女子野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 iwiz-spo.c.yimg.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★

     女子プロ野球機構は26日、都内で会見を行い、現状報告と11年目を迎える来季以降の構想を発表。リーグ継続が困難だとして新規スポンサー参入を呼びかけた。

     異例ともいえるシーズン中盤での会見で、元三沢高エースで機構のスーパーバイザーを務める太田幸司氏(67)は「(野球をやりたい少女の)夢をつぶしたくないので、手段選ばず続けたい」と窮状を訴えた。

     女子プロ野球リーグはサプリメント販売のわかさ生活(京都)によって、10年に2チームで発足、徐々に規模を拡大し女子野球普及に貢献してきた。プロリーグとしているが日本野球連盟(JABA)や日本野球機構(NPB)の傘下ではなく、独立リーグ扱い。14年に運営団体が一般社団法人化され門戸を広げたが現在まで外部参入はなく、わかさ生活と従業員契約した4チームの選手による事実上の社員対抗戦になっている。

     会見で同機構の彦惣(ひこそう)高広代表理事は、今季の観客数は現在消化している47開催日で計4万781人と、昨年同時期に比べて約2万人減少。わかさ生活はこれまでに100億円を投じているが、1球団当たり年間2億以上の経費に対して売り上げが5000万円前後(昨年実績)と赤字が続いているとして、「応援していただきたく企業、スポンサーでなく社会、地域にも参入して欲しい」と訴えた。

     一方で女子プロリーグのレベルを維持するため、選手ごとのチーム参入には難色を示しており、現在4チームで約70人いる選手を再編、既存球団のオーナーとして譲渡することを考えているという。これまでに何件か参入の話はあったものの条件面で折り合いがつかず実現していなかったが、「(再び)是非という感じ。本気であれば歩み寄りたい」と彦惣代表理事は語った。

     現段階で具体的に動いている話はないが、リーグ存続のためにさまざまな可能性を模索したいという。もし進展がなくても「(発足当時の)2チームに縮小しても存続したい」と太田氏。「今日はしんどい数字を公表しましたが、後ろ向きには考えていません。これまでは(わかさ1社の)閉ざされたスタイルでしたが、今日をもってウエルカム。どんどん仕掛けて話を聞いてもらいたい」と熱を込めた。

     ◆女子プロ野球 わかさ生活が中心となって10年に2チームでリーグ戦を開始、現在は4チーム約70人が在籍し、年間約120試合を行う。これまで数々のNPB経験者を指導者として迎えており、現在は小林雅英氏(45)と石井義人氏(41)が統括コーチを務める。1950年代にも数年間、実業団チームによる女子プロ野球リーグが行われたが関連はない。


    8/26(月) 16:25配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00000140-sph-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 comicin.jp)



    1 muffin ★

    https://bunshun.jp/articles/-/13253

    数ある高校野球マンガのなかでも、『タッチ』を筆頭とする、マンガ家・あだち充の作品は、異質な存在だ。『タッチ』はそのブレイクとともに、いわゆる「脱・スポ根の野球マンガ」などと評されたが、そもそも、あだち充の高校野球マンガをスポーツマンガと呼べるか、という時点で議論は起こる。「高校野球はあくまで舞台であり、本質はラブコメ」という意見も多いが、それは否定できないだろう。

    だが、だからといって、あだち充が一連の作品で描いてきた高校野球の姿が、おざなりだったかといえば、そうとは言えない。王道のスポーツマンガでありながら、設定や細かな用語の使い方が雑な高校野球作品もあるなか、あだち充の高校野球関連の作品は、特に『H2』以降、旬な高校野球の話題や時代背景が作品にちりばめられており、大会システムなどの描写も基本的には正確。おそらく「通」や「マニア」と呼ばれるような高校野球ファンが見ても、「わかっている人だ」と共感できるレベルである。

    近年は野球マンガもリアル路線が主流になっているため、いまとなっては、それほど珍しいことではないかもしれない。だが、あだち充は30年近く前から、既にこうした姿勢で描いていたのだ。

    あだち先生(ここからは、あえてそう呼ばせていただきたい)は、あくまで想像だが、高校野球事情について常に情報収集を欠かさず、資料として専門誌をかなり読み込んでいることがうかがえる。ただ、その「反映」の多くは、一連の作品が「高校野球はあくまで舞台であり、本質はラブコメ」である故に、作中ではあまり目立たず、主題やストーリーの本筋とも直接的には関係ないケースが少なくない。あくまで設定の一要素、何気ない一言で終わっていることもある。

    細部のリアルさにこだわって作り込んでいながら、表現や役割はサラリ。そんなところに、トップを走り続けるマンガ家の凄みを感じると同時に、それもまた、マンガ表現からキャラクターに至るまで、あだち作品の根底に流れる「抑制の美学」の一種にも見える。上杉達也を筆頭とする、あだち作品の主人公たちは「努力や気遣いを人に見せない」のが美学なのだ。

    筆者があだち先生の作品と現実の高校野球界のリンクを最初に感じたのは『H2』。主人公・国見比呂の女房役、キャッチャー・野田敦が発した次のセリフである。

    「校舎の屋上で甲子園めざしてる学校もあるんだ。ぜいたくはいえねえな」
    (『H2』第5巻P155「うちの姉ちゃんだよ」より)

    これは国見と野田が通う千川高校の野球部創部が決まり、練習グラウンドを作るシーンのセリフだが、目にしたときにピンときた。

    「うちの姉ちゃんだよ」は、連載されていた『週刊少年サンデー』の平成5年第33号(1993年8月4日号)に掲載。実はその約1ヶ月前に発売された『第75回全国高校野球選手権大会予選展望号』(『週刊ベースボール1993年7月3日増刊号』)、いわゆる夏の甲子園・地方大会展望号に、このセリフを示すような記事があったのだ。

    タイトルは「コンクリート・ブルース」。その年、東東京大会に初出場する都立日本橋高校のルポである。都心のど真ん中、ビル街にある都立日本橋高校は校庭が狭く、新たに誕生した硬式野球部が練習するスペースはないに等しい。そこで目をつけたのが校舎の屋上。学校の特別予算で防球ネットを張り、バドミントン・コート2面分ほどの練習スペースを確保できた、というエピソードが紹介されていた。

    「これは偶然なのだろうか? いや、あだち先生もきっと展望号を読んでいたに違いない」

    その気持ちは追々強くなっていった。なぜなら、その後も『H2』には、前出の展望号のようなベースボール・マガジン社の高校野球雑誌や『報知高校野球』を読んだのではないか、と感じさせるエピソードが見受けられたからである。

    続きはソースをご覧下さい


    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 hochi.news)



    1 おちんちん :2019/07/13(土) 19:11:39.06 ● BE:547841423-PLT(25252).net



    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    女子野球の埼玉アストライアに所属する加藤優外野手が12日、自身のインスタグラムを更新。敬遠してきた“禁断”のノースリーブ姿を公開しファンを喜ばせている。
    15日には神宮でオールスターゲームに星桜(せいおう)チームの一員として出場
     女子野球の埼玉アストライアに所属する加藤優外野手が12日、自身のインスタグラムを更新。敬遠してきた“禁断”のノースリーブ姿を公開しファンを喜ばせている。
    加藤優は自身のインスタで「三頭筋によってずっと敬遠してきたノースリーブ系の私服に今年は挑戦しようと思います。という謎の報告でしたw」とコメントを添え“禁断”のノースリーブ姿を公開した。女子アスリートが披露した筋肉美にファンも歓喜の声を上げている。

    「筋肉女子素敵です」

    「素敵な筋肉ですねっ」

    「何着ても似合います」

    「やっぱりどんな衣装も似合いますね!」

    「美しい」

     女子プロ野球は15日に神宮でオールスターゲームが開催。加藤優も星桜(せいおう)チームの一員として出場する。MLB、NPBのオールスターゲームに負けない熱い試合に注目だ。

    ソース
    https://full-count.jp/2019/07/12/post438029/


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sankei.com)



    1 Egg ★ :2019/05/03(金) 23:00:12.16 ID:HprLiW6P9.net

    プロリーグ発足から10年、今、女子プロ野球が大きな岐路に立たされています。

    【竹上萌奈キャスター】
    「まもなく試合が始まります。お客さん続々入ってきます。小さいお客さんの姿も結構見られ熱気がスゴイです」

    3日、京都市内の球場で開かれた女子プロ野球の春季リーグ。地元チームの優勝がかかる大一番とあって大勢のファンが詰めかけました。

    今年で発足10年目。新しい時代となりますます盛り上げたい女子プロ野球ですが…。

    【日本女子プロ野球機構 彦惣高広代表理事】
    「撤退せざるを得ない状況に直面していることは間違いない」

    女子野球のプロリーグは、2010年に、関西の2チームからスタートしました。6年前からは京都、愛知、埼玉の4球団となり、約70人の選手が活躍しています。

    【男性ファン】「身近で近くでプレーみれる」

    【女子小学生】
    「いま少年野球やってて女子プロ野球もやりたいと思う」
    Q:将来は?
    「女子プロ野球」「一緒にいこうって言ってる」

    人気の秘密は、選手の笑顔と、その地道な活動にありました。お気に入りの選手を選ぶ「美女9総選挙」といったキャンペーンや野球教室などファンサービスにも力を入れてきました。

    去年の観客数は、1試合平均で約1500人、合計で過去最高の9万6000人を記録。

    【京都フローラ 三浦伊織選手(27)】
    「野球がすごい大好きというのが一人一人もっていて、楽しいのが前面にあふれているのが女子野球の魅力かな」

    しかし、人気のウラで…実は、女子プロ野球の運営はブルブルくんのキャラクターでも知られる京都の健康食品メーカーが「ほぼ一社」で担っているのです。

    年間運営費、約10億円かかるなかチケットなど収入は「約2億円」。つまり「毎年8億円程度」の赤字が出ていたのです。

    そして、ついに、今年1月、運営元の社長が「ことし集客数が倍にならなければ運営の撤退も考える」と話すなど、その存続が危ぶまれているのです。

    【日本女子プロ野球機構 彦惣高広代表理事】
    「内々に今年で終了するということが確定したわけじゃないので、やっぱり世の中・地域の方に必要とされるかどうかだと思いますので、そこの部分で応援してもらって必要とされるような球団作り、リーグ作りに励んでいくということに変わりない」

    節目の年を迎えリーグ消滅の危機を抱える女子プロ野球。
    プロ入りを目指す少女たちに活躍の舞台を提供し続けることはできるのでしょうか。

    【女子野球ファン】
    「せっかく10年を迎えていてこのままなくなるのはもったいないし、もっと広まってほしい」
    「女の子の野球人口が増えているのがある。ファンが一体となって助けるのが一番」

    【京都フローラ 小西美加選手(36)】
    「プロという存在が女子たちにすごく大きな存在。リーグとしては潰してはいけない使命感に駆られているのでどんな形であれプロという形は残したい」

    5/3(金) 19:39配信 関西テレビ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-19383203-kantelev-soci


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 company.wakasa.jp)



    1 風吹けば名無し :2019/04/06(土) 08:25:28.32 ID:qimFscwwa.net

    12球団「ほな」スタコラサッサ

    いや、何をスルーしてんねん、助けたれや


    続きを読む

    このページのトップヘ