プロ野球OB

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 gendai.ismedia.jp)



    1 ひかり ★

     ソフトバンクの王貞治球団会長(79)がプロ野球のエクスパンション(球団拡張)について注目発言した。11日に放送されたTNCテレビ西日本の報道番組
    「CUBE(キューブ)」内でインタビューに応じ「野球界のためにはできるものなら16(チームになるよう)、あと四つ球団が誕生してほしい」と言及した。

     番組では過去10年の日本シリーズのうちパ・リーグ球団が9度制したことなどを踏まえながら、セ、パ両リーグの格差や再編の話題に触れた。
    王会長は「プロだから採算のことはあるが」とした上で「チームは多い方がいい。選手たちにとっても、小さい人(子どもたち)も、高校、大学でやっているような人にとっても
    受け皿があった方が絶対にいい」とプロ球団の増加を求めた。

     現在のプロ野球は各リーグ6球団で、クライマックスシリーズ(CS)には両リーグともレギュラーシーズンの上位3チームが出場する。リーグ優勝と日本シリーズ出場チームが
    異なるケースが出てきたことでペナントレースの価値が損なわれるなどの議論もあるが、王会長は「16チームならCSもあれこれ言われなくてすむ。12だから
    変なやり方になっていると言われる」と持論を述べた。

     野球・ソフトボールは東京五輪で3大会ぶりに競技復活した後、2024年パリ大会で再び除外されることが決まっている。日本でも野球の競技人口減少など
    危機が叫ばれる中、王会長は「子どもたちに夢を与えるには環境整備が大事。野球界にはいろいろな組織があるが、子どもたちのためにというテーマで話を
    まとめればかなりいい案が出る。五輪は世界の人たちが注目しているところ。野球はちょっと難しいが見る側からすればこんなに楽しいものはない、
    そんなアピールをしたい」と意欲的に語った。

    西日本スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00010015-nishispo-base

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578734475/

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578743486/


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.nikkansports.com)



    1 風吹けば名無し

    阪神は8日、鳴尾浜で新人合同自主トレをスタートした。矢野燿大監督(51)ら首脳陣も視察に訪れた中、春季キャンプで臨時コーチを務める山本昌氏(54)がサプライズで登場した。

    山本氏はドラフト1位・西純矢投手(18)=創志学園高=ら新人8選手のキャッチボールなどを見つめ「あいさつできてよかった」と笑顔。
    昨年の秋季キャンプで臨時コーチをつとめ、2月のキャンプでは1軍の沖縄・宜野座だけでなく2軍の高知・安芸キャンプにも訪れることが決まっている。それでも臨時コーチが合同自主トレの初日に姿を見せるのは異例で、電撃的な視察となった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000523-sanspo-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 cdn.asagei.com)



    1 ばーど ★

     キヨ(清原和博)は泣いていた。

    「力を貸してください」と書いた年賀状を送ってきた2000年、オフから厳しい食事制限やウエートトレーニングで肉体改造を敢行。極限まで自分を追い込んでいた。

     雪が舞う3月の岐阜・長良川球場。阪神とのオープン戦だった。原ヘッドコーチからは「まだ寒いから主力は出なくていい」と言われていたが、ストイックに取り組んでいたキヨは「いや、出ます」と直訴。強行出場した試合で左太ももを肉離れしてしまった。全治3週間以上で開幕は絶望。私が宿舎の部屋を訪ねると、帰京するため、背中を丸めて荷物をまとめていた。キヨは私の顔を見ると「あれだけ辛抱してきたのに……」と涙を流した。

     悔しかったのだろう。さらにこう言った。

    「内田さん、今日は俺、暴れていいですか? 徹底的にアルコールを入れますわ」

     オフの間から禁酒をして臨んでいたが、東京に帰って憂さ晴らしをするという。

    「今日くらいはいいんじゃないか」

     キヨの無念さを思えば、止められなかった。

    ■「今日見ただけで俺の何が分かるんや」

     当時の渡辺オーナーからは「彼がケガをして優勝の要因が増えた」とまで言われた。

     聞く耳は持っていたが、何より嫌いだったのは、名球会などの大物OBが球場に来て5分や10分見ただけで「脇があいているから打てないんだ。インサイドはこう打て」といったパフォーマンスのような指導をすること。「今日、何十球見たくらいで俺の何が分かるんや」と吐き捨てるように言っていたものだ。

     特徴は右中間によく飛ぶことだが、気持ちが不安定だったり、不調の時は、強引になり、引っ張った打球がドライブする。左肩が早く開いて右肘が体から離れる。そういう時は、試合前のフリー打撃でケージの後ろから指示をするのではなく、私がセカンドのポジションに立ち、「俺を狙って打ってこい」と伝えた。私は二塁手の位置からキヨの打撃フォームを見て、肩が開かないか、バットの軌道がインサイドアウトになるかをチェックしていた。最後の数分は左中間に引っ張っていいことにした。

     キヨとティー打撃をすると、マスコミが近寄ってきて「内田さん、清原と話しながらティー(打撃)をやっていましたけど、どんなアドバイスをされたんですか?」と聞いてくる。

    「2人の話だから言えない。俺のルールだから。キヨが『細かいことは内田さんに聞いてくれ』と言うなら、いくらでも話すけど」

     パフォーマンスになってしまうのが嫌だった。それが、指導者としての私のルールで、辞めるまでそれを守った。すると、テレビ局は美人女子アナウンサーを投入する。私がポロッと話すんじゃないかという狙いだろう。あの頃はマスコミもキヨの情報を取ろうと必死だった。

    2020/01/08 06:00 日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/267189

    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 dot.asahi.com)



    1 牛丼 ★

    野球日本代表が定着していなかった1970年代、1980年代、1990年代の3世代で侍ジャパンを編成してみる企画。第2回の今回は1980年代。1984年のロサンゼルス五輪時点での代表チームを選んでみた。また、人数は今年の東京五輪と同様に24人としている。

     1980年代前半、セ・リーグは山本浩二、衣笠祥雄の両輪が大活躍した広島が覇権を握っており、ロサンゼルス五輪のあった1984年も日本シリーズで阪急を破って3度目の日本一に輝いている。翌1985年は阪神が初の日本一を勝ち取っているが、一過性のもので強さは持続せず、巨人、中日、広島が安定勢力だった。一方のパ・リーグは阪急の全盛期が終わり、台頭してきたのが西武と近鉄の二球団。西武は1982年、1983年に日本シリーズ連覇を達成し、1985年からはリーグ4連覇を成し遂げている。そんな時代の24人を以下のように選んでみた。

    投手
    北別府学(広島)
    西本聖(巨人)
    東尾修(西武)
    遠藤一彦(大洋)
    山田久志(阪急)
    佐藤義則(阪急)
    小松辰雄(中日)
    大野豊(広島)
    角三男(巨人)
    牛島和彦(中日)

    捕手
    山倉和博(巨人)
    達川光男(広島)
    伊東勤(西武)

    内野手
    落合博満(ロッテ)
    衣笠祥雄(広島)
    篠塚利夫(巨人)
    大石大二郎(近鉄)
    掛布雅之(阪神)
    高木豊(大洋)
    高橋慶彦(広島)

    外野手
    山本浩二(広島)
    田尾安志(中日)
    簑田浩二(阪急)
    松本匡史(巨人)

    ※()内は当時の所属チーム

    スタメン
    1番 高橋(ショート)
    2番 篠塚(セカンド)
    3番 掛布(サード)
    4番 落合(ファースト)
    5番 山本(レフト)
    6番 田尾(ライト)
    7番 衣笠(DH)
    8番 山倉(キャッチャー)
    9番 松本(センター)

     まず投手陣。前回の1976年はパ・リーグのエースが並んだが、8年後の1984年はセ・リーグのエース達が中心となった。北別府、西本はともに高いコントロールとシュートを武器に試合を作れるのが大きい。本格派の遠藤に、この当時もベテランの味を発揮していた東尾も先発として計算できるだろう。第二先発として期待したいのが佐藤と山田の阪急の新旧エース二人。佐藤は晩年こそ変化球投手だったが、当時はバリバリの本格派として鳴らしており、1984年からは2年連続で奪三振王に輝いている。山田もだいぶ晩年に差し掛かっていた時期ではあるが、豊富な経験とアンダースローのボールの軌道は貴重だ。

     セットアッパーは小松、大野、角の三人。小松はこの当時は先発だが、「スピードガンの申し子」と呼ばれたスピードで短いイニングであれば圧倒できるだろう。大野、角は貴重なサウスポー。ともにリリーフとしての実績があるのが心強い。抑えは当時売り出し中の牛島。高い制球力で自滅することがなく、フォークという決め球があるのも大きい。

    続きがあります
    https://dot.asahi.com/dot/2019122500096.html?page=1


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 d10tw3woq6mt3i.cloudfront.net)



    1 砂漠のマスカレード ★

    元巨人で昨季限りで西武から戦力外通告を受けた高木勇人投手(30)が5日、メキシカン・リーグのユカタン・ライオンズに入団することが同球団の公式ツイッターで発表された。

    高木勇もこの日、自身のツイッターを更新。
    「自分の実力を出し切りたい!!日本には必要とされなかった事は悔しいけど、必要と思ってくれた所で全力で頑張ります!!」などと決意をつづった。

    高木勇は14年ドラフト3位で巨人に入団。1年目の15年に9勝を上げたが、翌年から5、1勝と成績が下降し、野上のFA移籍の人的補償で18年に西武へ移籍。
    同年は8試合に登板して1勝2敗、19年は2試合の登板でプロ入り初の未勝利に終わり、戦力外通告を受けていた。

    昨年11月には、現役続行を希望して大阪市内で行われた12球団合同トライアウトに参加。約1か月半ぶりとなるマウンドで3人の打者と対戦して1被安打、1奪三振の結果を残し
    「久しぶりだったので、一瞬マウンド(からホーム)が遠いかなとも思ったけど、投げていてすごく楽しかった」と語っていた。

    ◆高木 勇人(たかぎ・はやと)1989年7月13日、三重県生まれ。30歳。三重・海星高では2年秋に県大会優勝、東海大会4強。3年時にプロ志望届を提出したが指名がなく、三菱重工名古屋でプレー。
    都市対抗大会に6度出場(うち2度は補強選手)。2014年ドラフト3位で巨人入り。18年に巨人にFA移籍した野上の人的補償として西武へ移籍。178センチ、90キロ。右投右打。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-01050025-sph-base
    1/5(日) 9:31配信

    http://npb.jp/bis/players/31035130.html
    成績


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 dot.asahi.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    続いてイチロー氏(46)が「学生野球資格復活制度」の研修会に参加したことについて意見を求められると、

    「あれ、厳密に言うとダメなんです」

    とバッサリ。

    参加資格には、球団に在籍していない者に限るという規定があり、マリナーズで会長付特別補佐兼インストラクターの肩書があるイチローには資格がないというのだ。続けて、

    「NPBがなんらかの特例を出しているとしか言えないよね」

    と釘をさすことも忘れなかった。

    さて、元大リーガーのイチローを俎上に載せたら、お次はメジャー挑戦を表明した日本人野手だ。例外なく五月雨斬りである。

    「失礼だけど、彼らに匹敵する選手は3A、2Aクラスにもいっぱいいる。日本の成績を踏まえてどのくらいの数字を残せるか分析しているけど、あくまで期待感。実際、1年目は本当に苦労するだろう。本当に力を発揮するのは2年目からでしょう。向こうでできるかできないかは、ゲームに出られるか出られないかのところから始まると、個人的には思っています」

    残念ながら落合氏の指摘どおり、日本人野手のメジャーでの評価は低い。行き先がはやばやと決まったのはレイズと2年13.2億円で契約した筒香嘉智(28)である。

    「真っ先に契約がまとまったことは、筒香がメジャー球団に評価されている証拠です。ただ、ポジションが確約されたわけではなく、春先からレギュラー争いをする立場。まずは確実な数字を求められるだけに、アベレージの低い筒香は苦戦必至でしょう」(スポーツ紙記者)

    ところで、意外な男も斬り捨てられた。阪神の秋季キャンプで臨時コーチを務めた山本昌氏(54)だ。

    「山本昌がいちばん好きだったのは小田幸平なんだ。昌は、このボール絶対に違うと思っても、小田のサインに首を振らない。アイツはそこについて何も考えてない」

    と軽くコキ下ろした。しかも、谷繁元信氏(49)との相性の悪さまで匂わせたのだから、たまらない。それでも、落合氏の見立てとは違い、山本昌コーチは阪神では頭脳派と受け取られているようだ。

    「練習後に昌さんにアドバイスを求める若手が出待ちする盛況っぷり。耳を傾けてみると、話のほとんどが自身の失敗体験。

    どうやって200勝したかではなく、打ち込まれた試合や自身のケガについての善後策を若手に説いていました。あまりにも評判がいいので、春季キャンプには『1軍の宜野座と2軍の安芸を行き来する昌専用のチャーター機も用意しなきゃ』なんて冗談まで飛び出している」

    球界の「しくじり先生」は20年も引っ張りだこになりそうな気配である。

    現行の球界には無関心を装う落合氏だが、こう付け足すことも忘れなかった。

    「野球を解説してくれっていうんならやりますよ。『なぜ野球を見てもいないのに解説できるんだ?』って意見があるけど、俺はこのゲームを解説に来たんであって、ここまでの何かを語るために来たわけじゃない。だから、解説者としては、野球の仕事はできる」

    試合を見ずとも的確に斬り込む姿は実におみごと! 今後もその千里眼を生かして野球界をブッタ斬ってほしい。

    http://dailynewsonline.jp/article/2141714/
    2020.01.03 18:00 Asagei Biz


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 砂漠のマスカレード ★

    ヤクルト、巨人、阪神で4番を任された広澤克実氏(57)。ヤクルトでの10年間で、2度の打点王を含む1301安打を記録したが、
    1994年オフにFAで巨人に移籍後、5年間で296安打に留まった。移籍決断の裏にあった思いを聞いた。

     * * *

    巨人での5年間は苦しかったですよ。プレッシャーで打てなかったこともありましたし、豊富な人材がいてポジションをなかなか固定してもらえなかった。

    本職の一塁手には落合博満さんがいて、慣れない外野手での起用が多かった。移籍1年目は生涯で初めて打率2割5分を割りました。

    2年目のオープン戦では、当時12球団で一番コントロールがいいと言われた西武の石井丈裕から死球を受け、骨折して連続試合出場が止まった。
    それまで1度も骨折経験がなかったのに、巨人で2度も骨折しました(苦笑)。

    FAで巨人に行っていなければ……と考えることはあります。移籍前に、当時ヤクルトの野村(克也)監督からは「巨人の体質を考えたら、行かないほうがいい」と反対されていました。
    でも、ヤクルトに残って後悔するなら、FAしての後悔を選ぼうと思ったんです。

    広澤氏は1999年に巨人を自由契約となり、翌年から恩師である野村氏が監督を務めていた阪神に移籍する。

    もしヤクルトに残っていれば、野村監督の野球理論をもっと身につけることができたでしょう。
    野村監督はよく「頭を使え」と言いますが、僕に限らず大半の選手は現役時代、“感覚”でやっていたと今になって思います。

    若い頃に理論を持って野球ができていれば、成績が落ちても底なし沼にハマらず、抜け出せただろうな。
    もちろんコーチの助言はありますが、プロは自分で自分の状態を判断し、最後は自分の中で消化できないといけません。

    ヤクルトに生え抜きで残っていれば、今頃は監督になれていたかもしれないが、お山の大将で終わっていたかもしれない。
    色々な経験を経たからこそ、今では野村監督に教わった理論にオリジナルを加えられて、自分では野村理論を越えたと思っています。

    それを後輩に指導しても面白いけど、一番は今の理論を身につけたまま20代の肉体に戻って野球をやりたい。物凄い成績が残せると思います。

    ●ひろさわ・かつみ/ヤクルト、巨人、阪神で4番を任され、通算1736安打、306本塁打を記録。引退後は阪神の打撃コーチ、カンボジア代表のコーチも務めた。

    ※週刊ポスト2020年1月3・10日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191229-00000007-pseven-spo
    12/29(日) 7:00配信


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 ネギうどん ★

     米大リーグ機構(MLB)と審判員組合が2024年までの労使協定で、コンピューターによるストライク、ボール判定を将来的に導入することで合意した。

     プロ野球、元巨人監督の堀内恒夫氏(71)は25日、ブログでこの話題を取り上げた。「とうとうここまできてしまったか。そんな思いだよ」と複雑な様子。「しかし、審判員組合もよく納得したね。自分で自分の首を絞めることになりゃしないのかい?」と疑問を呈した。

     「ロボット審判」はMLBが来季にマイナー1Aのフロリダ州リーグ、21年には3Aと段階的に採用する計画で、メジャーでは早ければ22年からの見通し。既にMLBと提携する独立リーグのアトランティック・リーグや、マイナーの有望選手が集まるアリゾナ秋季リーグの一部では導入している。

     堀内氏は「ストライク、ボール この判定を機械に任せるようじゃ もはや野球じゃない コンピュータゲームだと思うよ」と危機感を募らせていた。

    https://www.sanspo.com/baseball/news/20191226/mlb19122615180006-n1.html


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.daily.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★

    韓国史上最高の投手

    1996年2月27日、ゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター 赤・緑』が発売された。

    当時、据置型ゲーム機のプレステやセガサターンが定着し、同年6月にはNINTENDO64も発売とゲームボーイはすでに一昔前のハードになりかけていたが、ポケモンのヒットにより息を吹き返す。
    雑誌『コンティニュー』Vol.9掲載の開発者・田尻智インタビューでは、「もう打ち合わせをしていてもサターンをどうやって売るかって話で盛り上がってて。
    だから『ポケモン』製作が一番佳境だったとき、世間的には時代遅れって言われたわけ。「いまゲームボーイのソフトを作ってる」って言うと、「なんで」って(笑)。
    「もう終わりでしょ?」みたいなね」と95年から96年ごろのゲーム業界を振り返っている。あのヤンキースの田中将大も少年時代にポケモン緑で遊び、
    のちに『ポケットモンスター サン・ムーン』のCM出演も果たしたが、88年11月生まれのマー君は初代発売時は小学校低学年のまさにポケモン直撃世代だ。

    さて、そのころのプロ野球で話題を集めたのはひとりの韓国人右腕・宣銅烈(ソン・ドンヨル)である。
    ヘッテ・タイガースの2年目には24勝6敗、防御率0.99と圧巻の成績を残し、
    そこから7年連続含む8度の最優秀防御率、最多勝4度と名実ともに韓国史上最高の投手と称される国宝級の存在だった。

    90年代に「日韓プロ野球スーパーゲーム」という両国の選抜チームが戦う日米野球的な興行があったが、初開催の様子を報じる『週刊ベースボール』91年12月2日号には
    「キミはソン・ドンヨルを見たか!?」なんて派手な特集記事が掲載されている。練習中に右足首を痛め3イニングの限定登板だったが、5連続三振含む2安打無失点投球を披露。
    空振り三振を喫した日本の四番・落合博満も、「(150キロ近い)ストレートには評判通りの威力があるし、スライダーは実に素晴らしい。
    韓国No.1という評判はダテじゃない。すごい投手を見たよ」と脱帽した。

    当然、NPB関係者も「日本でも15勝はできる」と怪物投手の獲得を目論み、その後もたびたび中日やダイエーが接触を図るが、
    ヘッテ側は円高に乗じた札束攻勢は許さないと自国の英雄の流出に対し拒絶反応を示す。
    92年にソンは右肩を故障しわずか11試合の登板に終わるも、30歳で迎えた93年にクローザー転向すると、49試合で10勝3敗31セーブ、防御率0.78と復活。
    ソン本人は「できることなら中日か巨人で投げてみたい」と新たなチャレンジに前向きだったが、球団オーナーが会見を開き一方的に残留発表したことに不信感を募らせ、
    95年オフにはついにソンが「日本でやらせてくれないならユニフォームを脱ぐ」宣言。
    マスコミやファンが11年間もヘッテに貢献したのだから夢をかなえてやればいいと後押しして、2~3年後に球団に戻るという条件付きで日本移籍が認められる。」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191225-00000004-baseballo-base
    12/25(水) 11:01配信


    (出典 www.sponichi.co.jp)

    https://column.sp.baseball.findfriends.jp/show_img.php

    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 net-kousien.com)


    http://npb.jp/bis/players/91493882.html
    成績


    (出典 Youtube)

    1996宣銅烈vs落合博満


    (出典 Youtube)

    【伝説】 イチローvs宣銅烈 両国史上最高同士の死闘


    (出典 Youtube)

    燃えよドラゴンズ1998


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.ytimg.com)



    続きを読む

    このページのトップヘ