1 風吹けば名無し

    何?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.asahicom.jp)



    1 風吹けば名無し

    巨人今村社長直撃インタビュー「阪神が強くなってくれないと球界も困る」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00000033-dal-base


    続きを読む

    このページのトップヘ