イチロー

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.nikkei.com)



    1 みつを ★ :2019/05/01(水) 08:12:53.32 ID:3D0VYScK9.net

    https://this.kiji.is/496096796521514081

    イチローさんがインストラクターに就任
    2019/5/1 08:11
    ©一般社団法人共同通信社

     【シアトル共同】米大リーグ、マリナーズは4月30日、3月に現役引退したイチローさん(45)=本名鈴木一朗=が打撃、走塁、外野守備を指導するインストラクターに就任したと発表した。


    【【野球】イチローさんがインストラクターに就任 米マリナーズ】の続きを読む

    スポンサーリンク


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 gqjapan.jp)



    1 すらいむ ★ :2019/04/08(月) 11:54:45.44 ID:aLRW8mj49.net

    イチローさん、県民栄誉賞も辞退

     愛知県の大村秀章知事は8日の記者会見で、米大リーグを引退した同県豊山町出身のイチローさん=本名鈴木一朗=に家族を通じて県民栄誉賞の授与を打診したが、辞退の意向を伝えられたと明らかにした。

    共同通信 2019/4/8 11:52
    https://this.kiji.is/487817616251438177


    【イチロー 国民栄誉賞に続き県民栄誉賞も辞退www】の続きを読む

    スポンサーリンク


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 quizjapan.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/01(月) 00:45:24.72 ID:E2Tpanh69.net

    21日に現役引退を発表したマリナーズのイチロー外野手(45)が31日に放送されたNHKのドキュメンタリー番組「NHKスペシャル イチロー 最後の闘い」(後9・00)に出演。
    インタビューの中で、かつての本拠地・神戸への強い思いをのぞかせた。

    番組は昨年のシーズンオフ、イチローの自宅に密着取材。
    昨年5月に選手登録を外れたイチローは、長期間実戦から遠ざかったままシーズンを終えており、番組側が去就について尋ねた。

    イチローは「僕の中では、日本には戻る場所はない」と切り出し、
    「もし神戸にそのままオリックスが存在するなら…。日本でプレーする可能性があったとするなら、神戸でしかない。
    神戸にそのままチームがあれば(日本球界復帰を)考えたと思います。気持ちがないわけではない」と率直に語った。

    イチローは91年のドラフト4位でオリックス・ブルーウェーブ(当時)に入団し、メジャー挑戦を表明する00年まで9年間プレーした。
    オリックスは04年のオフに大阪近鉄バファローズと合併し、球団名が「オリックス・バファローズ」に。
    現在は大阪市の京セラドームを本拠地、神戸市のほっともっとフィールド神戸を準本拠地としている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-00000248-spnannex-base
    3/31(日) 22:56配信


    (出典 Youtube)

    まさにイチローのために用意されたような優勝劇!! オリックス ブルーウェーブ


    (出典 Youtube)

    イチロー★オリックス時代のホームラン集


    【イチロー、昨オフ語っていた日本球界への思い「もし神戸にオリックスが存在するなら…」】の続きを読む

    スポンサーリンク


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.jisin.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/27(水) 07:03:55.90 ID:Jbu0pPXf9.net

    3月21日深夜に会見で発表されたイチロー(45)の引退を、万感の思いで見つめていた人物がいた。
    1994年、シーズン210安打を達成したときの代名詞、「振り子打法」をともに作り上げた、元オリックス二軍打撃コーチの河村健一郎氏(71)だ。

    「彼をひと目見たときから、将来名球会に入る資質の持ち主だと感じました。
    入団1年めから『振り子打法』に取り組んだのですが、当時話していたのは、
    『誰も達成したことのない、年間200安打を打つのはお前だ!』ということ。彼は目をキラキラさせてうなずき、『打ちます!』と。それが彼との始まりでした」

    当時に比べて、2019年のイチローには、気がかりな点があったという。

    「2018年から1年近く、試合で生きた球を打っていませんから、心とフォームがバラバラだったことは仕方がない。
    それよりも気になったのは、打てなくてもあまり悔しがらなかったこと。

    松坂大輔との初対決で3打席連続三振を喫したとき(1999年)など、松坂をニラむような感じでしたから。その気迫が見えなかったとき、そろそろかなと思った。
    でも彼がやってきたことは、まさに前人未到。本当にお疲れさまでしたと言ってあげたいですね」

    気になる今後だが、引退会見では、こう「イチ流」ではぐらかした。

    「何になるんだろうなあ。そもそも、片仮名のイチローってどうなんだろう。(引退後は)元イチロー? 僕、一朗だし」

    これだけの実績を残した選手だ。「第二の人生」は、選択肢が限りなくある。ただその前に、2度断わりを入れた、国民栄誉賞の件がある。

    「現在、安倍首相は、トランプ大統領と日米首脳会談に臨むため、4月下旬に訪米する方向で調整中。
    その際に、安倍首相はイチローを招き、その場で国民栄誉賞を授与するという、VIP待遇のパフォーマンスが急浮上している」(政治部記者)

    しかし、これをイチローが受けるかどうかは、別の話だ。

    「国民栄誉賞は、あくまでも日本国内で評価されたことに対する賞。だがイチローは、日本での窮屈な対人関係や、球界の旧態依然とした体質がイヤで、
    日本を飛び出した。そんな経緯があるから、自分はこの賞にふさわしくないと思っている。

    引退会見で『将来、監督は?』と聞かれたとき、『絶対無理。人望がありませんから』と答えたが、日本に限っていえば、あながち間違っていない。
    彼はプライドが高く、『イエス、ノー』をはっきり言うタイプで、自身も日本ではあまり受け入れられていないと感じている。

    でも、米国での人望はすごい。チームメイトのゴードン内野手が、試合中にもかかわらず、イチローがベンチに下がったとき、人目を憚らず涙を流したことが物語っている。
    マリナーズも今後、なんらかのポストを用意すると言っている」(担当記者、以下同)

    となると、引退後の拠点は米国ということか。

    「それは間違いない。まずは、マリナーズと契約を結ぶことを最優先に考えている。それほど彼は、マリナーズには恩義を感じている」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190327-00010000-flash-peo
    3/27(水) 6:00配信


    【イチロー、59歳まで年間2億円の収入で安泰すぎる人生】の続きを読む

    スポンサーリンク


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 petitwings.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/24(日) 17:57:37.93 ID:Q6BIx1j29.net

    現役引退を表明したマリナーズのイチロー(45)が22日に米国に出国した際、同行した弓子夫人(53)の以前と変わらない美貌が「奇麗だ」
    「若い。50代とは思えない」と話題を呼んでいる。

    元TBSアナウンサーで、結婚後は公に姿を見せる機会がほとんどなかった弓子夫人。
    ニット帽を目深にかぶりカジュアルな服装で成田空港ロビーを歩くイチローの後方を、やや離れて続いた。
    ファッション評論家の石原裕子氏は「黒のフリースの重ね着にジーンズ、メンズライク(男性風)なブーツというシックなファッション。
    スポーツ選手の奥さまとして、最高の着こなし」と評価した。

    8歳年上の姉さん女房だが「イチローさんに合わせ、カジュアルに徹している。
    シンプルながら上質で生活感がなく、同世代は憧れますよ」。
    特に若々しさを際立たせたのが、やや茶味を帯びたサラサラな長い髪。
    アナウンサー時代、ショートカットの印象が強かっただけに目を引いた。

    米国ではセレブが頻繁に美容院に通い、髪をケアするが、石原氏は弓子夫人の髪も「ツヤがあり、よく手入れされている」と指摘。
    米シアトルで美容サロンを経営したこともある弓子夫人の美しさとセンスを絶賛した。

    夫の後を2、3歩下がり、ややうつむき加減で歩く姿も印象的だった。
    引退会見で、2800個のおにぎりで夫を支えてきたエピソードが明かされたが、
    そんな献身ぶりが垣間見える一幕に、石原氏も「勝負師の夫を毎日送り出してきた奥さんらしい」と感心していた。

    《愛犬も話題》イチローの愛犬「一弓」の“長寿”も話題だ。
    現在の年齢は17歳7カ月。柴犬の一般的な平均寿命が12~15歳と言われている中、一弓の年齢は人間でいうと100歳を超える。
    引退会見でイチローが「懸命に生きている。
    それを見ていたら俺、頑張らないとと思います」と語ると、ネット上では「元気でよかった」「一弓の話は泣ける」などの声が上がった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-00000075-spnannex-base
    3/24(日) 5:30配信


    (出典 portal.st-img.jp)


    【弓子夫人の美貌が大反響 イチローから3歩下がった姿に“奥ゆかしい”】の続きを読む

    スポンサーリンク


    このページのトップヘ