1
nippon.com2022.08.15
https://www.nippon.com/ja/in-depth/d00833/

1イニングに30点以上が入る展開
7月11日、千葉県の長生の森公園野球場で行われた千葉学芸対わせがくの2回戦は、思いも寄らないワンサイドゲームとなった。

甲子園出場経験はなく、千葉県内では中堅クラスの強豪といえる私立の千葉学芸に対し、わせがくは学校法人「早稲田学園」が経営し、通学も選択できる広域性の通信制高校だ。不登校など事情を抱えた生徒が多く、ベンチに入るだけの選手をそろえるのがやっと。14人の選手を登録(2人が欠場)したものの、中には他の部活動を兼ねる野球未経験者も入っていた。

試合は、千葉学芸が一回に32点、二回に33点、三回に9点、四回に1点、五回に7点。わせがくは2安打を放ったものの、1点も奪えず、82―0の五回コールドゲームになった。千葉学芸は51安打で本塁打17本、36盗塁。試合時間は3時間13分にも及んだ。

高校野球で史上最多の得点差試合といえば、1998年夏の青森大会2回戦、東奥義塾122―0深浦が有名だ。今回はそれに次ぐ歴代2位の大差だという。試合中にはわせがくの監督が熱中症の危険を訴え、審判が5分間の給水時間を提案する場面もあったそうだ。

最後まで戦い抜いた選手たちをたたえる記事も多くみられたが、美談だけで終わらせることはできない。このような大差がつく競技環境の違いを改めて考える必要がある。

高校ラグビーの地方大会でも大差試合
他競技にも同じような例がみられる。顕著なのはラグビーだ。全国高校ラグビーの地方大会では、決勝でさえ大差となる試合が多くある。たとえば、昨年の佐賀県予選決勝では佐賀工が213―0で鳥栖工を降し、40大会連続50回目の花園出場を決めた。島根県予選の決勝でも、石見智翠館が出雲を120―0で退けて31連覇を果たした。

野球に比べ、トライが5点など得点形式の違いはあるが、それにしても一方的な試合だ。身体接触がある競技だけに、実力差が大きければ、安全性にも問題が出てくるに違いない。

ラグビー部のある中学校は全国的に少なく、高校から競技を始める選手は多い。一方、強豪校でプレーする選手たちの多くは、小学、中学時代から民間のラグビースクールで経験を積んでいる。その差が高校生の試合結果に表れているといえるだろう。

将来、野球でもこのような状況が起きるのではないか。そのような恐れを感じるのは、文部科学省とスポーツ庁、文化庁が来年度から着手する学校部活動の「地域移行」にまだまだ問題が多いからだ。

改革の背景には、教員の負担軽減がある。まずは公立中学校を手始めに部活動の場を地域クラブなどに移し、指導も地域の住民に任せていくという方針だ。教員の過重労働を考えれば、その方向性は致し方ない。

ただ、受け皿が整っているかといえば、そうではない。日本中学校体育連盟の昨年度の調査によれば、軟式野球部のある中学校は全国で8048校にも及ぶ。そこに所属する野球部員は14万4314人。それだけの中学球児の活動をすべて民間のクラブで賄えるか、指導者はいるのか、クリアすべき課題は少なくない。

ラグビースクールと同様、強豪校への進学を目指す中学生は既にボーイズリーグやリトルシニアといった硬式野球の民間のクラブに入り、腕を磨いている。そうしたチームには甲子園常連校への進学ルートがあるのも現実だ。

中学生のスポーツが「民営化」された場合、受け皿が足りないとすれば、野球から離れていく少年たちが増え、競技人口の減少に直面するに違いない。その状況は高校野球にもいずれ跳ね返ってくる。野球部に力を入れる学校とそうでない学校との格差がいっそう広がっていくことが予想される。今でさえ、部員不足から3校、4校による連合チームが増えている。合同で練習できる機会も少なく、強豪校との差は開くばかりだ。

高校は「中学部活改革」にも協力を
これまで高校の野球部関係者と中学球児や保護者、チーム関係者との接触は基本的に禁じられてきた。スカウト合戦が過熱して不正が起きることもあるからだ。教育の場にはふさわしくない特別な待遇で選手を迎え入れるケースも多く、さまざまな条件提示が行われる。そのような実態が2007年に明るみに出て、高校野球の特待生問題が社会的にクローズアップされた。その後、有識者会議などでの議論を経て、今は「1学年5人以内」という特待生のルールが定められている。

ただ、こうした問題とは別に、今後は高校野球が底辺拡充にも積極的に関わっていくべきではないかと考える。たとえば、野球部のOBが地元の中学生の指導に当たるようなケースだ。

※以下リンク先で




2
「高校野球」止まらぬ部員減で低落不可避のワケ | 日本野球の今そこにある危機 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース

日本高野連(日本高等学校野球連盟)は7月3日、
今年5月末時点での高校野球の野球部員数と加盟校数を発表した。
硬式野球部員数は昨年度より9317人少ない14万3867人で、
5年連続の減少となった。今回の発表で、
特徴的…


(出典 i.imgur.com)

3
クラブチームみたいのでいいんじゃないの

4
うぜぇーな
お互いが良い思い出に残ればそれでいいやろ

5
こんなクラブはお断りよ

6
109対0よりはましだな
おまえたちはゼロなのか
悔しくないのかより

36
>>6
時間制限が有る無しの差はでかい

39
>>6
ラグビーで100点差なんか普通だぞ
あれは負けてもヘラヘラ笑ってたから滝沢先生がブチ切れたんであって
点差に怒ったわけじゃない

7
2005年に五輪削除されてるんだから、どうでも良くない?

8
そんなことより
「わせがく」と略してひらがなで書くより
略さずに漢字で書いてほしい

9
野球に片寄ってた人材がほかのスポーツに分散するならいいことじゃん
なんで野球だけを特別扱いしようとするんだ

10
スポーツの多様化よ。野球より楽しいスポーツいくらでもあるし

11
さすがに点差開いて、まだ分かりませんはやらないよねw しょーもない感動が売れないと終るやろ それがいい

12
アメリカならこういうことは無い

13
122対0みたいな試合も地方大会ならあったな

21
>>13
その試合で勝った方が疲れすぎて次の試合で負けたんだよな

14
佐久間のオーバラン

15
力の差が大きいほど試合時間が長くなる欠陥球技

16
せっかくコールドゲームってルールがあるのに5回までやるなよw
2回コールドで良いだろ、こんな試合

24
>>16
点差がついた瞬間に終了でも良いと思うわ

28
>>16
3イニングやれば最低1回は全打者に回るから3回コールドでよくね

49
>>28
3回終了時で13-0からひっくり返した試合もあるけどな

31
>>16
まあ打者一巡の3回終了時点でいいわな

46
>>16
野球は5回で試合が成立するというルールだから。

48
>>46
そのルールを見直せって話をしてるんだけど

50
>>48
変える必要ないだろ。

17
18
ラグビーは実力差あったら100点200点差なんか普通にあるだろ

19
全チーム参加のトーナメントですべての試合で実力差があまりない試合を求めるのには無理がある

20
どの競技でもあるだろ
サッカーの地方大会でも酷いのあるし

22
年寄りの野球脳にはエンジョイ勢という概念がないからお互いに命懸けで戦って82点差になったと思ってるんだろうね

23
ある意味カルト化してるからな

25
野球は偉そうなこと言う前にまず統一団体作れよ。

40
>>25
家庭連合はちょっと...

26
プロでも33-4とかあるんだし

27
甲子園なんて盛り上がんない方がいいんだよな
高校3年までで完全燃焼しちゃうから成長が阻害されて伸びしろ無くなってしまうんだよね
長嶋,野村克也,落合,古田,野茂,上原,菅野
甲子園行けなかった大物選手の多さよ

29
オーバーキルできるのが野球だしな

30
10点差ついた時点で回数関係なくコールドでいいだろ
打者一巡させるために3回は必要という意見もあるが、
一巡させたいなら点取られなけりゃいい話

32
「野球は9回ツーアウトからだろ?
それまで何があるか分からんのだから、コールドなんてルールはない方が良い」
って、隣の家に住む野球ジジイが言ってたけど、そのジジイは先日熱中症で病院に運ばれたわ

33
やきう好きなアホなおじいちゃん「競技人口減っても問題ない!フガフガ」


アホなのよ

34
世界はサッカーかバスケを見てるのに
野球とか世界は誰も興味ない

38
>>34
つまんねえバカ

41
>>34
アメリカですら黒人が全くやらなくなった時点で野球は終わったね

47
>>34
次のWBCにメジャーリーガーが出場する理由はコレなんだろうな

35
あと地方大会ではコールドありなのに甲子園だとなくなる意味がわかんない

37
そのうち全打者ファーボールで一回の攻撃が終わらないとか出て来そう。

42
ちょっと何言ってるのかわからない。
そもそも課外活動の環境が同一である必要はない。ましてや私立だろ。

43
ギブアップ制度も取りいれてほしいな。
こんなの1回でギブアップ!><でしょ。

44
しゃーないね、団塊世代に合わせた欠陥スポーツだから
だから「5人制野球」なんて始めるワケで

45
公式戦参加規定を定義しなおして仲良しクラブ活動は排除で良いんじゃないかな