他スポーツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 風吹けば名無し

    ゴルフ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 lumixkuroki.club)



    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 ヨーロッパヤマネコ(東京都) [US]

    sssp://img.5ch.net/ico/kita1.gif
     陸上の長距離で好記録が続出して注目されている米スポーツ用品大手ナイキの「厚底シューズ」が、
    世界陸連の新規則によって禁止されることになると15日、複数の英メディアが報じた。

     デーリー・テレグラフ紙(電子版)は世界陸連の専門家による委員会が検証し、底の厚さに制限を加える規則を設けることになったと報道。
    現在人気を集めているモデルはトップレベルでは使用が禁じられるとした。

     同社の厚底シューズは炭素繊維のプレートが埋め込まれ高い反発力が売り。
    マラソンの世界記録を持つ男子のエリウド・キプチョゲや日本記録保持者の大迫傑ら多くのトップ選手が履いている。




    ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道
    https://mainichi.jp/articles/20200115/k00/00m/050/374000c


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.sportsbull.jp)



    1 _期 選手名____呼名____

    おかしいやろ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 47の素敵な

    画像

    (出典 cdn.mainichi.jp)


    2019年12月に東京都内で開催された対戦型コンピューターゲームの腕前を競う「第2回全国高校eスポーツ選手権」(毎日新聞社など主催)の決勝大会で、初めて女子選手が活躍する姿があった。
    「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」部門で初優勝したN高(沖縄)2年の登録名「ShakeSpeare(シェイクスピア)」こと大友美有(みゆう)さん。
    同世代で指折りの実力を持つ17歳はモデルとしても活動するなどマルチな才能を見せる。【田原和宏】

    https://mainichi.jp/articles/20200106/k00/00m/040/309000c VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 tennis.sports.smt.docomo.ne.jp)



    1 Egg ★

    女子テニスの大坂なおみ(Naomi Osaka)が、このオフに出かけたカリブ海のビーチで「死にそう」になる体験をしたことを明かし、そのおかげで2020年シーズンと連覇を狙う全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2020)を前に、新しい視点が手に入ったと話した。

     シーズン開幕戦となるブリスベン国際(Brisbane International 2020)を前に、大坂は、未知の経験を楽しもうとオフに英領タークス・カイコス諸島(Turks and Caicos)へ「生まれて初めてのバカンス」に出かけたことを明かし、「お姉ちゃんも一緒で、本当に楽しかった。お姉ちゃんは私をパドルボートがわりにしていて、そこで流れに捕まってしまって、危うく死にそうになった」と陽気に話した。

     大坂によれば、二人は浅瀬にいたはずが、気づけば海流で沖へ流されていたという。

    「どこまで連れて行かれちゃうのって感じで、水も黒々としているし、家はほんの小さな点みたいで、そんなにうまく泳げないのにって思った」

    「今は、自分がたくさんのことを経験していて、何もかもが楽しく感じる。できるとは全く思っていなかったようなそういうことも、ものの見方に取り入れるようにしている」

     また大坂は、オフの期間は肩の痛みが原因で、ここ数シーズンのようなコート練習は積めなかったと話している。

    「11月はほとんどプレーできなくて、それは初めてのことだった」「こんなに長く休んだことはなかった。だけど肩を酷使していたから、すごく必要だったと思っている」「その後はリハビリだけして、少しずつプレーを再開した。肩の違和感もまったくないから、それが良かったんだろうし、今は十分なプレーができると思いたい」

     大坂はブリスベン国際の初戦で、世界ランキング23位のマリア・サッカリ(Maria Sakkari、ギリシャ)と対戦する。

    1/5(日) 17:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00000022-jij_afp-spo

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします

    あんまり有名じゃないのがいい


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 mo-mo-town.com)



    1 風吹けば名無し

    卓球8.5%
    ゴルフ10.5%
    野球→9.7%
    サッカーラグビー連合11.8%


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 rugby.koi-comm.jp)



    1 Egg ★


    (出典 amd.c.yimg.jp)


     平成元年(1989年)には、正代表ではなかったとはいえ、来日したスコットランドから史上初の金星を挙げ、令和となった今年も自国開催のW杯でこれまた史上初めての8強入りを果たした。

     しかも、優勝候補のアイルランドを破り、スコットランドの正代表を倒してのベスト8だ。列島には「にわかファン」が急増し、代表チームのスローガン「ONE TEAM」は流行語大賞を受賞。11日に行われたパレードには“我らがヒーロー”をひと目見ようと5万人の観衆が丸の内を埋めた。

     4年前に同じW杯で優勝候補の南アフリカを倒した実力が、本物だったことを証明したのだ。

     パレードで凱旋したキャプテンのリーチマイケルは、ファンに謝辞を述べたあとで「さらに上を目指して」4年後に挑む決意を披露した。

     ラグビー界にとっては実り多い一年間だった。

    ファンの期待と現実のギャップ

     しかし、ではこれからもラグビーは順調に「世界に通じる競技」として存在感を発揮できるのかというと、これが実は心もとない。

     ラグビーは、ポーカーに例えれば、今回が日本でのW杯初開催という意味で、ビギナーズラックに恵まれて望外の成果を得たのにすぎず、これからはどんどんチップをレイズされた状態で戦うことを強いられる。

     国内のファンも、ベスト8以下の成績では満足せず、さらに「上」の結果を求めるだろう。

     ところが、歴史をひもとけば、初めてベスト8に到達した次の大会でベスト4以上の結果を残したチームは、第1回大会で8強入りしたイングランド(第2回大会準優勝)と、スコットランド(同ベスト4)だけ。そのくらい「さらに上」へのハードルは高いのだ。

     しかも国内に目を向ければ、7月に清宮克幸・日本ラグビー協会副会長がぶち上げたプロリーグ構想は今に至るも構想のままで、2021年度からの実施に暗雲が漂う。

     代表強化のための施策と位置づけられたサンウルブズによるスーパーラグビー参戦も、20年度限りで「除外」となり、それに代わる代表強化策は未定のまま。つまり、成果を4年後につなげる道筋が見えないまま、年を越すことになる。

     代表選手たちの活動母体となるトップリーグは、年明け12日に開幕。5月9日の最終節まで熱闘が続くが、この期間がスーパーラグビーのシーズンと重なるため、果たしてサンウルブズに“W杯戦士”たちが参加するかどうかも不透明なままだ。選手たちが所属する各チームは、これまでW杯のために選手を代表やサンウルブズに送り出してきた経緯があり、今回は、なかなか選手たちを手放しそうにない。

     7月には来日するイングランドと2試合、11月には敵地に乗り込んでのスコットランド戦、アイルランド戦が予定されているが、5月にトップリーグとスーパーラグビーが終了すれば、それ以外に予定されている試合は、東京五輪で行われる7人制を除いて、現段階ではない。21年のトップリーグを、清宮副会長が提唱するプロリーグへとリニューアルできるか否かが分からないため、20年秋以降の日程を組めずにいるのだ。

     トップリーグ参加チームの関係者が言う。

    「清宮さんの剛腕なら、プロリーグが21年から実現する可能性もゼロではないかもしれないが、まだ各チームの対応もバラバラで、プロ化に積極的なチームもあれば、様子見といったチームもある。むしろ、今のトップリーグを発展させる形の方が現実的ではないでしょうか」

     実際、21年から新しいリーグをスタートするためには、20年度の成績によって参加チームを決めるのか、それとも今のチームを統合・再編するような形で参加チームを募るのかも決まっておらず、これでは21年スタートは難しい。

     仮に、22年にスタートさせるにしても、そのためには、21年度のトップリーグをどう位置づけるかを明確にする必要がある。

    つづく

    1/2(木) 9:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200102-00000002-nkgendai-spo


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 times.abema.tv)



    続きを読む

    このページのトップヘ