原口 文仁

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sankei.com)



    1 牛丼 ★

    不屈の精神で大腸がんから1軍復帰を果たした阪神・原口文仁捕手(27)が6日、西宮市内の球団事務所で契約更改に臨み、200万円ダウンの2800万円(金額はいずれも推定)でサインした。

     「球団からは戻ってきてくれて、ありがとうと言っていただいた。金額はダウンです。復帰してから試合も思ったほど出れなかったし。1軍は結果がすべて。今年は金額のことは頭になかったですから」

     原口は1月に大腸がんを患っていることを公表し、手術とリハビリを経て1軍復帰。昇格した6月4日のロッテ戦に代打で出場し適時二塁打。同9日の日本ハム戦では代打サヨナラ打を放ち、7月のオールスターでも2試合連続本塁打をマークした。

     43試合で打率・276、1本塁打、11打点。残した数字以上に、不屈の精神とひたむきな姿勢がプロ野球ファンの心を打ち、シーズン後、セ・リーグ特別賞に選ばれた。阪神の「特別賞」受賞は10年に連続フルイニング出場のプロ野球記録を達成した金本、シーズン最多安打記録のマートンが受賞して以来(当時は連盟特別賞)だった。

     原口は「出場試合が自分としても物足りなかった。80試合は出ないと。来年に向けて前を向いていく。レベルアップを図って取り組む」と来季の活躍を力強く宣言していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00000174-spnannex-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.sportsbull.jp)



    1 風吹けば名無し

    ベテラン若手一緒で楽しそう

    (出典 i.imgur.com)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 baseball-fan89.net)



    1 牛丼 ★

    阪神・原口 セ特別賞で病院関係者らへ感謝「サポートしていただいて、ここに…」

     「NPB AWARDS 2019」(26日、グランドプリンスホテル新高輪)

     阪神の原口文仁捕手(27)が26日、セ・リーグ特別賞を受賞した。

     先日、兵庫県西宮市の球団事務所で会見し、1月に受けた大腸がんの術後宣告されたステージが「3b」だったことを明かしたばかり。壇上に上がると、原口は真っ先に感謝の思いを言葉にした。

     「この賞をいただくにあたり、球団関係者、病院関係者、治療科の先生方、家族…数多くの方々にサポートしていただいて、今ここに立っています。感謝申し上げます」

     1月8日にプロ10年目の節目として、初めて人間ドックを受診し、がんが発覚した。同月24日に公表し、26日に手術。1週間後に退院した。周囲から見れば、経過は驚くほど良好で、5月8日の2軍戦で実戦出場。6月4日のロッテ戦で1軍昇格すると、即タイムリーと劇的な復帰を果たした。

     6月に復帰して43試合の出場。多くの感動を届けたのと同時に、原口は「少し物足りなく感じています。どんどんゲームに出て、結果を残して、チームに貢献したい気持ちが1番」と話した。そして壇上では、「来季以降タイトルをとって、ここに立てるように頑張ります」と誓った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00000105-dal-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.nikkansports.com)



    1 風吹けば名無し

    昨オフに大腸がんを患いながら病を乗り越えた阪神昨オフに大腸がんを患いながら病を乗り越えた阪神原口文仁捕手(27)が24日、
    西宮市内の球団事務所で会見を行い、闘病の経緯や詳細を公表した。

    今年1月8日に人間ドックを受診し、その当日に大腸がんを宣告されたという。
    1月26日に手術を受け、2月2日に退院するまでの入院期間中に病理検査の結果やステージ3bだったことを告げられた。
    2月6日から7月9日まで抗がん剤治療を受け、その治療を終えることになった7月9日が球宴のプラスワン投票選出と重なった。

    発表に至った思いについて「一番最初に発表したとき『使命』と自分で言って、病気をしてからの詳細を話してなかったので、
    その中でここまでやれるというところを、今頑張っている人、病気(を抱えながら)でも頑張っている人に、発表することで、
    自分も治療しながらでも仕事復帰できるとか、スポーツできるとか、そういうところを伝えられたらという思いで発表したいと考えました」と語った。

    原口は今季、6月4日ロッテ戦で1軍復帰。その復帰初打席で左越えの適時二塁打を放った。
    さらに同9日の日本ハム戦ではサヨナラ打。7月の球宴でも2試合にまたがっての2打席連続アーチを放つなど、ファンに夢を与え続けた。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.nikkansports.com)



    1 風吹けば名無し

    【セ・リーグ特別表彰】
    ▽最優秀監督賞 原辰徳(巨人)
    ▽功労賞 阿部慎之助(巨人)
    ▽リーグ特別表彰 ホセ・ロペス(DeNA)=一塁手連続守備機会無失策記録を更新
    ▽同 原口文仁(阪神)=大腸がんを乗り越えて一軍に復帰
    【パ・リーグ特別表彰】
    ▽最優秀監督賞 辻発彦(西武)
    ▽功労賞 福浦和也(ロッテ)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 ひかり ★ :2019/07/13(土) 00:38:21.36 ID:mF/Cjq3G9.net

    <マイナビオールスター2019:全セ3-6全パ>◇第1戦◇12日◇東京ドーム

    阪神原口文仁の帝京高校の先輩、お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(57)も東京ドームに応援に駆けつけていた。

    試合前には会話をしたといい「あいさつとか高校時代の話をしました。『頑張れよ』と言ってもらいました」。
    9回に劇的な本塁打を放って「(同じ帝京のDeNA)山崎が9回に投げると言っていたので、最後まで見ていてくれたと思う」と
    うれしそうに話した。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-07121328-nksports-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 風吹けば名無し :2019/07/11(木) 12:37:02.00 ID:yb9LOP2l0.net

    大腸がんから復帰を果たした原口は代打の切り札として、

    19試合 .206 0本 5打点 1失策 ops.472

    の好成績を残し、自身二度目のオールスター出場を果たした。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 pbs.twimg.com)



    1 ひかり ★ :2019/06/09(日) 18:42:50.13 ID:/vFG+hVn9.net

    ◇交流戦 阪神―日本ハム(2019年6月9日 甲子園)

     大腸がんから復帰した阪神・原口がサヨナラ適時打を放ち、チームを今季6度目のサヨナラ勝利に導いた。

     3―3の9回。2死から高山、北條の連打で一、三塁のチャンスを作ると、原口が代打で送り出された。カウント1―1からの3球目。外角スライダーに必死に
    手を伸ばすと、打球はライナーとなって中前に弾んだ。

     ヒーローインタビューの第一声で「ただいまー!」と絶叫。サヨナラの場面を振り返り「センターの前に落ちてくれっていう願いだけで走ってました」。
    試合が決まった瞬間、思わず涙する人の姿もあった。原口は、この試合に駆けつけてくれたファンや、これまで支えてくれた周囲に感謝しつつ
    「今日を迎えることができて最高の気分です」「みんな祝福してくれて嬉しかったです」と笑顔を見せた。

     同じ病を持つ人へ勇気をもたらす一打にもなった。「僕の活躍がそういう力になるとすれば、僕も生きて野球をやれる意味があると思うので、さらに
    頑張っていきたいと思います」と力強くコメント。最後は「3、2、1、必*グッチ!」と決めセリフで締めくくった。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00000204-spnannex-base

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 風吹けば名無し :2019/06/05(水) 10:48:55.72 ID:EiFlRyOl0.net

    ◆日本生命セ・パ交流戦 ロッテ3―11阪神(4日・ZOZOマリン)

     原口が魂の二塁打で復帰を飾った。
    1月に大腸がん手術を受けた阪神・原口が1軍に昇格し、ロッテ戦(ZOZO)の9回1死三塁の代打で左越え適時二塁打。
    二塁ベースに頭から滑り込んだ。とんねるず・石橋貴明(57)がスポーツ報知の単独インタビューに応じ、帝京高野球部の後輩の闘病秘話を明かした。
    テレビ朝日系列の名物企画「リアル野球BAN」にも「個人タイトルを取るか、優勝するか」と“ノルマつき”でオファー。
    「待ってるぞ、原口!」と熱く呼びかけた。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 contents.gunosy.com)



    1 風吹けば名無し :2019/06/04(火) 23:06:46.72 ID:Ar7sSuFxa.net

     1月に大腸がんの手術を受けた阪神・原口文仁捕手(27)が4日、ロッテ戦(ZOZOマリン)の9回二死三塁、
    スタンドから大声援を受けながら代打で登場。今季初打席でいきなり左越えの二塁打を放った。

     気迫十分のヘッドスライディングまで見せた原口は
    「改めて一軍は素晴らしい舞台だと思いました。本当にたくさんの方に感謝というしかない。
    緊張? 自分の中では緊張していないと思っていたが、終わってみたら胃がきりきり痛みました」と笑わせた。
    阪神ファンからは「あまり無理しないで~」の声援も届いたが、原口にとっては最高の一日となった。

     試合前には二軍時代の恩師だった“ミスタータイガース”掛布雅之オーナー付エグゼクティブ・アドバイザー(62)が激励。
    「体にいい張りがあって、いい目をしていた。あの目力なら大丈夫」と予言していた通りの結果。
    試合は11―3で快勝し、これ以上ない形で交流戦を好発進した。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1420278/


    続きを読む

    このページのトップヘ