このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 ironna.jp)



    1 ひかり ★ :2018/12/18(火) 08:56:06.07 ID:CAP_USER9.net

    巨人菅野智之投手(29)が17日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2億円増の6億5000万円でサインした。04、05年の横浜(現DeNA)
    佐々木主浩に並ぶ、12球団の日本人歴代最高額。球団では02年松井秀喜の6億1000万円を超えた。来季目標に「20勝」「2年連続選考基準全項目クリアでの
    3年連続沢村賞」を掲げ、将来的に日本球界初の“10億円プレーヤー”になる夢も描いた。(金額は推定)

    あの松井を超える年俸提示にも、菅野は落ち着き払っていた。単年、6億5000万円でサイン。「すごくいい評価をしていただいたと思います。
    今年のねぎらいの言葉や来年もさらに引き続き頑張ってほしいと言っていただきました」。1年間、右腕を振り続けた成果が勲章に結びついた。

    思い描くステージは、はるか先にある。「将来的に10億円もらう選手がいてもおかしくないと思う。球団の収益も全チーム上がっているので、選手会でも
    出てきている話」と日本球界初の“10億円プレーヤー”誕生を見据える。メジャーでは18年ドジャース・カーショーの約39億円が最高額。海の向こうへ
    日本のトップ選手が夢を抱く現状に、日本の頂点を極めた者として思うことがある。

    菅野 単純に僕は、小さい子がそういうのを目にしたら野球選手になりたいな、と思う人も増えてくるのかなと。お金だけじゃないと思いますけど、
    何とかそういうところまで目指していきたい。

    未来の日本球界を担う子どもたちが憧れる環境を作るため、使命感を強めた。

    夢のような数字を並べても、成長に終わりはない。今季は28試合で15勝、200奪三振、防御率2・14。それぞれの部門でタイトルを獲得し、目標として
    公言した200イニング、10完投も達成。選考基準全項目クリアで2年連続の沢村賞を勝ち取った。それでも「満足は1つもしていない。もうちょっと
    勝ち星を増やしたい。もっとできる自信もある。来年が楽しみ」と恐ろしいほどの向上心だ。

    来季から、原監督が4年ぶりに指揮をとる。前回ともに戦ったプロ1、2年目の13、14年はリーグ優勝。「今の自分があるのは原監督のおかげ。この3年間で
    成長したという自負がある」と、一段と大きくなった姿を見せる。目標は「20勝」「2年連続選考基準全項目クリアでの3年連続沢村賞」。1段ずつ、
    夢への階段を上がっていく。【桑原幹久】

    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201812180000018_m.html?mode=all

    (出典 www.nikkansports.com)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 gs-files.japaneast.cloudapp.azure.com)



    1 神様仏様名無し様 :2018/11/15(木) 22:39:13.65 ID:hC6D7FJL.net

    川口和久がスイッチヒッター


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 風吹けば名無し :2018/12/19(水) 16:32:27.54 ID:FdniXdiCa.net

    今成→引退後未定
    緒方→球団職員
    小豆→ファームブルペン捕手
    西岡→不明


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    ガルシアさん来年15勝くらい勝って最多勝くらいの活躍頼むよ〜〜

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/19(水) 06:29:33.01 ID:CAP_USER9.net

    阪神に新加入することが決まったオネルキ・ガルシア投手(29)が、自らチーム状況をリサーチし強く虎への移籍を望んでいたことが18日、明らかになった。
    中日を自由契約となった直後から“猛虎愛”を代理人に猛アピールしていたといい、環境の変化にも問題がないことを示した。

    17日の正式契約後に谷本球団本部長が「最初に代理人から話がありまして」と交渉のいきさつを明かしていたが、それはガルシア本人が希望したものだった。
    日本でプレーする外国人選手には特有のネットワークがあり、日頃から各球団のプレー環境などを意見交換しているという。

    球団幹部は「ガルシア本人が阪神でプレーしたいと。特にドリスらと親交があるわけではないと思うけど、話を聞いていたんじゃないか」と明*。
    移籍には環境の変化など多大なストレスを伴うことが大きいが、同じ日本、同じセ・リーグという点に加え、
    何よりも本人が希望するところでプレーすることが環境に適応して活躍するための必須条件と言える。

    来季から日本選手扱いとなるメッセンジャーを筆頭に、かつてはウィリアムスら阪神の助っ人投手は活躍すれば長期間、在籍している事例がある。
    生活環境も含めて、虎への好印象がガルシアが決断する大きなポイントになったようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-00000019-dal-base
    12/19(水) 6:01配信


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    阪神 矢野監督を止めろ! 甘いマスクで実は激アツ(東スポWeb) - Yahoo!ニュース
    矢野止め”の役割を担うのは誰だ。チーム再建を託された阪神・矢野燿大監督(50)は.
    (出典:Yahoo!ニュース)



    (出典 i.daily.jp)



    1 風吹けば名無し :2018/12/18(火) 22:41:36.53 ID:OB+MyELm0.net

    “矢野止め”の役割を担うのは誰だ。チーム再建を託された阪神・矢野燿大監督(50)は
    今季、二軍監督として8年ぶりのファーム日本一に輝き、その手腕への期待は大きい。
    ただ、クールな見た目とは裏腹にグラウンドでは“超熱い性格”の持ち主として知られ、
    乱闘など有事の際に指揮官を制止できる存在の出現が求められている。

     就任以来、矢野新監督は「グラウンドで暴れ回って喜怒哀楽を出してもらって結構」と
    ナインに感情を表に出すことを求めている。そんななか、球団内から噴出しているのが
    “監督ストッパー”の必要性だ。


    続きを読む

    このページのトップヘ