パシフィックリーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.nikkansports.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    昨年のパ・リーグMVPで首位打者、西武の森友哉捕手(24)がリーグ3連覇に挑むシーズンへの思いを明かした。
    人見知りを自認し普段は口下手という選手会長は、ワンランク上の捕手に進化するための新たな取り組みに着手。
    ド派手な金髪に込めた思いから大の仲良しでライバルでもある山川とのグラウンド外での“勝負”まで西日本スポーツのインタビューで語り尽くした。(聞き手・構成=小畑大悟)

    -昨季はMVPに輝き2連覇に大きく貢献した。新たに選手会長として迎える今季、心境の変化は。

    特にないですね。やることは変わらないので。

    -派手な金髪でキャンプインした。金色に込めた思いは

    いや、(自分に)プレッシャーをかけるとかは特別ないんですけど…。何でこんなんしたんやろうと自分でも思っています。
    でもずっと活躍しなければこんな髪の色もできないし、シーズンを通して試合に出続け活躍し続けることが大事。
    それでいろんなことができると思う。そういう意味ではプレッシャーをかけているのかもしれないですね。

    -周囲の目は?

    あまり気にならないですけど、活躍もしてないのに何してんねん、とならないように。それって気にしてるんか。
    別に活躍してるからええやんって言われるようになりたいと思います。

    -キャンプでは守備練習に力を入れている。捕手として構えから変えているそうだが

    そうですね。構えからブロッキング、スローイングと大きくは変えないけど、ちょっとずつ変えていこうかなと思っています。

    -構えはどのように変わったのか

    ほんまちょっとの差なので。ずっと見ている人は分かるかもしれないですね。足の幅であったり、構える角度であったりです。

    -自分の中では大きな変化を感じているか

    最初、違和感はすごくありました。でも、そっちの方がどっしりしているし、ピッチャーが見たときに投げやすいのであれば、ぜひそうしたいと思ったので。(投手に)投げやすくなったと言われることもありますね。

    -投手への接し方も変わった

    バッテリー間のことはピッチング練習、シート打撃、オープン戦と入っていく中で厳しく接していきたいと思います。ピッチャーの意見はしっかり聞いて、こっちの意見を言うという、コミュニケーションの時間はしっかりつくっていきたい。



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 www.nishinippon.co.jp)


    (出典 www.nishinippon.co.jp)


    (出典 www.nishinippon.co.jp)


    http://npb.jp/bis/players/91495139.html
    成績

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200211-00010000-nishispo-base
    2/11(火) 7:31配信


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

    ロッテの藤原恭大外野手(19)が8日、練習試合の台湾・楽天モンキーズ戦(石垣島)に「1番・中堅」でフル出場し、特大3ランを含む4安打の大当たり。
    15日の練習試合・中日戦(北谷)での大阪桐蔭高のチームメートだった根尾との「共演」に向け、アピールを続ける。
    試合はロッテが20―4で大勝した。

    「完璧でした」。豪快な一発が飛び出したのは9回2死一、二塁。3ボールから内寄りの直球をフルスイング。
    右翼フェンス奥の防球ネット上段に突き刺した。

    期待を背に臨んだルーキーイヤーの昨季。球団では54年ぶりの高卒新人での開幕スタメンを勝ち取ったが、6試合の出場で19打数2安打、打率1割5厘と苦しんだ。

    飛躍を期す今季に向け、オフから「全部変えた」というほど打撃フォームを再構築した。その一つが低くしたトップの位置。
    バットの軌道をスムーズにするためで、初実戦でも「打ち損じは減った」と効果を実感する。さらに2日前から「ボールの内側をたたく感覚」をイメージし、好結果に結び付けた。

    13日に石垣島でのキャンプを打ち上げ、沖縄本島では実戦漬けの日々になる。
    15日の中日戦では、外野に挑戦中の根尾と交互に中堅の位置を守る可能性もあるが「そうなるように、まずは残れるように自分が頑張らないと」と口元を引き締めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200208-00010059-chuspo-base
    2/8(土) 20:22配信


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 dot.asahi.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    ◆ソフトバンク春季キャンプ(4日、宮崎・生目の杜運動公園)

    A組で宮崎春季キャンプに参加していた田中正義投手(25)が、右肘の張りのため第2クールからリハビリ組に合流することになった。

    今キャンプでのブルペン投球は初日の1度のみ。「右肘の張りです。いろいろな人と相談し一度ストップしようと」と話した。

    第1クール最終日の4日は、キャッチボールをせずに室内練習場で患部のケアに専念した後、宮崎市内の病院で検査を受けた。
    森ヘッドコーチは「B組に行くことになる。程度は軽いと聞いている。まだ、キャンプの序盤だし早めにということ」などと説明した。

    2016年のドラフトで5球団が競合した右腕は、プロ入りから3年で未勝利。
    今キャンプ前には「ドラフト1位じゃなければクビになってもおかしくない成績。今年は必ず結果を残す」と不退転の覚悟を示していたが、序盤につまずいた形となってしまった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200204-00010020-nishispo-base
    2/4(火) 18:32配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 www.nishinippon.co.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    http://npb.jp/bis/players/31235134.html
    成績


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 pbs.twimg.com)



    1 Egg ★

     日本ハム・吉田輝が罰ゲームで一発芸を披露した。特守の複数メニューで一番採点が低かった右腕に課されたのが「全力コマネチ」。他の投手陣が見守る中、無人のグラウンドのマウンドに立つと、大声を上げて全力でやり切り、大きな拍手を浴びた。

    【写真】こちらが本家?ビートたけしの「コマネチ!」

    (出典 amd.c.yimg.jp)


     「罰ゲームを食らったのでしようがない」と照れ笑いを浮かべたが「コマネチの元ネタを知っているか?」と報道陣から問われ「知っています。(ビート)たけしさんですよね?」とキョトンとした表情。「本家」でもあるルーマニアの元体操選手ナディア・コマネチは知らない様子で、報道陣から説明を受けると「そうなんですね」と驚いていた。

    2/4(火) 19:16配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200204-00000216-spnannex-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.sportsbull.jp)



    1 風吹けば名無し

    佐々木朗「すごく疲れる」 プロ野球・ロッテ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200204-00000090-jij-spo
    ドラフト1位右腕の佐々木朗(岩手・大船渡高)は強い日差しを浴びながら守備練習やキャッチボールなどで汗を流した。
    第1クールを終え、「しっかり練習できた。一日野球をし、それが毎日続くのですごく疲れる」と振り返った。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    1 風吹けば名無し

    去年のオープン戦のように完全に抑えられる覚悟をしておくように

    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202002030001118_m.html


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 thedigestweb.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    14年ぶりに球団復帰した西武・松坂大輔投手(39)は、前日(1日)のキャンプ初日から30メートル距離を伸ばし、約80メートルの遠投を行った。
    「自主トレもそれなりに投げていた。昨日は抑えた」と笑顔。前日同様にけん制練習、軽めのノック、筋力トレーニングもこなした。

    3日は、今キャンプでは初めて本球場での投内連係練習にも参加予定。注目の初ブルペン入りについては、2日の予定もあったが慎重を期した様子。
    「(ブルペン入りは)いつでもいいけど焦ってはいない」とした。練習後には簡易テーブルを球場正面前に設置し、約30分間の即席サイン会も行った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-00000266-spnannex-base
    2/2(日) 21:59配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.daily.jp)



    1 風吹けば名無し

    ソースは片岡ちゃんねるの田中秀太スカウト

    高校時代から秀太スカウトに目をかけてもらったので、阪神に行けたら良かったと両親から挨拶された模様


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 風吹けば名無し

    秀太「源田は高校時代からプロで活躍できると思っていて、志望届を出していたら絶対指名していた」
    秀太「他球団からは全然注目されてなかったから6位くらいかな」
    秀太「でも親御さんが大学に行かせたいという理由で志望届を出さず、指名できなかった」

    ソースは今日の片岡ちゃんねる


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www3.nhk.or.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

    “令和の怪物”ことロッテのドラフト1位・佐々木朗希(18)の一軍キャンプ帯同が決まった。もっとも、沖縄県石垣島でのキャンプを見た者なら分かるが、千葉ロッテは一軍と二軍がほぼ同じエリアで練習する。

    目の届くところに、との配慮もあったのだろう。井口資仁監督(45)も「焦らせるつもりはない」と言った通り、今回の一軍帯同は“体験”だが、周りの大人たちがそれを許さない。

    「新人自主トレで判明したのは『筋力はある』ということ。腕、肩、腰、脚の筋肉量が多く、測定数値も高い方でした。でも、持久力がなく、すぐにバテてしまう。12分間走などのランニングもつらそうでした」(スポーツ紙記者)

    ドラフト指名した5人中3人が大学生。体力差は仕方ないが、素質は体力測定で改めて証明されたようだ。慎重に育てていかなければならないが、そうもいかない事情も出てきた。

    「今年は五輪イヤーなので、プロ野球界もその勢いに便乗したいと考えていま
    侍ジャパンの壮行試合として、『若手中心のネクストチーム』を編成し、日本代表と競わせるプランも出てきました」(球界関係者)

    ’06年、第1回WBCの壮行試合がイメージされているのだ。当時、12球団選抜チームが編成され、侍ジャパンと対戦した。
    その時、12球団選抜のマウンドに上がったのが、プロ2年目のダルビッシュ有だ。
    その試合を経て北京五輪予選リーグに先発し、第2回WBCメンバーに選出された。
    この理想的な成長劇を踏襲してもらいたいからか、佐々木のネクストチーム入りも囁かれている。

    「恒例の3月の国際試合はペナントレースの前倒しもあり、日程的に不可能です。
    ペナントレースが中断する7月が検討されています」(同)

    また、2月7日から侍ジャパンのドキュメンタリー映画『侍の名のもとに』が上映される。
    その舞台挨拶か宣伝のひと言を佐々木に、との声も聞かれた。

    「今の佐々木には、二軍戦でも1年間を戦う体力はありません。でも、怪我をしていないので、体験目的で、オープン戦のどこかで投げさせるという話も聞かれました」(前出・記者)

    1イニングなら、行けるという。早くも佐々木グッズの販売を開始したロッテ。
    壮行試合の登板案も驚きだが、営業的事情で今後も佐々木には前面に立ってもらう算段だ。とはいえ、あくまでも「慎重に」。早々の過保護デビューは間違いなさそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2175628/
    2020.01.31 18:00 週刊実話


    続きを読む

    このページのトップヘ