女子野球



    (出典 www.sankei.com)



    1 Egg ★ :2019/05/03(金) 23:00:12.16 ID:HprLiW6P9.net

    プロリーグ発足から10年、今、女子プロ野球が大きな岐路に立たされています。

    【竹上萌奈キャスター】
    「まもなく試合が始まります。お客さん続々入ってきます。小さいお客さんの姿も結構見られ熱気がスゴイです」

    3日、京都市内の球場で開かれた女子プロ野球の春季リーグ。地元チームの優勝がかかる大一番とあって大勢のファンが詰めかけました。

    今年で発足10年目。新しい時代となりますます盛り上げたい女子プロ野球ですが…。

    【日本女子プロ野球機構 彦惣高広代表理事】
    「撤退せざるを得ない状況に直面していることは間違いない」

    女子野球のプロリーグは、2010年に、関西の2チームからスタートしました。6年前からは京都、愛知、埼玉の4球団となり、約70人の選手が活躍しています。

    【男性ファン】「身近で近くでプレーみれる」

    【女子小学生】
    「いま少年野球やってて女子プロ野球もやりたいと思う」
    Q:将来は?
    「女子プロ野球」「一緒にいこうって言ってる」

    人気の秘密は、選手の笑顔と、その地道な活動にありました。お気に入りの選手を選ぶ「美女9総選挙」といったキャンペーンや野球教室などファンサービスにも力を入れてきました。

    去年の観客数は、1試合平均で約1500人、合計で過去最高の9万6000人を記録。

    【京都フローラ 三浦伊織選手(27)】
    「野球がすごい大好きというのが一人一人もっていて、楽しいのが前面にあふれているのが女子野球の魅力かな」

    しかし、人気のウラで…実は、女子プロ野球の運営はブルブルくんのキャラクターでも知られる京都の健康食品メーカーが「ほぼ一社」で担っているのです。

    年間運営費、約10億円かかるなかチケットなど収入は「約2億円」。つまり「毎年8億円程度」の赤字が出ていたのです。

    そして、ついに、今年1月、運営元の社長が「ことし集客数が倍にならなければ運営の撤退も考える」と話すなど、その存続が危ぶまれているのです。

    【日本女子プロ野球機構 彦惣高広代表理事】
    「内々に今年で終了するということが確定したわけじゃないので、やっぱり世の中・地域の方に必要とされるかどうかだと思いますので、そこの部分で応援してもらって必要とされるような球団作り、リーグ作りに励んでいくということに変わりない」

    節目の年を迎えリーグ消滅の危機を抱える女子プロ野球。
    プロ入りを目指す少女たちに活躍の舞台を提供し続けることはできるのでしょうか。

    【女子野球ファン】
    「せっかく10年を迎えていてこのままなくなるのはもったいないし、もっと広まってほしい」
    「女の子の野球人口が増えているのがある。ファンが一体となって助けるのが一番」

    【京都フローラ 小西美加選手(36)】
    「プロという存在が女子たちにすごく大きな存在。リーグとしては潰してはいけない使命感に駆られているのでどんな形であれプロという形は残したい」

    5/3(金) 19:39配信 関西テレビ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-19383203-kantelev-soci


    【<”女子プロ野球”>10年目で『存続危機』!?「毎年8億円程度」の赤字】の続きを読む

    スポンサーリンク




    (出典 company.wakasa.jp)



    1 風吹けば名無し :2019/04/06(土) 08:25:28.32 ID:qimFscwwa.net

    12球団「ほな」スタコラサッサ

    いや、何をスルーしてんねん、助けたれや


    【わかさ生活「女子プロ野球の面倒見るで」12球団「へぇ」】の続きを読む

    スポンサーリンク




    (出典 www.tfm.co.jp)



    【女子プロ野球選手プロデュースのお弁当がこちら】の続きを読む

    スポンサーリンク



    女子野球世界選手権として第1回大会が2001年に開催され、日本、カナダ、アメリカ、オーストラリアの4ヵ国が参加した。 国際野球連盟主催のIBAF女子ワールドカップが2004年より開始されたため同年の大会が最後となった。 野球日本女子代表 野球アメリカ合衆国女子代表 WBSC 女子ワールドカップ 日本女子野球協会
    2キロバイト (88 語) - 2017年10月1日 (日) 06:54



    (出典 www.sankei.com)



    1 Egg ★ :2018/12/06(木) 12:41:03.36 ID:CAP_USER9.net

    世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は5日、女子野球の世界ランキングを発表。W杯6連覇中の日本は1位を維持した。

     侍ジャパン女子代表「マドンナジャパン」は、8月に米フロリダで行われた第8回女子野球W杯でも圧倒的な力をみせ、全勝で優勝。12年大会の途中から続くW杯連勝記録を30に伸ばした。前年に続く満票の2000ポイントで10年から続く1位をキープ。2位には、W杯で3位に入ったカナダが1300ポイントで入った。

     3位には、W杯決勝に初進出し準優勝した台湾が1297ポイントを獲得し、前回の6位からジャンプアップ。一方で、毎回優勝候補とされながら4位に終わった米国は、順位を1つ落として4位(1064ポイント)になった。

     【女子野球ランキング】
     1位 日本(2000ポイント)
     2位 カナダ(1300ポイント)
     3位 台湾(1297ポイント)
     4位 米国(1064ポイント)
     5位 ベネズエラ(989ポイント)
     6位 豪州(904ポイント)
     7位 キューバ(537ポイント)
     8位 韓国(500ポイント)
     9位 ドミニカ(433ポイント)
     10位 香港(363ポイント)


    12/5(水) 20:53配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00000177-sph-base


    【女子野球 世界ランキングを発表!W杯6連覇中の日本は1位をキープ】の続きを読む

    スポンサーリンク


    このページのトップヘ