1
【緊急速報】阪神・江越大賀、斎藤友貴哉と日本ハム・渡辺諒、高浜祐仁が交換トレード 岡田彰布新監督の補強第1弾


阪神・江越大賀外野手、斎藤友貴哉投手と日本ハム・渡辺諒内野手、高浜祐仁内野手の2対2の交換トレードが成立し、18日、両球団から発表された。

投打に高い潜在能力を誇る選手を欲していた日本ハムと、右の野手を探していた阪神の思惑が一致。
岡田彰布新監督の体制では初の補強となった。


13年のドラフト1位で入団した渡辺は19年に二塁のレギュラーとして自己最多の132試合に出場。
打率2割6分2厘、11本塁打、58打点をマークした。
だが、近年は故障などもあり、今季は21試合の出場にとどまった。
高浜は右の長距離砲として期待され、昨年は主に一塁で107試合に出場したが、今季は7試合でわずか1安打と成績を残せなかった。


岡田新監督は前日(17日)のテレビ出演の際にも「右打者は必要やね。右で大山ともう1枚は5、6番くらいまで打てるのがいないと。大事な試合になると、左(投手)ばっかり(先発で)来る」と話しており、渡辺、高浜は貴重な右打者として重宝しそうだ。

江越はプロ2年目の16年に4試合連続アーチをマークするなど、走攻守そろった外野手として期待を集めてきたが、打撃面での課題が解消されずに、ここ3年は1軍でノーヒット。
代走、守備固めの起用が続いていた。

また斎藤は最速160キロの直球を武器とするが、制球面の不安があり、1軍定着はならなかった。
ただ、ともに高い身体能力を誇るだけに、新庄剛監督の下でチャンスはありそうだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/da32d2b4f0f0988273290ef8a3071a95ea1e8595




2
岡田⇔新庄